日本でもかなり話題になっているBEAMという仮想通貨に関して、取引所BHEX主催によるインタビューが行われました。

インタビューは、2019/2/19、日本時間15:30より、BEAMのCEO(Alex氏)およびシニアエンジニア(Lin氏)に対して行われました。

BHEXオフィシャルテレグラム上でインタビューは行われ、BHEX日本語テレグラムにてadminが翻訳を掲載しており、本記事は、それを転載したものです。

(数カ所、転載に当たって筆者にて修正している箇所があります)

 

 

質問1

BEAMはあなたのウェブサイトからの情報に基づいてかなり強力な技術チームを持っていることに気づきました。開発の開始からメインネットワークの立ち上げまでわずか9か月しかかかっていません。

しかし、私はそのプロセスが見かけほどスムーズではないと確信しています。 その過程で遭遇した重大な課題を教えてください。また、どのようにしてそれを克服しましたか。

CEO Alexの回答

これはとても良い質問です。もちろん、物事が見かけほどスムーズに進むとは限りません。 1月に、2つの深刻な問題が発生しました。1つは1月16日、もう1つは1月21日です。

1月16日、我々の金融にセキュリティ的な問題があり、資金が盗まれる可能性があることに気づきました。私達は修正のソースをオープンにせずに修正を迅速にリリースする必要がありました。

その為、この問題に対処する十分な透明性がなかったので、一部のコミュニティーから批判を受けてしまいました。最終的にこの問題に対する報告書を公開しました。(こちらをご覧ください:https://medium.com/beam-mw/mimblewimble-wallet-vulnerability-report-7b8e88dc7e

もう一つは1月21日で、これはブロックチェーン停止イベントのリリースからわずか3週間後です。

世界標準時の午前9時ごろ、ブロックの製造は中止されました。ブロックブラウザで新しいブロックが生成されないことを確認するのはとても恐ろしいことでした。私たちの「赤ちゃん」は意識を失い、緊急の助けを必要としているようでした。

私たちはすぐに問題の原因を発見し、コミュニティを最新の状態に保ちながらそれを解決するために一生懸命動きました。前回のレッスンから学んだ後、今回はより頻繁な更新をリリースし、コミュニティが私たちのスピードに追いつくことができることを確認しました。この問題は数時間で解決され、私たちのアプローチは賞賛を受けました。

https://medium.com/beam-mw/mimblewimble-blockchain-stop-event-postmortem-21012019-9a7ef38b2813

 

質問2

BEAMは、ユーザーのプライバシーを保護するためにMimblewimbleプロトコルのプライバシーサポート部分をどのように使用しますか?

メカニズムの設計は、前世代の匿名コインと比べてどの程度進歩していますか? 他の暗号通貨に対する競争上の優位性は何ですか?

Dr.Linの回答

MWプロトコルはトランザクションの入力と出力の特性を隠すために使用することができ、BEAMは両方の当事者の情報が漏れるのを防ぐことができます。 MWプロトコルは複雑なゼロ知識証明やコインデザインに依存しないため、軽量でシンプルになります。 他のプライバシー通貨と比べて最大の利点は、それを拡張して軽量にできることです。

CEO Alexの回答

プロトコルには、プライバシーとスケーラビリティを組み合わせることによって、非常に優れた機能がいくつかあります。 Mimblewimbleは、以前のブロックチェーンの一般的な例を破りました。MW以前の暗号通貨のほとんどではないにしても、ユーザーはアドレスによって識別されていました。 Mimblewimbleでは、アドレスがないため、送信者や受信者の痕跡はありません。トランザクション数も表示されません。

Beamブロックチェーンは、トークンの所有権の現在の状態のみを格納し(各トークンは所有者だけが知っているキーによってロックされます)、トランザクション履歴はブロックチェーンに記録されません。 トランザクション履歴を保存する必要がないので、ブロックは非常に合理化されています(ブロックチェーンは各トランザクションでBitcoinより3〜10倍小さいと推定されます)。

