コインチェックは2018/1/26、ハッキング事件により数百億円分の仮想通貨が不正に出金されました。 実施しているとしていた、重要なセキュリティ対策を、実際には実施していなかったことが原因のようです。 コインチェックの安全性が確認できるまでは、当面口座開設をしないよう、お願いいたします。 これから口座開設をするなら、初心者の方であればビットフライヤーをお勧めします。

どうも、穂北です。

この記事では、CMでおなじみ、日本一簡単に取引が始められる仮想通貨取引所、コインチェック(coincheck)の登録方法・使い方をまとめています。

仮想通貨の投資を開始するには、「取引所」に口座を開設し、日本円を入金し、取引所から仮想通貨を買う、もしくはユーザー同士で売買取引をする必要があります。こう書いただけでめんどくさいですね!

コインチェックはそんな取引所の一つですが、とにかく操作性が良く、わかりやすい画期的なサービスで、これから仮想通貨を始める人にはまさにうってつけのサービスなんですよー。

さらに、セキュリティ面でも安心だし、ビットコインの取引量は今や日本一。仮想通貨をこれから始める人は、「まずはコインチェック」がスタンダードになってきていると感じます。僕もメインで使っています。

 

今回は、そんなコインチェックの登録方法から、実際に仮想通貨を買うための方法を紹介します。

 

 

登録方法だけ知りたい人は、こちらからどうぞ。

 

さっと読むための見出し

とその前に、ビットコインとは何なのか

簡単にビットコインのことを説明しておきます。ビットコインはいわゆる「仮想通貨」と呼ばれるものです。

何はともかく、一番重要なことは、この仮想通貨の価格がめちゃくちゃ上がってることです。何と一年で9万円から200万円(21倍)になりました。

 

仮想通貨は、為替でドルと円を交換するのと同じように、ビットコインと日本円を交換することができます。つまり、もし100万円分のビットコインを、去年買っていたら・・・

今頃2000万円です。

すごくね?って思いますよね。

僕も、すごくね?って2017年の2月に思って、買いましたから。その時点ですごくね?だったんですけどね、今まじやばいっすよね。

そんな訳で、めちゃくちゃ話題になってるんですねー。2017年の流行語大賞7位にもなったくらいだから、みんな「何か知ってる状態」ではあると思います。

 

ビットコインは一体なぜこんなに価格が上がっているのか?

このビットコイン、通貨と名前が付いているので、お金なのかと思いきや、実態はただのデジタルデータです。そんなただのデータに何でこんなに価値がつくん?と思いますよね。

ビットコインはどう使われるかというと、現在のところ、メインでは送金に使われてます。送金。お金の情報をデータに変えて送るということです。

今、日本からアメリカにお金を送ろうとしたらどうなるでしょうかねー。実際やったことないんでわかりませんが、銀行に行って、日本円をドルに替える的な手続きをして、銀行に無駄に高い手数料を払って・・・

はい、仮想通貨だと、全部いりません。あなたは、家でインターネットを経由して日本円をビットコインに替えて、送りたい人のアドレスにビットコインを送って、送られた人は、インターネットを経由してビットコインをドルに替えるだけ。

手数料は若干取られますが、銀行に頼むより格段に安くすみます。

ビットコインは、そんな「送金を革命的に変えるもの」なんです!

ビットコインを支える技術は、「ブロックチェーン」と呼ばれますけど、これ、応用がめっちゃ効くってことで、今スッゲー盛んに開発がされてますよ。ガンガンです。今後数年のスーパートレンド用語になるので、ぜひ覚えておいてくださいね!

 

ビットコイン(仮想通貨)は、どこで買えるか

ビットコインは日本円で買えるよ〜っていう話を書きましたけど、どこで買えるのかという話ですよね?

あの鬼のような右肩上がりを見せられたら、買いたくなりますよね。「絶対儲かるやつやん!はよどこで買えるんか教えろや!」って思いますよね。

そういう人は、僕と一緒です。友達になってください。

で、ビットコインは、仮想通貨の「取引所」と呼ばれるところで買えます。コインチェックは、そんな「取引所」の一つで、日本で一番ビットコインが売れてるとこです。

まあここでビットコイン買えば間違いないです。

 

みんながコインチェックを選んでいます

すでに書きましたけど、コインチェックは、取引高も、アプリ利用者数も、日本一です。たくさんの人が利用してて、たくさんのビットコインが取引されています。

つまり、みんなが、数あるビットコインの取引所の中から、コインチェックを選んでいます。

もうそれだけで、ここで買えばよくね?って思いますけど。じゃあなんでみんなコインチェックを選ぶんでしょうか?

