プログラミング

CodeCamp(コードキャンプ)を無料体験してみた。太っ腹な内容で、不安も解消できた。

僕は現在プログラミングスクールを検討しているんですが、選択肢が多すぎるので、「完全オンラインで受講できる。」「無料体験ができる。」というところに絞って探しています。

インターネットに書かれている情報とか、よくわからないですよね。本当に知りたいことは、結局自分が体験しないとわからないんですよ。なので、この「無料体験」ってすごく重要だと思います。

前回の記事では、TechAcademyの無料体験記事を書きました。今回は「オンライン家庭教師。受講者数No.1」と銘打ったCodeCampの無料体験を受講してみました。

40分の面談だけの無料体験だと思っていたんですが、その実、かなり太っ腹な無料体験であることがわかりました。

これまた貴重な体験になりましたので、この記事をお読みのあなたにシェアしますね。

ぜひ、参考にされてください!

コードキャンプについては、以下のように他の記事も書いてますので、合わせて読んでみてください!

CodeCamp(コードキャンプ)とは?

まずCodeCampの特徴をさらっと書いておきます。

  • オンライン完結型スクールとしては老舗
  • 300社以上、20000人の受講実績あり
  • メジャーなプログラミング言語はほぼ網羅されている
  • メンターを指名できるマンツーマン指導を採用
  • 就職支援の仕組みもあり(就職が決まれば、ほぼ全額キャッシュバック。20代限定)
  • 料金は競合と比較して安い(ただしサービス内容が違う)
  • 体験レッスン&カリキュラム内容が確認できる無料体験あり

コードキャンプは、テックアカデミーと並んで、実績のあるスクールです。

プログラミングスクールは受講料がとても高いのですが、コードキャンプであれば、高いお金を払うリスクが低いといえるのではないでしょうか。

詳しくは、以下の記事にまとめていますので、読んでみてください!

コードキャンプの太っ腹な無料体験の概要

CodeCampの無料体験は、40分間のレッスン体験ができるというもの。だと思って受けたんですが、実は違っていました。

  • 40分間のレッスン体験(質問し放題)
  • 学習に使用するテキストのすべての目次を確認できる
  • 各学習項目の冒頭(3章分くらい)を見放題

そうです。テキストが見れるようになるんです。

プログラミングを学習する方法はたくさんありますが、教材が自分に合うか合わないか、というのはかなり重要なんですよね。

いざ高いお金払って入ったスクールで、教材が合わなかったらキツイですよね。

その点、CodeCampは、いったん無料体験してしまえば、すべてのコースで目次が見られるし、冒頭の3章分くらいをタダで見れる。

これなら、自分に合ってると思えば安心して申し込みできるし、はげしく自分と合わないなら、別んとこにしよーってできるわけです。

ちなみにテキストはこんな感じ。カテゴリごとに細かくページが分かれてます。

無料体験で、基礎くらいなら身に付けられちゃうんじゃないでしょうか?

コードキャンプの1レッスン40分無料体験談

さてここからは、僕が実際にコードキャンプの無料体験をしてきた体験談です。

コードキャンプを受講した場合の40分レッスンでは、学習を進める中でわからないところとかを聞く場です。

ですが、無料体験では、まずコードキャンプの担当の方から簡単に説明を受けて、あとは質問をひたすらしていく感じでした。

この中から、いくつかピックアップして内容を書いておきますね。

コードキャンプの方から聞かれたこと

まずは、コードキャンプ側から質問をされました。以下がヒアリングの内容です。

ここはきちんと考えておくと良いです。

じゃないと、コードキャンプ側も、「あなたにはどんなコースがおすすめ!」とかって判断しづらいですからね。

  • どういう目的でプログラミングを学ぶのか?
  • スクールを選ぶうえで、譲れないポイントは?
  • 勉強時間帯はいつか?
  • OSはWindows?Mac?