MoneroやZcashのような最も有名な “Mimblewimble”以前のプライバシーコインは、アドレス間で資金をやり取りし、取引履歴を保存するBitcoinモデルに基づいています。取引情報を隠すために、Moneroはリング署名を使用し(本質的に、実際の取引を隠すために偽の取引を作成するため)、Zcashは巧妙で複雑な数学的構成zk-SNARKを使用します。したがって、どちらの場合も、ブロックチェーンのスケーラビリティは、実際のデータを隠すための追加データによって影響を受けます。たとえば、Moneroでは、各トランザクションの現在のサイズはBitoinの5倍、Zcashの9倍です。

基本的なMimblewimbleに加えて、ネットワーク監視攻撃の回復力を高めるために、Dandelionアルゴリズムも実装しました。Dandelionがなければ、トランザクションは直ちにネットワークにブロードキャストされ、攻撃者は送信ノードを追跡することができます。

Beam、Monero、およびZcashのより詳細な比較は、こちらをご覧ください。https://medium.com/beam-mw/whats-the-difference-between-monero-zcash-and-beam-953eafd89354

 

質問3

BEAMは2018年4月に開発を開始し、時間的にGRINより遅れていました。 GRINが既に開発されているのに、なぜビームを開発する選択肢がまだあるのでしょうか。 GRINと比較して、BEAMは問題の解決に対して異なる解決策を提供しているのでしょうか?

 

Dr.Linの回答

BEAMとGRINはどちらもMWプロトコルに基づくプライバシー保護を実装していますが、プライバシーはトークンの全てではありません。 マイニングの仕組み、運営方法、そして経済モデルの間にはまだ多くの違いがあります。 技術的には、現在明らかな違いは、Beamがアドレスをレイヤ変換することです。GRINがIPアドレスに転送するオブジェクトとは異なり、ユーザーはBeamをより伝統的な方法で使用できます。

 

CEO Alexの回答

(2番目の答えと同様に)Mimblewimbleプロトコルはプライバシーと拡張性を組み合わせることでいくつかの非常に良い機能を持っています。 Mimblewimbleは、以前のブロックチェーンの一般的な例を破りました。MW以前の暗号通貨のほとんどではないにしても、ユーザーはアドレスによって識別されていました。 Mimblewimbleでは、アドレスがないため、送信者や受信者の痕跡はありません。トランザクション数も表示されません。

Beamブロックチェーンは、トークンの所有権の現在の状態のみを格納し(各トークンは所有者だけが知っているキーによってロックされます)、トランザクション履歴はブロックチェーンに記録されません。 トランザクション履歴を保存する必要がないので、ブロックは非常に合理化されています(ブロックチェーンは各トランザクションでBitcoinより3〜10倍小さいと推定されます)。

MoneroやZcashのような最も有名な “Mimblewimble”以前のプライバシーコインは、アドレス間で資金をやり取りし、取引履歴を保存するBitcoinモデルに基づいています。取引情報を隠すために、Moneroはリング署名を使用し(本質的に、実際の取引を隠すために偽の取引を作成するために)、Zcashは巧妙で複雑な数学的構成zk-SNARKを使用します。したがって、どちらの場合も、ブロックチェーンのスケーラビリティは、実際のデータを隠すための追加データの追加によって影響を受けます。たとえば、Moneroでは、各トランザクションの現在のサイズはBitoinの5倍、Zcashの9倍です。

Dandelionの場合、トランザクションはすぐにネットワーク全体にブロードキャストされるのではなく、複数のノードを介して送信され(ステムステムステージ)、最終的には全員に送信されます(フラフフラフステージ)。ステムフェーズの各ステップでは、プライバシー保護のために入力がマージされます。

Grinと比較して、Beamにはいくつかの利点があります。いくつかの例を試してください。

1) Beamは、Dandelionアルゴリズムのステム(ステム)段階で必要とされるときに、より良いプライバシーを提供するためにデコイ出力を使用します。

詳細についてはhttps://github.com/BeamMW/beam/wiki/Transaction-graph-obfuscationを参照してください。
背景記事:https://medium.com/beam-mw/on-linkability-of-mimblewimble-da9ba71e83b4
BeamはGrin 開発チームと議論されました:https://gitter.im/grin_community/Lobby?at=5bebe2c36b9822140d29e4b2 (ValdokはBeamのコア開発者です)

