この記事では、スマホを使ってBitpoint(ビットポイント)に登録する方法について書いています。

ビットポイントの特徴や、パソコンでの登録方法については、以下の記事を参考にしてください。

合わせて読みたい

 

登録は以下からどうぞ👇

 

BITPOINT(ビットポイント)に登録する

ではビットポイントの登録方法です。

まずは、ビットポイントにアクセスします。

 

こんな画面が出てくるので、「口座開設」をクリックします。

 

「個人のお客様」の「お申し込み」をクリックします。

 

登録には本人確認書類がいるので、準備しておいてください。

 

必要事項の記入、

 

本人確認書類のアップロードなどを実施し、

 

申し込み完了となります。

 

ハガキが届くまで待つ

3日ほどで、ハガキが届きます。初期ログインパスワードが記載されています。

 

ビットポイントのページにアクセスし、メールアドレスと、初期パスワードを入力してログインします。

 

ログインパスワードと取引暗証番号(4桁)を設定します。

 

勤務先なども入力。僕はここに不備があったみたいで、電話かかって来ましたw。ちゃんと記入してください😇

 

全て記入が終われば、登録完了です。

 

BITPOINT(ビットポイント)で二段階認証を設定する

二段階認証は、仮想通貨取引をする上では必須のセキュリティ対策です。必ず実施しましょう。

まずメニューを呼び出します。

 

メニュー画面の下の方の「ユーザー設定」をタップします。

 

赤ワクで囲んだ所にチェックを入れます。

 

終わったら、下までスクロールして「登録」とします。

 

こんな画面が現れるので、認証番号取得をクリックします。

 

メールアドレスに、認証番号を記載したメールが届きます。

 

送られてきた番号を入力して、「登録」をクリックします。

 

ここで、二段階認証アプリを、スマホにインストールします。もう一度書きますが、仮想通貨投資をする上で必須のセキュリティ対策ですので、必ずインストールしてください。

・Google認証システム

iOS:https://itunes.apple.com/jp/app/google-authenticator/id388497605?mt=8

Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.authenticator2&hl=ja

以下のような画面が現れますので、QRコードの部分を、長押ししてメニュー表示→Google二段階認証アプリで読み取ります。

 

アプリが起動し、こんなポップアップが表示されるので、「はい」をタップします。

 

 

アプリに、以下のように「BITPointJapan」という項目が追加されます。

次に、「バックアップコードの表示」というところをクリックして、表示される文字列を控えておきます。その後、二段階認証アプリの6桁のコードを入力、「確認」をクリックすれば完了です。

 

以降は、事あるごとに二段階認証が求められます。めんどくさいと感じると思いますが、セキュリティ管理は大事なことなので、我慢して使いましょう。

 

BITPOINT(ビットポイント)に日本円を入金する

次に、日本円を入金します。

ジャパンネット銀行、すみしんSBI銀行、イオン銀行の口座を持っている方は、即時入金が便利です。無料だし。

以下のように、「入出金・振替」→「即時入金」を選択します。

 

あとは、金融機関を選択し、入金額を入力、確認画面・・・と進んで言って、入金します。

 

僕は楽天銀行なので、「入金先口座情報」を選択。

 

口座が表示されるので、銀行から振り込みをします。

 

BITPOINT(ビットポイント)で仮想通貨を買う

いよいよ仮想通貨を買います。

仮想通貨の売買は、アプリでもできますが、アプリは指値注文しかできません。

指値注文は中級者向けなので、指値ってなに??っていう方は、アプリを利用すると、操作が簡単ですみます。

>>アプリ導入方法までジャンプ

 

ここではスマホブラウザからの注文方法を説明します。

まずはメニューから「仮想通貨取引」→「仮想通貨取引」と選択します。

 

通貨ペアというところから、買いたい銘柄を選択します。

 

今回はETHを買ってみました。ちなみに0.0001ETHから買えます。3円w。

以下のように、買いたい数量を入力し、成行か指値か選択、暗証番号を入力して「注文」をクリックします。

 

これで買えました。トップページで、保有通貨を確認することができます。

 

BITPOINT(ビットポイント)から送金する

最後にビットポイントから送金する方法です。

メニューの「入出金・振替」→「送金(送付)」を選択します。

 

銘柄を選択し、送金先アドレス、送金額を入力します。

メールに認証番号を送ってコード取得、さらに取引暗証番号を入力して、確認画面に進みます。

 

確認画面が表示されるので、「執行」します。

 

ちゃんと送れているか確認するには、「入出金・振替」→「送受金履歴」と選択します。

こんな感じで、履歴を確認できます。

 

送金するときは、何か不具合がつきものなんですが、電話対応もしてくれますので、安心感ありますね。

 

BITPOINT(ビットポイント)のアプリで売買する

入金まで済んだら、アプリBitPointLiteを導入しましょう。iOS、Androidそれぞれのバージョンがあります。以下のリンクから、アプリをインストールしてください。

iOS:https://itunes.apple.com/jp/app/bitpoint-lite/id1354921468?mt=8

Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.bitpoint.bptradelite

アプリを起動すると、以下のような画面が出てくるので、メールアドレスとパスワードを入力しましょう。

 

こういう画面が立ち上がるはずです。

 

BitPointLiteで仮想通貨を売買する

アプリを使って、仮想通貨を売買する方法を説明します。

まず、買いたい仮想通貨を、選択します。選択した仮想通貨の、価格推移が表示されます。

 

リップルを買ってみます。Ripple(XRP)を選択し、「購入」をタップします。売却については、購入とほぼ同じ手順なので省略します。

 

こちらが注文画面です。買いたい数量を入力し、取引暗証番号(4桁)を入力して「注文」をクリックすると購入できます。

 

数量入力欄の下にある、この数字の、「+」「−」をタップすることでも、入力ができます。例えば、10の横の「+」をタップすると、タップするごとに10、20、30、といった具合に、数量が増えていきます。

 

注文完了確認画面が出てきます。

 

BitPointLiteで資産状況を確認する

買った仮想通貨が今いくらになったのか、など確認するため、資産状況確認状況を確認する方法を説明します。

左上のメニューボタンをタップします。

 

メニューが表示されるので、「資産サマリー」をタップします。

 

現在の資産状況を確認できます。

 

仮想通貨の数量が表示されている部分をタップすると、日本円換算での表示にすることもできます。

 

 

BITPOINT(ビットポイント)は初心者から中級者まで、長く使える取引所

ビットポイントはアプリも使いやすく、長く付き合える取引所です。ぜひ使い込んで行きましょう。

 

仮想通貨は、その価格変動の大きさから、大きく儲かる可能性もありますが、大損してしまう可能性もあります。

色々と注意事項も書いていますので、特に初心者の方は、以下の記事をもう一度よく読んで、リスクを抑えるようにしてください。

合わせて読みたい

 

 

 

仮想通貨LINE@好評配信中!!!

ブログでは書けないあんなことやこんなこと、LINE@で配信しています!

初心者の質問も、雑談でも、仮想通貨に関することならなんでも聞いてください〜

仮想通貨の最新情報ツイート中!

仮想通貨の最新情報はツイッターで配信中!

上場イベント時は実況とかもしてるので、ぜひフォローしてください👍