こんにちは。世界一意識の低い仮想通貨投資家の穂北です。

この記事を開いたということは、あなたはビットコインFXに多少なりとも興味がありますね?僕も興味はめちゃくちゃあったんですが、これまで手を出してませんでした。だって、FXって要は借金して大量のお金をやり取りするわけですよ

 

怖くね?

 

と思っていたんですけど、この間、インベスターZという投資漫画を読んでですね。うわ、FXめっちゃ面白そうやなと思って。主人公の財前君、「FXの後、株取引なんてぬるくてやってらんねー」的なことをぬかすんですよ。

まあなんでもやってみないとわからんなーと思ったので、なけなしの1000円でFX開始してみました。そもそも、超少額なら借金しても怖くないしね。

まあ財前君は外国為替のいわゆる通常のFXでしたが、僕は仮想通貨投資家なので、ビットコインFXというのに手を出してみました。この記事では、ビットコインFXの体験談を書いていきたいと思います。

結論、爆死しましたが、超楽しかった。たった1000円でこんなに遊べるとは笑

 

ビットコインFXとは

FXはForeign Exchangeの略ですね。つまり、本来は日本円と外貨を交換することなんで、本当はビットコインFXという言葉はおかしいっすよねー。

で、なんでビットコインFXなんて名前がついてるかなんですが、FXの特徴として、証拠金取引というのがあります。ビットコインFXというのは、ビットコインの証拠金取引のことなんですねー。こんな感じ。

結局、特徴としては、以下のようになります。

  • レバレッジをかけられる(ビットフライヤーでは最大15倍)
  • 空売りができる

 

逆に、現物取引というと、レバレッジをかけてない取引のことですね。普通に、1000円で0.00117647BTC買う、みたいな取引です。

 

レバレッジとは

レバレッジは、「てこ」という意味ですが、少ないお金で大量のビットコイン取引をすることです。

僕は1000円でビットコインFXを開始したので、1000円分のビットコインを、1BTC=80万円のときに買ったとします。

例えばビットコインの価格が80万円から10%上がって88万円になったので、売って利益を確定させると、僕の1000円は1100円(利益100円)になります。

ここに、3倍のレバレッジをかけたとすると、利益が300円になります。15倍なら1500円。ビットコイン価格は10%しか上がってないのに、僕の1000円は2.5倍の2500円になります。すごいですね。10回繰り返せば9500倍ですよ。950万。金持ち!

とりあえず良いことを書いてみましたが、じゃあ反対に10%下がったらどうなるんでしょうか。レバレッジを15倍にした状態で10%下がったら、-1500円の利益ですので、僕の1000円は-500円です。

え?マイナス?やべーじゃん。取り立てがくるじゃん。追証が発生します。

ということになるんですね。実際には、マイナスになる前に、強制ロスカットというのが入るので、基本的には追証発生とはならないですが、一気に資金がなくなっちゃいます。

 

書いてて思いましたが、やっぱりFXは怖いです。

 

空売りとは

取引所のチャットとか、ツイッターとか見てると、よく「ショート」だの「ロング」だのという言葉が飛び交いますよね。

ロングというのは、レバレッジを掛けた買い。ショートというのは、レバレッジを掛けた売りのことで、これを空売りといいます。一切ビットコインを持ってないのに、いきなり売るので、空売りです。

これはどういう仕組みかというと、要は、借金をしてビットコインを手に入れて、それを売っているのです。

例えば、80万円のときに0.001BTCを3倍のレバレッジを掛けて0.003BTC売る注文をすると、2400円分のBTCを借りて、それを売ることになります。

で、価格が下がって、72万円のときに買うと、2160円で買えます。この差240円を利益として得られるわけです。

現物取引だと、買って売ることしかできないので、相場が上がらないと利益を出せないんですが、ビットコインFXでは、空売りができるので相場が下がっても利益を出せます

それがとても素敵なところです。

 

ビットコインFXが通常のFXよりも良いところ

さてここで書いておきたいことがあって。僕が仮想通貨投資してるからビットコインFXをやってると書きましたが、通常のFXで別にいいんじゃないかって思いませんか?

