2017/4/5、ビットコインが、ビックカメラなどの店舗で使えるようになると報道されました。有楽町店とビックロビックカメラ新宿東口店の2店舗では、4/7から利用できるようになるとのこと。

それに加え、なんと年内に、26万店舗で利用ができるようになるそうです。

これまで投資対象だったビットコインですが、決済がしやすい環境が整ってきているようです。2017年仮想通貨元年は、大御所ビットコインの間口をも広げに来ましたね~。

 

ビットコインが使えるお店が26万店舗に

こちらは、同ニュースに掲載されていた画像です。2016年までは、国内でビットコインが使える店舗は4500店だったのに、2017年には26万店に増えるとのこと。

引用元:2017年4月5日 日本経済新聞 | ビットコイン対応26万店 ビックカメラなど導入より

 

これは、POS(販売時点情報管理)レジサービスである、「Airレジ」の導入店舗数とほぼ同じです。このAirレジでの決済に、ビットコインが使えるようになります

引用元:Airレジ より

もちろん、狙いは中国でしょう。なぜなら、ビットコインの大半は、中国が買い占めているからです。ビットコインで決済ができれば、面倒な上に手数料がかかる、人民元⇒日本円への両替をしなくて済みます。まあ、日本で買い物するなら、日本円で価格が決まっている以上、ビットコインの激しい値動きで、場合によっては両替の手数料より高くつくような気もしますけどね。

ただ、昨今はハードフォーク問題が話題になり、レートが下がりはしましたが、基本的に成長している通貨なので、常に保有していて価値を増やしつつ、外国で買い物もできる、みたいな感じがいいかもしれませんね。

以下は年間のビットコインレートの推移です。何回か急落してはいるものの、ほぼ右肩上がりですよね。

 

ちなみに

ビックカメラとビットコイン決済で提携するのは、Bit Flyerという取引所です。Airレジと提携するのは、coincheckという取引所。

で、ビックカメラには、Airレジサービスカウンターが設置されています

なんでビックカメラは、Bit Flyerにいったんでしょうか?coincheckと組んだ方が、いろいろメリットありそうじゃないですか?今後、Airレジサービスカウンターで、業務提携しているBit Flyerのライバルである、coincheckの息がかかったサービスを売るという・・・。

謎です。

 

ビットコインレートへの影響は?

こういう好材料ニュースが出てくると、たいていレートに影響が出てきます。では、ビットコインのチャートを見てみましょう!ちなみにこの報道がされたのは2:00頃、めざましテレビでも5:00頃、報道されたようです。

 

 

めっちゃ微増でした。あまり影響は出なかったみたいですね…

先日のリップルとは違い、もはやビットコインほどの大御所通貨は、よっぽどのことがない限り、報道では動かないのかもしれません。

 

4/7追記 ビットコインが上昇はじめました

 

報道がされた4/5は、ほぼ動きがありませんでしたが、4/6から、明らかに上昇を始めました。4/7といえば、ビックカメラでビットコインが実際に使えるようになる日。これに合わせて期待感が現れたか?!

一方、裏でライトコインの暴騰が落ち着いており、ライトコイン利確からビットコインに流れただけかもしれません。

引用元:CoinGeckoより

 

ともあれ、リップルやイーサリアムも振るわないので、僕はビットコインに全振りしました。ビットコインで微増させつつ、次のニュースを待ちます!

 

仮想通貨元年にビットコインを買ってみよう

Airレジとビットコイン決済について提携しているのが、coincheckという取引所です。2017年は仮想通貨元年と言われていて、ビットコインの決済の間口が広がっていますが、ビットコイン以外のコイン、アルトコインとよばれる仮想通貨も、目覚ましい成長を遂げています。

coincheckは、ビットコインはもちろん、複数のアルトコインも扱っています。まずはビットコインを買って価値を増やしつつ、決済もしていき、アルトコインの動向もチェックする。そんな風に仮想通貨を楽しむことができると思います。

 

 

合わせて読みたい

 

 

おすすめの取引所!

ワールドプレミア(世界初上場)銘柄の宝庫で、上場銘柄のうち70%がバイナンス未上場。取引量も多いのに日本ではマイナーな取引所です。今、お宝銘柄を仕込んでおけば、バイナンス上場でチャンス到来が狙えます!

おすすめ記事