2)Beamは一方的な支払いをサポートします:

https://github.com/BeamMW/beam/wiki/One-side-payments

3)Beamは、送信者と受信者との間の取引「交渉」に対して「SBBS」と呼ばれる広いシステムソリューションを提供します。 Grinのアドホックソリューションよりもプライバシーを保護します。

4)Beamのアーキテクチャと実装の多くはGrinに比べて改良されています。たとえば、BeamノードはUTXOセット全体をメモリに保存しません。

 

質問4

BEAMの匿名のデジタル通貨であるBEAMは、もともとトレーダーのプライバシーを保護するためのものでした。 しかし、現在取引中のBEAMはそれを取引所に転送する必要があり、ほとんどの(集中型)取引所はKYCを必要としていて、ユーザーの携帯電話またはメールボックスをバインドするため、匿名通貨の本来の意図に違反します。 この問題についてどう思いますか?

 

Dr.Linの回答

集中型取引所は、匿名通貨が直面する問題だけでなく、ブロックチェーン業界全体が直面する問題でもあるかもしれません。 しかし、現在の分散型取引所には多くの問題があります。 効率的で安全なクロスチェーンの分散型取引所は、今の業界で必要とされているインフラストラクチャです。

 

CEO Alexの回答

原則として、集中型取引に問題があるとは考えていません。流動性とホスティングを提供することで業界に利益をもたらします。ただし、私たちの目標は、ユーザーに最大限の選択肢とプライバシーの完全な保護を提供することです。この目的のために、私達はユーザーが集中交換を通らずにBEAMとBTCを交換することを可能にするアトミックスイッチング機能を開発しています。

 

質問5

Bitcoinに関するBEAMの3つの主な問題は、匿名性、スケーラビリティ、そして軽量化ですが、BEAMの現在のトランザクション速度はまだ十分な速さではありませんが、どうやって改善しますか?

 

CEO Alexの回答

Beamは作業量(POW)のトークンであるため、本質的に低速です。BeamTPSは毎秒約17のトランザクションを持ち、これは非常に遅いです。 Beamは、GhostDAGなどのTPSの第1層を追加するためのさまざまな解決策に取り組んでいます。 もう1つの可能性のある解決策は、Lightningなどの第2層の技術です。 Lightning NetworkとBEAMの組み合わせた研究を始め、これに関する予備的な論文を発表しました。

トランザクションのスピードを向上させるもう1つの解決策は、共同サイドチェーンです。この問題についても調査中です。

 

質問6

匿名通貨の使用についてあなたの意見はどのようなものでしょうか?匿名コインを使用するための最良のシナリオは何ですか?

 

CEO Alexの回答

私はどんな金融取引も秘密にされるべきだと思います。法律で要求されていない限り、人々は自分の金融取引を開示することに消極的です。したがって、私は人々が経済的価値を移転するいかなるシナリオも匿名通貨の適切なユースケースであると思います。

Beamのオプションのコンプライアンス機能により、ユーザーは機密に取引することができます。ユーザーが匿名の金銭を売買することを選択した場合でも、監査会社に報告することができるため、通常の業務にもアプリケーションシナリオがあります。

 

質問7

先月のBEAM公式ウォレットには深刻な脆弱性がありました。チームはどのような改善策を採用しましたか? BEAMのセキュリティはどのように保証されていますか?ハッキングに対する抵抗は何ですか? SmartDecが現在BEAMコードセキュリティの監査作業を担当していることに気付きましたが、最新の進捗状況について教えてください。

 

CEO Alexの回答

開始する前に、私たちはコードベースのコア要素を検討することに多くの努力を注ぎました。私たちはKudelskiのような大手セキュリティ監査会社の助けを借りています。セキュリティ、最低権威とSmartDec。レビューの主な焦点は、暗号化の実装の堅牢性です。

監査結果は非常に優れており、すべてのレポートは公開されており、ここで表示できます。https://medium.com/beam-mw/mimblewimble-security-audits-a6904ab85532

1月に発見された脆弱性は、Walletコードによって取り残されました。この脆弱性は私たちのチームによって確認され、すぐに修正されました。将来、Walletコードの追加のセキュリティレビューを検討する可能性があります。

 

質問8

現在のところ、BEAM Walletのアドレスは一時的なものです。通常の支払いをするには?たとえば、店舗にBEAM支払いオプションがある場合、複数の訪問者が使用できる支払いアドレスをどのように提供するのでしょうか?