基本的なことばかりなので、単なるアンケートかもしれません笑

質問1 受講のイメージがよくわからない

次は、僕からの質問タイムです。

すでにちょっと書きましたが、まずは、受講のイメージを聞きました。

  • まずは、ユーザーがコードキャンプのテキストを見て、自習をする
  • わからないところが出てきたら、レッスン予約を入れて、都度解決させていく
  • 受講する頻度は、ユーザー側で自由に決めて良い。
  • 最初の方は、質問する頻度が高いが、徐々に頻度は減って、自分でガンガン進められるようになる場合が多い

さっきも書きましたが、コードキャンプのテキストを見つつ、ガンガンレッスンを入れて進めていく!っていう感じですね。

勧められたのは、最初に一回、講師に説明をしてもらってから、自習を進めるというスタイル。

確かに、初学者だと何がわからないかもわからないですからね。これがよさそう。

質問2 コースの長さはどれくらいにすべき?

次にコースの長さが色々あるので、みんなどれくらいにしてるのか。

コードキャンプ公式Webページより
  • だいたい皆さん4ヶ月くらい、レッスン回数は30~40回で、コードキャンプのテキスト内容はマスターする

質問3 もし6ヶ月コースを選んで、4ヶ月でマスターしちゃったら、残りの2ヶ月どうするのか?

だいたい4ヶ月くらいでカリキュラム内容はマスターするとのことですが、もし6ヶ月コースを選んだけど、4ヶ月でマスターしてしまったら、残りの2ヶ月はどうするんでしょうか。

  • 他の教材について質問したり、オリジナルアプリを作成するなどに時間を費やす
  • もちろん、テキスト外の内容でも質問してもらって構わない
  • コードキャンプのテキストで身に付けた基礎を、発展させていくのに使う人が多い

なるほど、そうやってさらに力をつけていくわけですね。オリジナルアプリの作成などもサポートしてもらえるのは良いですね。

質問4 コードキャンプでどれくらいの実力が付くのか?

プログラミングを学ぶというのは、到達目標があるわけですが、そこにどれくらいたどり着けるのか、気になりますよね。で、聞いてみました。

  • コードキャンプで学ぶことで、知識は十分現場で通用するレベルに到達できる。
  • だが、実践となると知識以外の「仕事としての視点」が当然必要になる。
  • これは、実際に仕事をしないと身に付けることはできないだろう。
  • ただし、レッスンではエンジニアに話を聞けるので、そこである程度ノウハウを学ぶことはできる

なるほどー!これはとても勉強になりました。こういう「プログラミング学習の先」の情報を生で得られることこそ、無料体験の醍醐味ですよね。

質問5 オンラインの強みって何でしょうか

僕は地方に住んでいるので、オンライン型しか無理なんですけど、教室型とかの方が良かったりするんじゃねーの?自分、不利なんじゃねーの?って思うことがなくはないんですよね。

無料体験の時間も余ってたんで、聞いてみました。

  • 教室型は、共通目標を持って頑張るのでモチベーションを維持しやすいと思う。
  • でも、周りの空気を読んで質問ができなかったりして、自分の躓きを解決できない
  • 周りと比べてしまって、変に焦ることもある
  • オンライン・マンツーマンであれば、モチベーションは講師がついているから安心だし、躓きを自分のペースで一つ一つ解消できる。
  • 周りと比べて遅いとかは関係なく、理解できたかが重要。

ですよね!ありがとうございます。不安1個解消。良い言葉いただいたなー

最後に:無料でも得られることは多かった。

というわけで、コードキャンプの無料体験でした。

コードキャンプは、力をつけられるという確証は得られたし、レッスンの受講時間が長いのがいいですね。

ただ、テキストは、ちょっと僕には合わないかも・・・って感じがしました。

無料体験は色々受けてるんですが、無料体験するたびに、不安がなくなっていくのを感じます。

それに、複数のスクールを見てみると、インターネットの情報ではわからないメリットやデメリットが見えてくるものです。

だってインターネットの情報って、自分専用にカスタマイズされてないじゃないですか。

なので、とにかく無料でできることは、とことんやってみることが大切です。悩んでる時間も、無料体験する時間も、同じですからね。(僕は逆に無料体験できないとこには絶対に行きません)

ぜひ、気軽に受けてみると良いですよ〜

申し込みはめっちゃ簡単です。

まず無料体験を受けたい日程を選択して、

メールアドレスを入力するだけです。