これから仮想通貨投資を始めるにあたって、最初に何をするべきかというと、まずは仮想通貨の取引所を開設する必要があります。

ところが、日本にはたくさん仮想通貨の取引所があって、一体どこの取引所にしたらいいのか、わからないという人も多いのではないかと思います。

そんなあなたに、お勧めしたい取引所が、BitPoint(ビットポイント)です。

なぜ数ある取引所の中でビットポイントをお勧めするのか、というと、以下のような特徴があるからです。

  • 資本金44億円で国内取引所の中では1位。
  • セキュリティに関する安心感◎
  • 海外にも支社がたくさんあり、事業拡大に勢いがある
  • 各種手数料が無料
  • アプリが使いやすい
  • 販売所形式のように手軽に扱えるのに、売買金額の差が小さい
  • 電話サポートあり

つまり、信頼性が高く、初心者でも直感的に扱えるくらい操作性がよく、かつお得に仮想通貨を買える、サポートも充実。という取引所です。

ついでにいうと、9/30まで、口座開設と5万円入金でビットコイン3000円分もらえます👍

この記事では、ビットポイントの特徴と、口座開設、入金、実際の取引までをサポートしようと思います。わからないことがあれば、LINE@で聞いてください。「誰よりも親切だ」とけっこう言われますので、割と自信あります😀

ちなみに仮想通貨歴1年半の僕は、国内取引所ではこのビットポイントをメインに使っています(正確には、乗り換えた)。初心者〜中級者、上級者まで使っていける取引所ですので、ぜひ長く付き合ってください。

中級者の方や、すでに他の取引所を開設している方は、以下の記事をご覧ください。

合わせて読みたい

 

登録は以下からどうぞ👇

 

ビットポイントの特徴

ビットポイントは、実は、現時点ではかなりマイナーな取引所です。

ですが、最近になって、ビットポイントはかなりマーケティングに力を入れるようになり、本田圭佑をメインキャラクターに起用しました。

これまでも、他の取引所がCMにタレントを起用して話題になっていましたが、本田圭佑はかなり良い起用だなーと思うんです。なぜなら、サッカー選手としての顔の他、投資家・経営者としての顔を持つ彼の起用は、明らかに「上級者」を見据えて打ち出していると感じるからです。(だからこそ初心者におすすめできる)

しかも、日本での仮想通貨市場は規制も厳しくなるなど、かなり落ち込んでしまっている中、このピンチをチャンスと捉えて打ち出してきたなあと言う感じで、とても好印象。

マーケティング面で素晴らしい動きを見せているビットポイントですが、それ以外にもメリットがたくさんの取引所なので、ここではビットポイントの特徴を紹介します。

 

ビットポイントの資本金は44億円で国内取引所の中では1位

まず第一に挙げたいのが、資本金の多さ。資本金44億円は、堂々の国内取引所1位です。

資本金が多いということは、投資家から多く出資してもらったということで(正確には、ビットポイントは親会社のリミックスポイントから多額の出資を受けている)、当面の事業を運用していくための資金がたくさんあるということを示しています。

参考:リミックスポイント公式ページ

もっとも、資本金が多ければ多いほどいい、と一概にいうことはできないのですが、少なくとも、事業をする上での信頼の指標であることは間違いありません。

 

ビットポイントの取り扱い銘柄(リップルの取り扱いあり)

ビットポイントで取り扱っている銘柄は、以下の5つです。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

仮想通貨としてもっとも有名なビットコインの他、アルトコインも4つあります。ビットコインよりも価格の変動が大きいので、リスクは高いですが、大きなリターンを狙いたい場合は、アルトコイン購入を視野に入れて良いと思います。

また、国内の取引所ではあまり多くない、リップル(XRP)を取り扱っているのも大きな特徴の一つです。

 

ビットポイントはセキュリティに関する安心感が◎

次に言いたいことは、セキュリティレベルの高さ。こちらに掲げているセキュリティ対策は、他の取引所と見比べても遜色ありません。それに加えて、先ほども少し書きましたが、ビットポイントの親会社はリミックスポイントという東証2部上場の大企業です。