 

Dr. Linの回答

実際、BEAMは固定アドレスをサポートしています。
可変アドレスを選択しても問題ありません。これらのアドレスはすべて同じアカウントまたはプライベートキー(秘密鍵)に対応します。階層化されたWalletのデザインと同様に、プライベートキー(秘密鍵) またはニーモニックで多数のアドレスを生成できます。

 

CEO Alexの回答

Beamは一時的なアドレスだけでなく、恒久的なアドレスもサポートします。永久アドレスは、Walletにお金を送りたい人なら誰でも公開して使用することができます。有効期限として「しない」を選択することで、私たちのWalletの「受信」インターフェースでそのような恒久的な住所を簡単に作成することができます。

ただし、本人の住所でも、支払いを受け取るには受取人の財布をオンラインにする必要があります。私たちは、場合によってはそれが不便であるかもしれないと考えています。(例えば、寄付を受け入れる組織は金融を24時間稼働させ続けるためのリソース/能力を持っていないかもしれません)。

この問題を解決するために、我々は、受取人が一組の送信者を公表し、その後UTXO取引を作成するために使用することができる「一方的支払い」の概念を導入しました。異なる値を持つ複数のUTXOを持つことによって、受信者は送信者が任意の金額に集約することを許可します。

 

質問9

BEAMは、ユーザーの支払いとしての使用シナリオをどのように拡張しますか?

 

CEO Alexの回答

次の方向から支払い申請シナリオを拡張する予定です。

1.支払い速度:電光ネットワークを統合したりサイドチェーンを作成することで、Beamはより速い支払いをすることができます。

2.プライバシー資産:Beamブロックチェーンは他の種類のパスの発行を可能にします。これらには、証券化トークン、安定したトークン、さらには仮想猫も含まれます。

オプションのコンプライアンス。オプションのコンプライアンスを導入することで、Beamは機密保持とそれに続く監査のための商用アプリケーションをサポートし、それを現実の世界で使用できる通貨にします。

 

質問10

長期通貨経済の発展という観点から見れば、Beamの価格はどのような状態で表示されるのでしょうか?

 

CEO Alexの回答

BEAMのリリーススキームはBitcoinのリリースと非常によく似た特徴を持っています。 BEAMの最初のブロック報酬は1年後に半分になり、その後4年ごとに半分になります。 トークンの価格は多くの要因に左右されますが、責任ある方法で価格の動きを判断することはできません。

 

質問10

ビットコインの価格が下がると、マイニングは縮小し、マイナーの収入は劇的に減少するため、現在のマイニングのPOW通貨はリスクを支え、収入を拡大することを争っています。BEAMのような新しいコインは、新しい傾向をマイニングにもたらすでしょうか?

 

CEO Alexの回答

Beamは現在マイニングにGPU(グラフィックカード)を使用しており、NvidiaとAMDのカードをサポートしています。これは、マイニングの「民主化」をもたらし、誰もが自分たちのGPUを使って価値を創造することを可能にしました。

Beams(何十万ものGPU)の数をタップすることによって、私たちは人々がトークンに非常に興味を持っていると言うことができ、そして多くの人々がそれを信じています。私はコミュニティがMimblewimbleが次世代の暗号通貨であることを理解していると思います、そして人々はBeamの初期のマイニングに非常に興味があります。

 

質問12

匿名通貨の現在の人気は弱気市場のためであるという見方があります、前向きな業界力学は拡大されますが、あなたはこの見方についてどう思いますか?どんなファクターが匿名コインの爆発的な成長に導くと思いますか?

