ABCCという取引所が、流行りの配当80%の独自トークンを発行するんですが、ここは良いです。

  • CEOや技術アドバイザーが盤石の布陣になってる。
  • 独自トークンが発行枚数2.1億枚と少ないので値上がりが見込める(初値次第だけど)
  • エアドロップで10ABCCもらえる
  • 2000人限定で、7/9からのABCCプレマイニングに参加できる

取引所トークンの上場時の値動きを見たことある人ならわかると思いますが、結局儲けようと思ったら、「事前にトークンを仕入れておいて、上場時には売る」という風にできたらほぼ間違いなく勝てます。

ABCCは、エアドロップによる事前配布もあれば、上場前に取引マイニングでトークンをゲットできる機会もあります。しかもマイニングに参加できるのは2000人限定とプレミアです

ちなみにエアドロップをもらうには50USDT分の入金をしないといけないのですが、50USDTは同時にプレマイニングに応募する条件でもあります。

やっぱ、勝つためには、プレマイニングに参加すべきだと思うんですよ。なので僕はすでに応募しました!運営が、KYCが追いつかないと言っていたので、すぐ埋まってしまうかもしれません。参加したい人は急ぎましょう。

※プレマイニング、エアドロップともに終了しました

 

ABCCの特徴

ABCCはシンガポールに拠点をおく新興取引所です。4月にオープンしたばかり。

まあABCCの取引所としての特徴はあんまり無いような気がしますが、これから割と本気で運営をしていこうという気概は感じます。

 

運営チームが盤石の布陣

それが、運営チームに現れています。いや、ここ結構すごいんですよね。

アドバイザーは、マルタの外務大臣、大物投資家YeeのCEO、アリババに70億円での買収に成功したUmengの創設者が名を連ねます。

Wixing Chen氏はFuncityの会長ですけど、Funcityってバイナンスに出資してますからね。

 

さらに、CEOのCalvin Cheng氏はシンガポールの元議員です。

議員と言われてもピンとこないかもしれませんが、彼はかなりの大物です。

先日、中国のBTCCという取引所が再オープンしたというニュースが出ていました。BTCCは、香港のファンドに買収されてたらしいんです。

で、この香港のファンドのアドバイザーが、彼、Calvin Cheng氏なんです。

すごいですよね。

 

つまりABCCの布陣はというと、マネジメント◎、技術◎、さらには政治面でも◎。と言えますね。

かなり良いのではないでしょうか。

 

世界初の手数料無料取引所としてデビュー・・・したが

もともとABCCは、「世界初の手数料無料取引所」を売りにしてデビューしたんですね。

ところが、昨今の配当トークンブームに乗っかりました。なんと手数料を0.1%に引き上げ。

その代わり、トークン発行するし、トークン持ってたら配当するし、というビジネスモデルに切り替えたのです。流行ってますからね。

うん、まあ正直手数料無料の方がインパクトある気がしますが・・・。

 

ABCCの取引所トークンATの特徴

で、このABCCがリリースするAT(ABCC Token)の特徴はというと、

  • 総発行枚数2.1億枚
  • 取引マイニング+配当80%
  • 2000人限定のプレマイニングあり
  • エアドロップキャンペーンあり

という感じ。特に下二つが良いですよね。冒頭でも書きましたが、取引所トークンは、上場時に何枚持ってるかで勝負が決まるからです。

儲けようと思ったら、プレマイニングをした方がいいですね。

ABCCのバックグラウンドを見れば、おそらくスキャムの可能性はかなり低いと思います。あとはどれだけ人を集められるか、ですが。

 

 

ATトークンの取引マイニング詳細

では最後に、ATのマイニングの詳細をみていきます。

まずは基本情報とスケジュール。

  • 7/9からプレマイナーによる取引マイニングが開始されます。
  • AT発行量の5〜8%が掘られた段階で、ATが上場します。
  • 6/27以前に取引を行なっていたユーザーに、総発行量の10%が配分されます(ただし半年ロック)

 

マイニングで掘られるのは全体の40%ですが、マイニングで掘られた量に応じて、取引所や出資者にATの配分がされるようです。

 

マイニングで掘れる量は以下のような感じ。

6時間おきにブロックが生成されるので、たくさん掘ろうと思ったら6時間に一回取引をめっちゃやらないといけませんね。だるそう・・・

各半減期内で、1つの「ブロック」が6時間ごとに生成されます。同一の半減期内のすべてのブロックについて、同じ数のATが放出される。例えば、第1の半減期における1ブロック分の放出すべきATの数は、以下のようにして算出される。