でもビットコインのFXはめっちゃ魅力的なんですよ。

ボラリティ(価格変動)が激しい

これはぜひ書いておきたいんですが、ビットコインは価格変動がとても激しいんですね。ビットフライヤーによれば、ドル/円のなんと10倍。

じゃあ、ここから何が言えるかというと、通常のFXとくらべて、実質レバレッジの倍率をめっちゃ高くできるということなんです。

通常のFXでは、レバレッジ25倍が最大になっていますが、ビットフライヤーのビットコインFXだと15倍。しかしボラリティが10倍あるので、実質的には150倍です。すごい。

 

一攫千金ありそう

 

まあ、レバレッジの倍率が増えるということは、一気に利益を増やせる反面、一気に大量の損失を出す可能性もあります。ハイリスク・ハイリターンです。

 

でも一攫千金ありそう

 

24時間365日取引ができる

仮想通貨投資しかやってない僕からすると、逆に365日取引できないことが衝撃なんですが、ここもビットコインFXのメリットですね。

だって、普通のサラリーマンとかだったら、平日にFXでしっかり稼ぐとか無理でしょ?チャート張り付きとかしたいじゃないですか。(まあ僕は朝の数時間とスマホでちょこちょこレベルなんですが)

ということで、ビットコインFX、なかなかに魅力的じゃないですか?

 

ビットコインFXをやるのにおススメの取引所は?

現在色々試してみてますが、とりあえずビットフライヤーがおすすめです。

レバレッジ最大15倍、手数料無料、流動性抜群、少額OK、PCなら画面はとても見やすいし(スマホはあれですが)、特に問題はありませんね。

 

ビットコインFX実践記録

というわけで、さっそくビットフライヤーに存在する日本円1000円を使って、トレードをやってみました。

11/1~11/9 適当にやってみた結果、マイナス200円

まじで適当にやってみた結果、僕の1000円(預入証拠金というところ)は、

 

11/7には859円になり、

 

11/9時点で807円になりました。

 

履歴を見てみると、恐ろしいまでの負け率です。

11/6、1BTC=865,323円のときに買って、11/7、1BTC=822,000円で売る。

11/7、1BTC=819,035円で売って、11/9、853,479円で買う。

FXって、僕が買ったら下がって、売ったら上がるってルールでもあんの?

 

11/10 MACDという指標を使ってみる

まあ紆余曲折はあったのですが、ひとまずコレっていうのが見つかったので、書いておきます。

トレードをする際には、テクニカル指標というのがあって、それを上手く使えば勝てるらしいです。ビットフライヤーのチャート画面でも、いろんな指標が表示できるようになっています。

 

で、MACD(マックディー)というのが、けっこう人気のある指標らしいので、こちらを使ってみます。

チャート中断にMACDの指標があります。水色の線がMACD、紫の線がシグナル線と呼ばれるものです。シグナル線を、MACDが下から上に抜けたら、価格が上がり、上から下に抜けたら、価格が下がるそうです。

たしかに、過去のチャートを見てもそうなってます。

 

で、11/10にチャンスがありました。絶望感から、ポジションを持たずにいたんですが、ふとスマホを見てみたら

あーーーーー!!!!MACD!!!!く、クロスしてるーーーーー!!!!!

というわけでそっこーで売りを入れてみました。これは間違いないと踏んで、多めに0.002BTC入れてしまいました。

 

結果・・・

うわーまじで下がった。

 

もっと下がるかもしれないけど、とりあえず欲を出さず利確。

 

952円まで戻しました。

これはいけそう。「何となくエントリー」とかしなければ、実はFXって普通に儲かる?ひょっとして。この調子で、チャンスがあればエントリーする感じでやってみようかと思います。

 

11/11 1000円まで戻した!

MACDとても使えますね~

11/11は出先だったんで、スマホから。日足のMACDはまだまだ下降トレンドです。

 

しかし、1時間足を見ると、上昇トレンドに変わりそうなところ。(このキャプチャは後から取りました)

 

蛇足ですが、スマホからだと、肝心のMACDが見えません(^^;なんとかして。

で、直近で、最高値は約82万。最安値は734000円。半戻り目と思い、775,000で指値売りを入れました。

 

案外余裕で刺さってしまいました・・・

 

刺さったので、とりあえず750,000くらいで売りを入れておきました。ゴールを決めると良い感じです。

 

そしてこれも上手く買えました。

 

さらに時間足でもMACDクロス。さらに売りを入れてみました。740,000で買い注文を出しておいたんですが、ちらっとみたら、とりあえず1000円に行ったので、利確!!!

 

指標を使うと、ぐっとトレードしやすくなりますねー。今回使ったのは、こんな感じです。

 

  • 長い時間足で、長期的なトレンドを掴み、売りで攻めるか買いで攻めるか決める。
  • 短い時間足で、エントリーポイントを探る。短い時間足で、上昇トレンドなら、現在値からエントリーポイントを予測して、指値注文をする。
  • 注文が通ったら、どれくらいの値になったら利確するか注文しておく

 

しばらく、この感じで攻めてみようかな。

 

11/12 指値売り、刺さらず

前日と同じ感じで、まだまだ下げトレンドだったので、指値売りを決行しました。以下図の赤丸のとこで、1時間足に上昇トレンドシグナルが出てたので、755,000円で売りを入れていたのですが、刺さらず。あと5000円安く設定しておけば・・・

 

欲を出してしまったことが裏目に出てしまいました。

「押し目待ちに押し目なし」

この格言が身に沁みます。

 

11/13 成行売りから、指値買い的中!

