昨今の取引所トークンブームに乗ずる形で、世界最古の取引所BTCCが再オープンしています。

配当80%の取引所トークンBTCCも発行します。取引所もトークンも名前が一緒でややこしいです😇

  • BTCCは元世界3大取引所
  • 配当80%のトークンを発行
  • 総発行枚数30億枚
  • 取引マイニングではなく、「Token Sharing」という新しい発行方式
  • プレ価格0.000333ETH(ちょっと高い)
  • 登録、KYC、入金でBTCCと交換できるポイントがもらえる

総発行枚数で換算すると、総額が250億円と高いのですが、BTCCのブランド力、今後への期待という面では、上場後、価格が上がる可能性が高いと踏んでいます。

だって例えば、OKExやHuobiが配当80%出します、って言ったら、死んでも買うじゃないですか?そういうポテンシャルを持ってると思うんですよ。

あとは、登録、KYC、5万円入金すれば、BTCCトークンと交換できるポイントが配布されているので、このポイントはまーもらっておいて損はないです。「BTCCリリース時に交換できる」と書いているので、期間限定の可能性も高いです。早めに登録しておきましょう。

※10/10 13時にBTCC/ETHが上場します

 

取引所BTCCの特徴

BTCCは、2011年にオープンした世界最古の取引所です。HuobiやOK Coinと並び、世界3大取引所とも呼ばれていました。

 

2017年9月に一旦閉鎖、からの復活

BTCCは、2017年の中国の強烈な規制の餌食になり、9月に一旦閉鎖しました。

その後、香港のファンドに買収され、再スタートをしたという経緯があります。

参考:停止した中国の仮想通貨取引所BTCC、事業を再開しネイティブトークン発行へ

ちなみに買収した香港のファンドの情報はシークレットなんですが、新興取引所として大飛躍中のABCCのCEO、Calvin Cheng氏が噛んでたりします

 

運営元に関する情報

CEOはBobby Leeという人で、ツイッターアカウントもあります。あんまりBTCCのこと呟いてないので参考になりませんw

参考:BTCCのCEO、Bobby Lee氏のTwitter Account

 

FIAT(USD)建でのトレードが可能

今の所、BTCCの取引所としての唯一の特徴かなあと思ってるのが、FIAT(USD)建でのトレードができる点かなあと思っています。

直接USDが取引所にブチ込めるというのは、ユーザーにとってはメリットですよね。

 

取引所の他、マイニングプールやモバイルウォレットサービスを展開

BTCCは、取引所の他に、マイニングプールやモバイルウォレットサービスも提供していたりします。

なので、配当80%とかで多少の赤字を出したとしても、他の事業で盛り返せたり、大胆なキャンペーンを打ち出せたり、各サービス利用者の相乗効果を狙えたり、といろんなマーケティングができる強みを持っていると考えられます。

 

取引所トークンBTCCの概要

BTCCの取引所トークンは、そのまんまBTCCという名前です。大まかな特徴は以下の通り。

  • 配当80%のトークンを発行
  • 総発行枚数30億枚
  • 取引マイニングではなく、「Token Sharing」という発行方式
  • プレ価格0.000333ETH(ちょっと高め)
  • 登録、KYC、入金でBTCCと交換できるポイントがもらえる

 

参考:BTCCホワイトペーパー

 

BTCCトークンの概略

30億枚のうち、51%がToken Sharingによって発行されます。

その他、プラットフォームやファンド、スーパーノードへの配分があります。

ちなみに、スーパーノードはこんな感じ。最近のイケてる中国ブロックチェーンプロジェクトに名を連ねるようなファンドとかではない気がします😅ここちょっと不安。

 

5%は、Seed round(プレセール)に割り当てられています(後述)。

 

Token Sharing

BTCCのもっとも大きな特徴が、Token Sharingという発行方式です。

が、ホワイトペーパーを読んでも、詳細がよくわかりません💦

プラットフォーム上で取引する各ユーザは、BTCCプラットフォームのトークン共有に参加することができる。 料金は各ユーザーの毎日の取引によって生成されます。 前日のBTCCトークンの平均価格に基づいて翌日に計算されます。

 

Token Sharingが目玉だと言いながら、この文章と、下のよくわからない絵しか情報がありませんw

 

限られた情報から想像すると、たぶん、こんな感じ。

  • ユーザーは資産をプールに突っ込んで、BTCCの手数料はそのプールから支払われる。
  • そして手数料が支払われると同時に、BTCCトークンが発行される。
  • 発行されたBTCCトークンは、プールに突っ込んだ資産に応じて、各ユーザーに分配される。

金持ちがより金持ちになるイメージで、おそらくPOSみたいなシステムに近いのかな??