第1の半減期におけるATの総数:42,000,000;

第1半減期の日数:120日間。

1ブロックは6時間ごとに生成されます。

毎日生成されるブロックの数:24時間/ 6時間= 4

従って、第半減期:42,000,000 / 120 /(24時間/ 6時間)= 87,500 で1ブロックに放出されるATの数。

でも頑張ろう。そうしたら儲かる。たぶん。

 

運営側に配布されるATはロックアップされる

ATトークンは、取引マイニングの量に応じて、運営側にもトークンが配布されるようになっています。

これが売り圧になるんじゃないかと思って、公式テレグラムで聞いてみたところ、ロックアップ期間があるようです。(どれくらいかは明言なし)

これで売り圧があまりないことも確認できました。

すごいぞABCC・・・

 

ATトークンのエアドロップをもらう条件

※エアドロップは終了しました

7/8までのキャンペーンで、登録すると10ATがもらえます。どれくらいの価値なのかはわかりませんが、ATは2.1億枚しか発行されないので、数百円〜数千円くらいだと思います。

ただエアドロップの条件がちょっと厳しくて、

  • 紹介リンクから登録する
  • KYCを完了する
  • 50USDT相当の仮想通貨を入金する

 

こんな感じです。特に50USDT入金がねえ・・・一応入出金できるのは確認してるんで、50USDT分入金して、エアドロップもらったら即出金、とかでもいいかもしれませんけどね😅

どうせならプレマイニング狙ってみてはどうでしょうか。ついでにエアドロップももらっておきましょう。

 

ABCCの登録方法

というわけでABCCは結構魅力的だと思うんですよね。とここまで書いておきながら、投機だと思ってますけどね😅

まあそれを理解していただいたら、登録方法、プレマイニング参加のための応募の仕方まで、解説していきますね。

 

ABCCに登録する

まずは、以下のリンクからアクセスしてください。僕の招待リンクです。このリンクから登録しないともらえません。

※エアドロップは終了しました

 

こんな画面が出てきます。以下画像のように、必要事項を入力しましょう。

 

メールが届くので、[Activate]をクリックして再度アクセスします。

これで登録は完了。

 

ABCCでセキュリティ設定をする

次にセキュリティ設定をします。ここでは二段階認証を設定します。

まず最初にログインすると、以下のように二段階認証をしなさいというポップアップが出てきますので、赤枠のところを選択します。

 

ガイドラインに沿って、設定を進めていきます。画像を参考に、Google二段階認証アプリでQRコードを読み取り、コードを入力して確定します。

これで二段階認証は完了。

 

ABCCで本人確認をする

Account画面に戻って、以下の赤ワクの箇所で「Verify」をクリックします。

 

以下のように、情報を記載し、パスポート画像をアップロードします。

 

これでKYCは完了。承認されるまでに、丸一日くらいかかりました。

 

ABCCに入金する

KYCが終わってなくても、入出金ができることは確認していますので、そこは安心してください。

右上の「My Funds」→「Deposit」→「送金したい銘柄を選択」して、表示されたアドレスに送金してください。この画像は僕のBTCアドレスですので、送らないでください。

 

ABCCのプレマイニングに参加申し込みする

では肝心要のプレマイニングへの参加方法を紹介します。

まずは、トップページから以下のバナーをクリックします。

 

文章中の「Click Here to Sign Up」をクリックします。

 

以下の通り、情報を記入して、「送信」とします。ちなみに、not yetが選択できますが、全部やらないといけないので、申請は先にしたとしても、きちんと条件はこなしましょう。

 

結果は、メールとテレグラムに来るそうです。

 

プレマイニングは熱いですね。通りますように😇

まああんまり知名度はなさそうなのですが、プレマイニングの2000人枠に入れたらいいなあと考えています。

取引所トークンブームが何となく終焉しかけているので、ここらでデカめの花火を打ち上げたいもんです。

※プレマイニング、エアドロップともに終了しました

 

仮想通貨LINE@好評配信中!!!

ブログでは書けないあんなことやこんなこと、LINE@で配信しています!

初心者の質問も、雑談でも、仮想通貨に関することならなんでも聞いてください〜