 

CEO Alexの回答

金融活動にはプライバシーが必要であることを理解する人が増えていると思います。私はまた多くの人々がMimblewimble技術に興奮していると思います。これは、この技術がスケーラビリティを犠牲にせずにプライバシーを許すのは初めてだからです。世界中で暗号通貨が広く使用されるようになると、機密性なしに取引を行うことが非常に困難になることがますます明らかになってきており、したがって匿名コインへの関心が高まるでしょう。

 

質問13

現在、匿名コインがたくさんありますが、今後の匿名コインの競争についてどう思いますか?多様な共存があるのか、それとも1つか2つの独占しかないのか?競争の中で他の匿名コインに比べてBeamの長所と短所は何ですか?

 

CEO Alexの回答

暗号通貨のプライバシーは2019年のテーマの1つになるでしょう。おそらくMimblewimbleに基づいて、もっと多くのプライバシーコインが確実に登場すると思います。一般的な暗号通貨市場と同じように、最終的にほとんどの市場で占有されるトークンはごくわずかになります。 他のプライバシー通貨と比較して、Beamは、高可用性、強力なチーム、迅速な実行、そして完全に機密の環境および透明な環境で使用できる通貨を作成するための豊富なロードマップという利点を持っています。

 

質問14

しばらく前に、GRINは一連のコミュニティイベントの後に「ジェットコースター」を経験しました。BEAMはこのプロセスを通過すると思いますか?

 

CEO Alexの回答

Beam and Grinの市場での受け入れは非常に高いと思います。現在GrinとBeamをマイニングしているGPUの数は約150万で、これはわずか数週間の通貨で驚くべきものです。

 

質問15

Monero、Zcashに代表される匿名通貨の場合でも、現在の匿名コイン市場はまだ小さいため、新世代の匿名通貨としてのBEAMがその影響を拡大し、最終的に世界中の既存の暗号通貨インフラストラクチャに統合されますが、そこに組み込まれますか?

 

CEO Alexの回答

プライバシー通貨市場はそれほど小さくないと思います。 Monero、Zcash、Dashが上位20通貨です。 Monero、Zcash、Dash(後者は暗号的に意味のあるプライバシーではありませんが、プロパガンダはプライバシーのポイントを伝えます)を追加すると、USDTに近い20億ドル近くの市場価値が得られます。

過去には、他の人々は暗号通貨の分野で何が起こったのか気にしないだろうと多くの人が考えていましたが、今ではこの状況は変わりました。暗号通貨の実際の適用シナリオは(投機的な目的とは対照的に)増加しており、将来的にはトランザクションに対するプライバシーの重要性を理解する人々がますます増え、プライバシー通貨市場はますます大きくなるでしょう。

Beamはこれらのニーズに取り組み、利用可能で拡張可能なプライバシー通貨システムを構築することによってその影響を増大させるでしょう。このシステムは、完全なプライバシーのニーズだけでなく、部分的なプライバシーのニーズも満たすことができます。 Beamは、企業が財務管理の管理を失うことなく暗号通貨を使用する手助けをすることに尽力しており、それに準拠して運営することもできます。

 

質問16

現在の市場環境で、これを実行したい場合、最大の課題は何だと思いますか?

 

CEO Alexの回答

最大の課題の1つは、日常生活において暗号通貨が一般に受け入れられることです。 Beamは業界全体でこの問題を解決することはできないことを理解していますが、Beamを使いやすくし、Beamや他のBeamベースのプライバシー資産の実用的なアプリケーションシナリオを実現するための努力を惜しみません。

軍事分野での類推をするために、私はビームがアプリケーションと着陸の戦場における暗号化隊の先駆者であると考えています。

 

質問17

BEAMとLTC間の協力に関して、スケーラビリティ、匿名性、およびセキュリティの観点から、それらはどのようにして互いに補完するのでしょうか。このパートナーシップはハードフォークにつながることができますか?