あとは、BTCCをたくさん保有していると配当がたくさんもらえるので、BTCCを買い集める人がいるかもしれません。

 

BTCCトークンのプレセール(Seed round)価格

1ETH=3000BTCCというレートで、プレセールが実施されています。

プレセールで購入した分は、最初に30%がリリース、その後は毎月10%ずつが解放されるようになっています。

上場時の売り圧としては、そこまで警戒するようなものではないと思いますが、総発行枚数ベースでいうと、セール開催当時は500億円、10月現在では250億円です。

いくらBTCCが過去に素晴らしい取引所だったからといって、今は新興取引所に過ぎないので、これはちょっと高すぎると思います。

あとは、さっきも書きましたが、BTCCトークンを保有するインセンティブをいかに出してくるか、ですね。マイニングプールとかも収益ももらえないと割に合わないような😅

 

BTCCと交換できるポイントがもらえる

で、現在 BTCCと交換できるポイントが配布されるキャンペーンを実施しています。

  • 登録:1000ポイント
  • KYCレベル3まで実施:3000ポイント
  • 約5万円分の入金:3000ポイント
  • 友人の招待:3000ポイント

1000ポイントがどれくらいのBTCCになるのかはわかりませんが、まあもらえるもんはもらっておいて損はないかなあと思います。

 

BTCCの登録方法

というわけで、BTCCの登録方法、ポイントをもらうための手順を書いていきます。

以下ボタンから、BTCCにアクセスします。

 

こんな画面になるので、「REGISTER NOW」をクリックします。

 

BTCCにアカウント登録する

以下のように、必要な項目を入力します。④は僕の招待コードです。別に入れなくてもいいですが、入れてくれると、今後の情報発信のモチベーションになりますのでお願いします🙇‍♂️

全部入力したら、「Register」をクリックします。

 

すると、こんな画面が出てきますので、メールに送られてくるコードを入力して、「Submit」をクリック。

 

これで登録完了です。ログインしましょう。

ちなみにこの時点で、すでに1000ポイントです。

 

BTCCでセキュリティ設定をする

続いて、二段階認証を設定しましょう。取引所開設にあたって、絶対にやっておかないといけないセキュリティ設定です

以下画像のように、アカウントメニューから「User Setting」を選びます。

 

 

Security Settingから、Google 2FAの「Enable」をクリックします。

 

Google二段階認証アプリで、QRコードを読み取り、Keyはコピーして保管しておきます。その後、二段階認証アプリに表示されるコードを入力して、「Confirm」をクリックします。

 

これで完了。以降は、事あるごとに二段階認証を求められるようになります。

 

BTCCで本人確認をする(3000ポイント)

とりあえず3000ポイントをもらうために、KYCレベル3まで実施しましょう。

ちなみに、運転免許でも大丈夫のようです。

 

KYC Level2にする

アカウント画面から、以下のように「Identity Verification」→「Verify Now」を選びます。

 

以下のように項目を埋め、「Submit」をクリックします。免許証でも大丈夫そうです。最後の「Industry」というのはわかりにくいですが、職業のジャンル?みたいなもんです。まあ適当でもOKだと思いますw

 

KYC Level3にする

ひき続き、Level3にします。以下のように「Verify Now」を選択。

 

以下のように、証明書の画像をアップロードします。

 

提出から丸一日くらいで、審査が完了します。そして3000ポイントゲットです。

 

BTCCに入金する(3000ポイント)

ではBTCCに入金しましょう。上のメニューから、「Funds」→「Deposit」→「Crypto Assets」→入金したい銘柄、と選びます。

 

表示されるアドレスに送金すれば良いのですが、0.1BTC、1ETH、0.5BCH、5LTCのいずれかで3000ポイントもらえます。

今一番安いのは0.5BCHなので、BCHを送るのが良いかもしれません。

ちなみに最近おすすめの国内取引所として、送金手数料が無料のビットポイントがあります。海外取引所をメインに使っている方で、資金を頻繁に追加する方は、この機会に、ぜひ検討してみてください。

合わせて読みたい

 

 

BTCCで友人を招待する(3000ポイント)

友人を招待すると、最初の一人に限り、3000ポイントもらえます。条件は、自分のリンクを踏んでもらうことと、招待した人がKYCレベル3まで実施することです。

例えば、家族や友人とかの協力者がいれば、いけると思います。

やり方は、上メニューから「Reward Points」→「Invite Friends」と選択し、表示されたURLリンクを招待する人に踏んでもらいます。

 

ちなみに、同じReward Pointsメニューから、今自分が何ポイント持っているのか確認できます。

 

 

BTCCは期待度◎取引所トークンも熱いと思います

 

BTCCには過去の栄光がありますので、かなり注目されていると思います。普段取引所トークンとかに反応していない層も、けっこう騒いでいます。

おそらく、この地名度だけでもトークン価格が上がる可能性が高いと思います。

あとは、「Token Sharing」の詳細次第かなあと。画期的なもので、かつBTCCをたくさん持っているとお得感が出るような施作を出してくれば、もっといいですね。

というわけで、10000ポイント目指して頑張りましょう!

 

 

 

仮想通貨LINE@好評配信中!!!

ブログでは書けないあんなことやこんなこと、LINE@で配信しています!

初心者の質問も、雑談でも、仮想通貨に関することならなんでも聞いてください〜

仮想通貨の最新情報ツイート中!

仮想通貨の最新情報はツイッターで配信中!

上場イベント時は実況とかもしてるので、ぜひフォローしてください👍