BGOGOという取引所には、すでにBGGという取引所トークンがありますが、今回「BGT」という新しいトークンが発行されます。

BGOGOについては、詳しくはこちらを見てみてください。

合わせて読みたい

 

BGTは、実はまだ仕様の詳細がわかってないのですが、上場前の取引マイニング(ジェネシスマイニング)で全てのトークンが発行されます。

ジェネシスマイニングでは、BGOGOの取引所トークンBGGの保有数に応じて、マイニング上限が割り当てられるとするものだったので、BGTの発表とともにBGGの価格も上がりました。

今は落ちてきてるけど😅

発表前は1BGG=0.0003ETHだったのが、発表によって0.00042まで、およそ40%も上げました。それくらい、期待できそうな案件だということでしょう。

何と言っても、時価総額が安すぎるのです。2640万円です。

というわけで、この記事ではBGTについて簡単に解説したいと思います。

なお、今現在の時点で、ジェネシスマイニングのためのBGG保有の条件の期間は過ぎているので、あくまでも上場後に狙うことを前提としています。

(BGG保有が条件になってると、BGGの値動きによって損する可能性もあるので、僕はジェネシスマイニングはスルーしました。)

ご了承ください。

 

BGTの概要

BGTの概要を説明します。

 

BGTとは?

以下は、公式で発表されている唯一の内容を、翻訳したものです。

Bogogo Exchangeは、流通市場における量的取引のための新しいBgogo Trading(BGT)インデックストークンを発表することを誇りに思っています。

BGTは、セカンダリ市場での取引業務を専門とする専門チームによって独占的に選択されたデジタル資産の混合パッケージで構成されます。

トレーディング業務を担当する特別チームは、定量的、裁定取引、高頻度戦略、低頻度戦略に精通しています。

BGTを使用すれば、プロフェッショナルな取引戦略の利点を利便性、利便性、限られたパーソナルデジタル資産投資でユーザーに提供できます。

何を書いているのかよくわかりませんが、要するに、投資信託サービスみたいなものが受けられるトークン、ということのようです。

 

BGT発行枚数、レート

発行枚数は、1200万枚です。このうち、1000万枚がジェネシスマイニングによって発行されます。

残りの200万枚は、BGTチームが購入するとのことで、BGTチームが購入したBGTは、3ヶ月間ロックアップされます。

レートは、1BGT=0.0001ETHとなっています。

総発行枚数1200万枚で、1ETH=22,000円とすると、時価総額は2640万円となります。

トークンの仕様がわからないのでなんとも言えませんが、これはめちゃくちゃ安いです。

 

BGTの運営チーム

運営チームの情報は、こんな感じです。

BGTの専門トレーディングチームは、有名な教育学歴を持ち、CITIC、Macquarie、Goldman Sachsなどの金融機関で豊富な経験を持つ知的な専門家で構成されています。

チームメンバーは、MIT、プリンストン、清華大学などの有名な機関から来ています。

彼らは、金融資産とデジタル資産の両産業において、著しい投資実績を有しています。

まあ優秀なメンバーを揃えてるよ、ってことだと思いますが、BGOGOは運営のスピードが遅く、ここら辺はあまり期待してはいけないかもしれません笑

 

BGTジェネシスマイニングルール

ジェネシスマイニングで満たすべき条件の期日は過ぎていますが、ジェネシスマイニングのルールを知っておくことは大切だと思います。

 

ジェネシスマイニング上限のためのBGG保有条件

BGGを保有するユーザーは、BGTのジェネシスマイニングに参加する資格があります。

10/25〜10/31のEST時間8時(日本時間21時)にBGG保有量のスナップショットが撮られ、この期間の平均保有量に応じて、BGTのジェネシスマイニング上限(つまり、マイニングできる量)が決まります。

また、BGOGOのテストを受けて70%以上取らないといけないらしいです。

 

ジェネシスマイニング期間

ジェネシスマイニングの期間は、11/1の21時から24時間です。

イベント終了後、すぐ(つまり11/2の21時)にBGT/ETHペアが上場します。

 

ジェネシスマイニング収益が買い戻しに使われる

さらにジェネシスマイニング収益の100%は、BGTを買い戻すのに使用されるようです。つまり発行枚数が減るので、一枚あたりの価値は上がる可能性が高いです。

 

BGTは期待できそうか?個人的考察

あくまで個人的な見解ですが、考察をしておきますが、現時点では、はっきり言ってわかりません笑。

だって、BGTの仕様がよくわからないんです。

BGTを保有することで得られるインセンティブはなんなのか、によると思います。

近々発表があるかもしれないし、上場してもないかもしれません。わざと、上場した後に発表するかもしれません。

が、何と言っても、時価総額が1億円を切っているというのがポイントで、これはめちゃくちゃ安いんですよねー。

そしてBGOGOにはBGGという良い前例があって、BGGは上場直後はジェネシスマイニング価格の10倍をつけ、価格が下落した後でも、2倍以上は常にキープしています。

おそらく、ジェネシスマイニングでBGTを取得した人はほぼ間違いなく利益を出せるのではないかと思います。

僕はジェネシスマイニングはしませんので、価格が底を打ったのを確認してから買う予定です。

 

総合的に、BGTは期待度高いと思ってます

というわけでBGTの紹介でした。

よくわかっていないところもありますが、結論としては、結構期待できるんじゃないかと、僕は、思っています。

あくまで個人的な見解なので、買う場合は、自己責任で、暴騰暴落のリスクがあることを十分に理解して、無理のない範囲で投資してみてください。

 

仮想通貨LINE@好評配信中!!!

ブログでは書けないあんなことやこんなこと、LINE@で配信しています!

初心者の質問も、雑談でも、仮想通貨に関することならなんでも聞いてください〜

仮想通貨の最新情報ツイート中!

仮想通貨の最新情報はツイッターで配信中!

上場イベント時は実況とかもしてるので、ぜひフォローしてください👍