こういった大企業がバックアップしているということで安心感はありますし、セキュリティ教育や、設備面にもきちんとお金をかけられるはずです

しかも、資本金も多いので万が一大きなトラブルがあってもすぐに対応できる。

その他の国内大手がやっている取引所と比較しても、安全な取引所の一つと考えることができます。

 

ビットポイントは海外にも支社がたくさんあり、事業拡大に勢いがある

さらに、ビットポイントは海外への事業展開を盛んに行なっているというのも、注目すべきポイントです。現在、中国、韓国、マレーシアなど4カ国に合計6拠点を持っています。

残念なことに、はっきりいって日本は、もはや仮想通貨後進国です。多分、中国から3週差くらい付けられてます。僕は海外の取引所の情報をかなり熱心に追っているので、わかってしまうのです・・・

そんな中、これだけ積極的に海外展開を図っているというのは、今後のますますの発展が見込めると判断できるし、長期的に使っていける取引所と考えていいでしょう。

 

ビットポイントは手数料も送金手数料も無料

ビットポイントでかかる手数料については、お金がかかるのは日本円の入金と出金だけ。取引手数料や、送金手数料も無料です。特に送金手数料が無料というのは珍しいです。

中級者以上になってくると、日本国内の取引所では買えない仮想通貨を買うために、海外の取引所を使う人も増えてくるのですが、海外の取引所は、日本円で仮想通貨を買うことができません。

どうするかというと、日本の取引所で仮想通貨を買って、海外の取引所に送金して、送金した仮想通貨で、別の仮想通貨を買う、という手順を踏むのです。

そして、その送金手数料は、一回数百円程度ではあるものの、頻繁にやってるとチリ積もで割とダメージを与えてきます。

その送金手数料が無料というのは、本当にありがたい。はっきりいって、送金手数料無料というだけで、僕はメイン取引所をビットポイントに乗り換えたくらいです。

 

ビットポイントのアプリが使いやすい

ビットポイントは、「Bitpoint Lite」という、機能を極端に少なくした、めちゃくちゃシンプルなアプリをリリースしています。

これが、初心者向けとしては、むちゃくちゃに良いです。

というのも、僕もそうだったのですが、「投資」とか「仮想通貨」とかって、それまで触れてきたことがない人からすると、めっちゃわかりにくいんですよ。

最初から「なんでもできます!」みたいなアプリに触ったって、わけわからなくなるだけです。

Bitpoint Liteは、仮想通貨の購入、売却、仮想通貨の現在価格の確認、資産の確認、くらいしかできません。

でもこれくらいのシンプルな設計の方がいいんです。

初心者のうちは、まず仮想通貨がどんな値動きをするか、どういう時に買ったら、売ったら、資産が増えるのか?など、少しずつ慣れるのが良くて、Bitpoint Liteはそのニーズを十分に満たしてくれるはずです。

 

手軽に扱えるのに、売買金額の差が小さい

Bitpoint Liteに関してもう一ついうと、これだけシンプルで使い勝手がいいにも関わらず、売買金額の差がかなり小さいという特徴があります。

そもそも、日本の仮想通貨取引所には、販売所形式と取引所形式の二つがあります。

ここでは、詳しい説明は省きますが、販売所形式は、お店を相手に、仮想通貨を売買するところ。取引所は、ユーザー同士で売買するところです。(ちょっと古い記事なんですが😅、こちらを見ていただくと、わかると思います。)

販売所形式は、わかりやすいので初心者にはおすすめなのですが、お店である取引所が持っていくマージンが高くつくので、売買価格の差が大きくなってしまいます。

ところが、BitPoint Liteでは、販売所形式のようにわかりやすく売買できるのに、売買価格の差が小さいのです

ビットポイントは、販売所ではなく取引所なので、価格差を小さくできているのですが、販売所「風」にアプリを設計することで、使いやすさと割安感を同時に満たしています。

いやー見事だと思います。

 