引き続き、下降トレンド。今度は、1時間足でもMACDが下抜けしそうでした。

 

ちょっと、慎重に待ってると・・・下抜けにクロス。ここで成行売り。

 

MACDがマイナス、RSI(買われすぎの指標)が41と、売りは弱いような気もしましたが・・・

65万円で指値買い注文を入れておきました。

 

これが見事に刺さりました!一瞬だけ648,000円まで下がったので、ほんとにぎりぎり。あぶねー(^^;

 

いい感じになってきました。

 

11/14 トレンド転換期?様子見します。

さて昨日からなんとなくBTC上昇してるっぽいですね。で、ここで、MACDのダイバージェンスという手法を使います。

MACD線と、チャートの線を見比べて、逆の傾向になってると、トレンド変換のサインらしいです。日足のチャートを見てみます。

 

ちょっと、はっきりとはわかりませんが、チャートは上昇。MACDは下降してますね。ということで、上昇トレンドに切り替わるかもしれません。

買いで攻めていくというのもありなんですが、今日はBCHのハードフォークとかもあるみたいだし、どうなるのかわからないので、トレードは休むことにします。

「売るべし、買うべし、休むべし」

 

11/15 ロング入れてみた

前日と同じような感じで、ダイバージェンスを形成しているように見える。

 

一時間足で見ると、結構長いこと横横できてますね。しかし、MACDがクロス来そうです。

 

ということで、ロング入れてみることにしました。あと、数量をだいぶ増やしてます。

 

がしかし、その後チャートを見てみると、クロスしなかったんですね。

 

やべーと思って。手仕舞しました。

と思いきや・・・

 

クロスするんかーい!というわけで、再び買いを入れたものの、ちょい上がりでいいやと思って、すぐ利確。

 

利益が出たから良かったですが、結果だけ見れば、かなりビットコイン価格上がったので、もったいなかったですね。

 

11/16 上昇トレンド入ったっぽい

日足みてみると、MACDが完全に上向いています。今にもクロスしそう。なので、買いで攻めたいですね。でもRSI60は、ちょっと高いので、微妙ですが・・・

 

しかし1時間足では、下降トレンドに入るかなーって感じです。クロスの角度が浅いから、あまり下がらないかも?

 

ちょっと様子見して、ロングでエントリーしようと決めていたところ、会社帰りにチャート見ると、1時間足爆伸び。

 

日足のMACDもクロス目前。

 

ということで、買いでエントリーしました。直近高値の883,000円手前くらいは行くだろうと予想して、880,000円で売り注文を出しておく。そしてひやひやしながら寝る。寝ロング。

 

起きたら売れてて安心しました~これでプラス30%。金額にすると300円だけど。

 

11/17 もうちょいロングで攻めてみる

 

最高値を更新したということで、天井もあがったと判断。価格が少し下がり、89万前後で揉んでます。押し目拾いかつ日足MACDもクロス目前ということで、893,500円ロングでエントリーしました。

どこまで上がるかわからないので、900,000円で売りを出しておきます。

 

結果・・・無事に売れました。

 

しかしちょっと手堅くいきすぎた・・・94万超えてますもんね。くそう。

 

まあ利益出たからいいか。「相場は明日もある」です。

 

11/18 ロングで入りたいからどこでエントリーするか決める⇒ショートに切り替え

さて日足見ると、MACD下からクロスしたので、上昇トレンドですね。ロングで入ります。

 

4時間足。MACDは上からクロスしそうなので、こちらは下降トレンドになりそう。なので、エントリーはできません(自分ルール)。で、じゃあどこまで下がるか。ちょっと線引いてみましたが、先週レジスタンスだったラインが、昨日はサポートに変わった模様。88万くらいですね。

 

なので、ここを割ってしまうと、さらに暴落の可能性あり。ここをサポートに、反発して上がってくれれば、上昇トレンドに転換。だったらいいな!線の引き方が合ってるか、わかりませんけど。

 

ここをポイントにして、タイミング合えばエントリーしまーす。

と思っていましたが、日足のMACDがダイバージェンス形成。

 

さらに、4時間足は、MACDがシグナルを下抜け。

 

というわけでショートを決行。1時間足で、直前860000まで下げてるので、860,000で買い注文を入れておきます。

 

結果、いい感じにハマりました。

 

まあ、82万くらいまで下がったんで、ちょっと慎重になりすぎましたね(^^;

 

11/19 ショートかけるも失敗。

さてちょっと調子に乗ってしまい、この1時間足のMACDが下抜けしそうだったので、ショートかましてみました。

 