 

コインチェックが選ばれる理由1 初心者でも簡単にビットコインを買える

なぜコインチェックが選ばれるのかを言ってしまうと、徹底的に「初心者目線」で作られていることだと考えています。

特に、ビットコインを買うってなった時、下手に他の取引所でやると、痛い目にあう・・・っていうか、多分買えません。わからなくて。

僕もそうなんですけど、投資は仮想通貨が初めてです!という人はかなり多いんですよね。ちょっとね、他のとこ、ハードル高すぎるんですよ。

 

コインチェックは、取引所ではなく販売所

コインチェックは、一応仮想通貨の「取引所」として分類はされるのですが、実態は、取引所ではなく販売所という形式を取ります。

取引所は、安く通貨を買えるというメリットがある反面、慣れてないとわかりづらいです。反対に、販売所は、手数料を高く取られてしまうものの、普段から親しんでいる購入方法だと言えます。

 

取引所とは?

取引所は、買いたいユーザーと売りたいユーザーを結びつけるのが仕事で、少量の手数料を払うことで、ユーザー同士で自由にやりとりができます。

取引所では、下の画像みたいな「買い板」「売り板」という注文表を見ながら、ユーザーAがいくらで買う!ユーザーBがいくらで売る!みたいなやりとりが行われます。

ちなみにこれは、コインチェックと人気を二分するビットフライヤーという取引所の注文形式です。

意味わかりますか?僕は、今でこそわかりますが、仮想通貨始めたての頃には全くわかりませんでした。ビットフライヤーも同時に開設してみたものの、ナニコレ?となって、コインチェックに乗り換えたんですよね〜

 

販売所とは

コインチェックは販売所です。つまり、あなたがコインチェックというお店に行って、仮想通貨を買ったり売ったりする、というイメージです。

買うときは、なんのコインを、どれだけの数量買うよーみたいに、簡単です。

これなら初心者でも簡単に買えます。ちなみに500円分から買えます。

 

販売所のデメリット

ただし、まあ面倒ごとを省いて簡単に売買ができるようにしている分、手数料が結構取られてしまいます。コインチェック最大のデメリットです。

でも、それを補って余りあると思うのが、そのユーザーインターフェースの圧倒的な良さだと思います。

 

コインチェックが選ばれる理由2 コインチェックは、異常なほど使いやすい

コインチェックは、使いやすさが半端じゃなくて、ここも初心者に優しいポイントです。操作も簡単だし、画面も見やすいし、初心者には本当に素晴らしい画期的なインターフェース。

こりゃーこんだけ使いやすければ、みんなどんどん参入してきます。特にアプリはやばいです。神アプリ。

僕も初心者の頃は、チャートとか見てもよくわからんかったんですが、チャートは仮想通貨取引の命です。これの見やすさは本当に大事。

 

あと、こんな感じで、どんな仮想通貨をいくつ持ってるとか、すごく綺麗に表示してくれます。(あとで、ビットコイン以外の仮想通貨についても触れます。)

 

さらに、ウィジェットでさっと現在価格を確認できます。スマホのパスワード打たなくても確認できるので、仕事中のサラリーマンがちらっと価格チェックしたくなった時でも、上司にバレません笑

 

ね。実際使ってみて欲しいところですが、操作もほぼ1~2タッチで行きたいところにすぐに飛べるんですよ。まじすごいです。

さて、少しフライング紹介しましたが、コインチェックの注目ポイントは、何と言ってもこれ!!!

 

コインチェックが選ばれる理由3 「仮想通貨はビットコイン」からの脱却

コインチェックの最大の特徴とも言えるのが、取り扱い仮想通貨の数が多い事です。仮想通貨=ビットコインという認識の方はまだまだ多いと思いますが、仮想通貨は、実は数えるのが不可能なくらいに存在します。

ビットコイン以外の仮想通貨のことを、アルトコイン(もしくはオルトコイン)といいます。コインチェックでは、日本の取引所では最多となる13種類のビットコイン+アルトコインを取り扱っています。

それからこれは大きな声で言いたいんですけど、

アルトコインの価格上昇率は、ビットコインの上昇率よりも大きいです。

 

コインチェックで取り扱っているアルトコインの価格爆上げっぷり

いやまじで。それぞれの通貨の簡単な説明と、それぞれ2017年の1年間で何倍になったのかを紹介しておきますね。これを見れば、胸が踊りますよホント。

  • イーサリアム:150倍。ビットコインの送金機能に加え、「契約」を交わせる機能を追加したもの。
  • イーサリアムクラシック:36倍。イーサリアムのバージョン違い。
  • リスク:300倍。契約機能に加え、メジャーなプログラミング言語のjavascriptを採用している。
  • ファクトム:30倍。機密情報管理を目的としたもの。
  • モネロ:45倍。取引の匿名性を高めたもの(ビットコインは匿名性が皆無)
  • オーガー:25倍。未来予測市場(ギャンブルとか)への適用を目指すもの。
  • リップル:500倍。超高速送金が可能。銀行が続々と採用している。
  • ジーキャッシュ:29倍。取引の匿名・公開を選べる。
  • ネム:500倍。コミュニティ志向。メッセージとか送れる。
  • ライトコイン:89倍。ビットコインの機能を大幅に改善したもの。
  • ダッシュ:125倍。匿名性が高く、即時送金が可能。
  • ビットコインキャッシュ:13倍。高機能なビットコイン。8月に誕生。