電話サポートあり

意外に思うかもしれませんが、仮想通貨取引所において、電話サポートサービスがあるところは多くありません。

周りの仮想通貨投資家に話を聞いても、ビットポイントは電話サポートあるからいいよね、というのが一言目に出てくるほど、良いサービです。

最初のうちは、よくわからないことが頻繁に出てくると思いますので、電話で聞ける、というのはかなり嬉しいですね。

 

まとめると

  • 資本金44億円で国内取引所の中では1位。
  • セキュリティに関する安心感◎
  • 海外にも支社がたくさんあり、事業拡大に勢いがある
  • 各種手数料が無料
  • アプリが使いやすい
  • 販売所形式のように手軽に扱えるのに、売買金額の差が小さい
  • 電話サポートあり

というわけで、まとめると、こんな感じになります。初心者におすすめできる、と僕がいう意味がわかるのではないかと思います。

では、ここからは、ビットポイントの登録から、通貨の購入までの流れを説明します。

 

BITPOINT(ビットポイント)に登録する

ではビットポイントの登録方法です。アプリもあとで入れるのですが、アプリでは入金ができません。パソコン、もしくはスマホで、登録から入金までは済ませましょう。

ここからは、パソコンでの作業解説になります。スマホで登録する方は、以下の記事を参照ください。

合わせて読みたい

 

 

まずは、ビットポイントにアクセスします。

こんな画面が出てくるので、「口座開設」をクリックします。

 

「個人のお客様」の「お申し込み」をクリックします。

 

登録には本人確認書類がいるので、準備しておいてください。

 

必要事項の記入、

 

本人確認書類のアップロードなどを実施し、

 

申し込み完了となります。

 

ハガキが届くまで待つ

3日ほどで、ハガキが届きます。初期ログインパスワードが記載されています。

 

ビットポイントのページにアクセスし、メールアドレスと、初期パスワードを入力してログインします。

 

ログインパスワードと取引暗証番号(4桁)を設定します。

 

勤務先なども入力。僕はここに不備があったみたいで、電話かかって来ましたw。ちゃんと記入してください😇

全て記入が終われば、登録完了です。

 

ビットポイントで二段階認証を設定する

二段階認証は、仮想通貨取引をする上では必須のセキュリティ対策です。必ず実施しましょう。

メニュー右上の「ユーザー設定」をクリックすると、以下のような画面になります。赤ワクで囲んだ所にチェックします。

 

終わったら、下までスクロールして「登録」とします。

 

こんな画面が現れるので、認証番号取得をクリックします。

 

メールアドレスに、認証番号を記載したメールが届きます。

 

送られてきた番号を入力して、「登録」をクリックします。

 

ここで、二段階認証アプリを、スマホにインストールします。もう一度書きますが、仮想通貨投資をする上で必須のセキュリティ対策ですので、必ずインストールしてください。

・Google認証システム

iOS:https://itunes.apple.com/jp/app/google-authenticator/id388497605?mt=8

Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.authenticator2&hl=ja

 

以下のような画面が現れますので、QRコードを、Google二段階認証アプリを使ってスキャンします。

 

Google認証システムを開いて、

 

以下のように「+」をクリックして、QRコード読み込みモードにします。

 

先ほどのQRコードを読み込むと、以下のように「BITPointJapan」という項目が追加されます。

 

次に、「バックアップコードの表示」というところをクリックして、表示される文字列を控えておきます。その後、二段階認証アプリの6桁のコードを入力、「確認」をクリックすれば完了です。

 

以降は、事あるごとに二段階認証が求められます。めんどくさいと感じると思いますが、セキュリティ管理は大事なことなので、我慢して使いましょう。

 

BITPOINT(ビットポイント)に日本円を入金する

次に、日本円を入金します。

ジャパンネット銀行、すみしんSBI銀行、イオン銀行の口座を持っている方は、即時入金が便利です。無料だし。

以下のように、「入出金・振替」→「即時入金」を選択します。

 