 

朝起きたら上がってるー!!!おはぎゃーってやつですよ。

 

やべー損切どうしようかな。考えてなかった。ざっとチャートを眺めて、下がる根拠を探してみました(これダメなやつね)、が見つからない・・・

うん、仕切り直そう。

 

くそう・・・減った。

 

11/19は、もう一回、ショートでエントリーして失敗。89万で売って、92万で買うはめに。

 

今考えると、あんまり根拠もなくエントリーしたような気がします。冷静さを欠いてますね(^^;

 

だいぶ減ってしまいました。

 

11/20 厚い売り板超えたので、ロングでエントリー

さて気を取り直していきましょうかね。はあ。日足のMACDのダイバージェンスが解消されてます。今日は買いで攻めましょう。

 

4時間足。MACDクロスきそうですね。

 

1時間足。なんか深夜に「ピョッ」って出てますね~買いたい。

 

ロングでエントリーしたかったんですが、92.5万と93万の売り板が厚かったので、しばらく放置して、見返してみると・・・

 

おお!壁をいったん超えました。というわけで、ロングエントリー。

したんですが、やばいニュースを見つけてポジション解除。

参考:業界最大級ビットコイン取引所にて出金遅延頻発、第二のマウントゴックス事件を懸念する声も

とりあえずショート入れて放置してみることにしました。高値更新してロスカットされませんように(^^;

 

11/23現在もショートのまま放置してます。今のうちにGMOコインをちょこちょこ触りながらFXのベンキョーしてます。

 

11/26 92.5万ショートがロスカット。BTC-FXは100万円に

めちゃくちゃ価格が伸びてしまったので、とうとうロスカットです。

 

ぼくの1000円は300円になりました。

気を取り直して、チャートでも見ましょう。日足のMACDが下抜けクロス直前に折り返しました。

 

ということでロングでエントリー。からの1000000記念利確!

 

さて100万超えたんですけど、まだ上げっぽいんで、もう一回ロングエントリー。

 

極力長めの足しか見ないようにしていきます。

 

もう下がってるけどね!

 

と思ってたら、その後怒涛の上げ。

 

いやーすごいですね。僕はちょこちょこ利確しながら、操作間違ってショートエントリーしたりしながら(気づいた時はまじで焦った…何とかプラスで利確できてよかった)、無事に利益を出すことができました。

 

 

もう怖くてエントリーはできないですね。タイミングはかって、ぼちぼちエントリーします。

 

11/30 ロスカット食いまくって退場

 

11/30は140万から100万に真っ逆さまでした。たくさんの人が損したみたいですね。一応、エントリータイミングは図って入ったのですが、ボラリティにやられて、結局ロスカット2回食らいました。

 

今回の敗因は、チャートをじっと見てなかったことですね笑。サラリーマンには無理な相場でした。

結局、証拠金は42円に・・・

 

ちょうどFX開始から一ヶ月で退場となりました。

 

まとめ:ビットコインFX爆死から得た反省点

爆死に終わったビットコインFX。でも、こうなってしまった原因は明らかです。

  • エントリー多すぎ。いわゆるポジポジ病。根拠の薄い時でもエントリーしてしまった。
  • トレードルールが明確じゃない。なんとなくで損切り、利確をしていた
  • チャートを注視できないのにデイトレードをやっていた。待てなかったです・・・

まあこんな感じなんで、勝てる要素がないわけです。とはいえ、GMOコインを使って、一応勉強もして、きちんとルールを決めてのトレードも実施(結局こっちも退場したけど笑)していますので、今度記事にしたいと思っています。

とりあえずこの記事ではビットフライヤーでやりましたが、PCでやる分には申し分ないスペック、情報で、流動性は抜群。ビットコインの価格をリードしてますからね、ビットフライヤーは、もはやトレードしなくても見といた方がいいですよ。

手数料はゼロだし、なんと100円くらいあればトレードできるくらいに超少額で開始できます。おすすめです。

 

が、スマホでやるならGMOコインです。間違いない。使いやすさが異常です。

 

まあ手数料はかかってしまうのがネックですけどね〜そこだけが残念。

 

 

とりあえず、ビットフライヤーなら1000円あれば十分に練習できるので、ビットフライヤーから始めるといいですね。自分のお金をちゃんと使っての練習は、絶対必要ですよ。デモトレード(できるとこないけど)とか意味ありません。

ヒリヒリしますから。飲み込みも早いと思います。ぜひ、少額で遊んでみてください!

 

初心者に超おすすめの渾身の記事!

筆者の1年間の仮想通貨投資ノウハウを詰め込んだ渾身の記事です。これから仮想通貨を始めてみたい方はぜひどうぞ~

おすすめ記事