 

Dr.Linの回答

LTCはプライバシー機能を取り入れたいと思っていますが、既存のLTCネットワークでMWプロトコルを使用することは困難であり、確かにハードフォークを引き起こします。より良い解決策は、取引の詳細のいくつかを隠すために既存の匿名コインのいくつかの技術を使うことでしょう。

 

CEO Alexの回答

LTCとのコラボレーションは、Litecoinの拡大へのMimblewimbleの適用を中心としています。これにより、Litecoinネットワーク上でプライバシー値を渡すことが可能になります。これはLTCを分岐させるかもしれませんがBeamで分岐しません。私たちは今、このソリューションのアーキテクチャーについてより高い次元で議論しており、議論が続くにつれてさらなる進歩を共有し続けるでしょう。

 

質問18

BEAM 2019ロードマップに関して、「Lightning Network」はBTCのtpsを大幅に向上させることができるというPOCを持っています、BEAMはどのように「Lightning Network」を組み込むのでしょうか?

 

Dr. Linの回答

BEAMは、Lightning Networksのようなレイヤ2拡張をサポートするために、複数の署名と単純なスマートコントラクトをサポートする必要があります。もちろん、匿名性の特性を考慮すると、まだ解決しなければならない多くの技術的問題があります。

 

CEO Alexの回答

これがBeamにどのようにネストされているかを示すために、Lightningネットワークの支払いチャネルでPOCモデルを使用する予定です。これまで準備調査を行ってきましたが、Lightning Networksをサポートするためにビームチェーンにどのような要素を導入する必要があるのかがわかりました。

 

質問19

ロードマップでは、BEAMは企業が自分の取引を匿名化し、取引情報を選択的かつ安全に開示できるようにしたいと考えています。現在のBEAM設計では、ブロック情報にトランザクション履歴は含まれていませんが、これはBEAMが特にエンタープライズユーザー向けのサイドチェーンを開発する必要があることを意味しますか?同時に、ビームは匿名性によって引き起こされた損害をどう考えますか?

 

CEO Alexの回答

この機能要件については、さまざまなアーキテクチャを検討しています。ただし、最も可能性の高い解決策は、トランザクション情報がチェーン外に格納され、チェーンにはハッシュの形式で情報に対応するトランザクションごとにいくつかの特定のポインタが格納されることです。

 

質問20

私たちは、BEAMが音楽関連のコンテンツをTwitterで公開することが多いことに気付きましたが、チームのメンバーは音楽愛好家のようです。《The dark side of the moon》から何かインスピレーションを得ましたか?

参考画像:Amazon販売ページよりPink Floyd | The dark side of the moon

 

BEAMのロゴ

 

CEO Alexの回答

この質問をとても嬉しく思います。私たちは本当に音楽が大好きで、同僚の何人かは実際に楽器(ギター、ピアノ、歌)を弾くことができます。ある日、Beamバンドを作るかもしれません。

私はDark Side of the Moonから潜在意識に何らかのインスピレーションがあるかもしれないと思います(結局のところ、我々は “通貨”を作成しています)。 (注:ここでの通貨は、アルバム内の曲の名前と同じです。)

しかしアイコンロゴの主な意味は、さまざまな種類の光(トランザクション)がどのようにプリズム(私たちのMimblewimbleチェーン)を通過して区別できない白色光になるかを示すことです

 

以上

 

BEAMの購入はBHEXでどうぞ

現在、BEAMはHotbit、BitForex、Gate.io、BHEXで取引が可能です。

BHEXは、今回のインタビューの他もに、BEAMに関してかなり力を入れたキャンペーンを実施するなど、密な関係にあるようです。

参考:3% annualized yield for GRIN/BEAM HODLers (Limit Offering)

僕は、BEAM購入に関して、HotbitとBHEXで購入しましたが、BHEXでは、買い注文の一番高い所に指値を入れると、BOTが少しずつ注文を約定してくれるので、BHEXの方が買いやすいと思います。

ぜひ、BHEXでの購入も検討してみてください。

 

合わせて読みたい

 

僕もadminをやってる公式テレグラムはこちら

BHEX JAPANテレグラム

 

BHEXの登録はこちらからどうぞ(BHEXトークン100BHTもらえます)