あとは、金融機関を選択し、入金額を入力、確認画面・・・と進んで言って、入金します。

僕は楽天銀行なので、「入金先口座情報」を選択。

口座が表示されるので、銀行から振り込みをします。

 

BitPoint(ビットポイント)のアプリを導入する

入金まで済んだら、ビットポイントのアプリであるBitPoint Liteを導入しましょう。iOS、Androidそれぞれのバージョンがあります。以下のリンクから、アプリをインストールしてください。

 

iOS:https://itunes.apple.com/jp/app/bitpoint-lite/id1354921468?mt=8

Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.bitpoint.bptradelite

 

アプリを起動すると、以下のような画面が出てくるので、メールアドレスとパスワードを入力しましょう。

 

こういう画面が立ち上がるはずです。

 

 

BitPoint Liteで仮想通貨を売買する

アプリを使って、仮想通貨を売買する方法を説明します。

まず、買いたい仮想通貨を、選択します。選択した仮想通貨の、価格推移が表示されます。

 

ビットコインが最も有名な仮想通貨ですが、日本で人気の高いリップルを買ってみます。Ripple(XRP)を選択し、「購入」をタップします。売却については、購入とほぼ同じ手順なので省略します。

 

こちらが注文画面です。買いたい数量を入力し、取引暗証番号(4桁)を入力して「注文」をクリックすると購入できます。

※仮想通貨は値動きが非常に大きいので、大きく稼ぐチャンスもありますが、その分リスクもあります。初めて仮想通貨を買うときは、「絶対に」少額にしてください。100円とかでも買えますので、買ってみて、どんな値動きをするのか体験してみると良いと思います。

 

数量入力欄の下にある、この数字の、「+」「−」をタップすることでも、入力ができます。例えば、10の横の「+」をタップすると、タップするごとに10、20、30、といった具合に、数量が増えていきます。

 

注文完了確認画面が出てきます。

 

BitPoint Liteで資産状況を確認する

買った仮想通貨が今いくらになったのか、など確認するため、資産状況確認状況を確認する方法を説明します。

左上のメニューボタンをタップします。

 

 

メニューが表示されるので、「資産サマリー」をタップします。

 

現在の資産状況を確認できます。

 

仮想通貨の数量が表示されている部分をタップすると、日本円換算での表示にすることもできます。

 

BitPoint Liteは初心者が仮想通貨投資に慣れるための優良ツール

繰り返しになりますが、初心者のうちは、まずは値動きに慣れることが最重要です。まずは、少額買ってみて、買った仮想通貨がいくらになった、などをウォッチしてみてください。

買ったときより価格が上がっていれば、売却して利益を出したり、反対に買ったときより価格が下がっていれば、買い増しをして、平均取得単価を下げる、といったことをやってみて、まずは利益を少しでも出すことを検討してみるのがいいと思います。

仮想通貨は、儲かることもありますが、やり方を間違えると大損するリスクもあります。リスクを減らす方法はいくつかありますが、最も効果的なのは、少額しか買わない、ということです。

5万円入金すると3千円分仮想通貨がもらえるので、その3千円分で運用してみる、とかでも良いかもしれません。とにかく、手出しを少なくすることが最大のリスク回避です。

BitPoint Liteは、初心者が仮想通貨投資に慣れるためにかなり優良なツールだと思います。焦る必要はないので、少しずつ、BitPoint Liteとともに初心者脱却を図りましょう!!

 

仮想通貨LINE@好評配信中!!!

ブログでは書けないあんなことやこんなこと、LINE@で配信しています!

初心者の質問も、雑談でも、仮想通貨に関することならなんでも聞いてください〜

仮想通貨の最新情報ツイート中!

仮想通貨の最新情報はツイッターで配信中!

上場イベント時は実況とかもしてるので、ぜひフォローしてください👍