こんな感じで、ビットコインよりも機能が拡張された仮想通貨アルトコインが、軒並み爆上げをしているのです。魅力ありありですよね〜

ぜひ、ビットコインだけじゃなくて、アルトコインにも手を出してみてください。

 

コインチェックが選ばれる理由4  最高峰のセキュリティ

金融機関なんで、どこの取引所でもセキュリティレベルはある一定の基準を満たさないといけないのですが、コインチェックはさらに、100万円分の盗難補償があります。この補償を付けたのは、コインチェックが初です。

今や仮想通貨のリスクって、なりすましログインくらいしかないんですよね。で、その最大のリスクを、きちんとカバーしてくれる仕組みを持っています。

ちなみに、コインチェックは資本が弱いから、資本が大きいビットフライヤーの方が安心、みたいな意見もあります。

いや、いち早く補償をつけたの、その資本が小さいコインチェックですからね?ビットフライヤーさん、明らかに追随してますから。

コインチェックで大丈夫ですよ。

 

【注目ポイント】僕がコインチェックをオススメする本当の理由

さて、あんまり誰も言わない、僕がコインチェックをオススメする理由を書いておきましょう。

あなたは投資において一番重要な事が何か、知っていますか?

それは、あなたが何に投資しているのか、きちんと知る事です。

お金って大事じゃないですか。そんな大事なお金。「ん〜なんかわかんないけど、これ!」とかよくわからんものに投資しますか?

しないですよね。普通。できない。

普通、投資するっていうと、その投資しようとしてる対象がどんなもんで、将来性があるのかどうかとか、あーだこーだ、情報をせっせと調べるところから開始するんですよね。

でも、僕、意識低いんで、できればそんなめんどくさい事したくないんです。

 

コインチェックは意識低い系のための取引所です(断言)

そこでコインチェックですよ。

コインチェックは、他の取引所と比較して、取り扱っている仮想通貨が多いと書きましたが、一度海外の取引所などに目を向けてみると、コインチェックは全然少ない方です。200種類の通貨を扱っているところすらあります。

じゃあ、コインチェックは、そんな数百か数千かわからん仮想通貨の中から、どうやって13種類に絞ってるんでしょうか?

まあ基準はよくわかりませんが、実際取り扱ってる通貨は上がってきてるわけですよね。

コインチェックは、仮想通貨屋です。仮想通貨屋に置いてるもんを、信用すればよくないですか?

昔の偉い人は、「餅は餅屋」って言いました。仮想通貨は仮想通貨屋です。この仮想通貨屋、日本一らしいし。

あのセレクトショップのビームスとか行ったら、よく知らん海外のブランドやけど、「ビームスにおいてあるくらいやし」、みたいに思って服買うじゃないですか。

一緒です。一緒。

日本一の仮想通貨屋が取り扱ってる通貨なら間違いないでしょ。

安心して買いましょう。

 

コインチェックでビットコインを買うときの注意点

ここまで、たくさんコインチェックの良いところを紹介してきましたが、2、3点、利用するときの注意点を話しておきましょう。

 

二段階認証は絶対にしましょう

これはコインチェックに限ったことではありませんが、二段階認証は絶対に行ってください。一応盗難補償はありますが、それは二段階認証を行った人にしか適用されません。

まずは自分の身を守りましょう。

登録が済んだら、「ホーム」→「取引所」→「設定」→「二段階認証」と進んで、確実に設定してください。

 

チャットの情報を鵜呑みにしない

コインチェックにはチャット機能がありますが、ここには「○○が上がりそう」とか「○○がこの値段で買えるのは今だけ!」とか、かなり買い煽りがあります。

僕は短期トレードとかもしてるので、ある程度チャートは読めるんですが、明らかに下がりそうだな、と感じても、チャットで「上がりそう」って書かれると、「う・・・やっぱ上がるんかな?」とか思います。

初心者は、適当に言ってるだけだし、上級者は、自分が買った通貨を他の人にも買わせて、価格を釣り上げ、利益を得たら売ってきます。

気をつけてくださいね。

 

頻繁に売買をしない

これは重要です。コインチェックは手数料が高いと書きましたが、実際に買ってみたらどうなるか、見ておきましょう。

まずは、ビットコインの現在価格。1,891,915円です。

 

購入画面に行ってみると・・・

レートが1,921,173と、約1.5%増えています。これが手数料です。

では売却画面に行ってみると・・・

 

今度は1,864,087円。1.5%減っています。

ということは、今ビットコインを買って、すぐに売ったら、3%損することになります。

頻繁に売買をしてはいけないというのはこういうことです。

心配しなくても、買ったまま放置しておけば、一年後には10〜100倍とかになるのにね。自分が買ってない他の通貨が上がってくると、ついそっちに行きたくなるんですよね。

で、移した瞬間に、もともと持ってた通貨が上がっていくんですね。

 

はい。僕のことですよ。絶対ダメですからね。

 

ではいよいよ、登録方法を見ていきましょう。

 

コインチェックに登録する

まずは、コインチェックにアクセスします。

 

 

トップ画面はこちら。

 

下にスクロールして、以下赤枠のところにメールアドレスとパスワードを入力し、「登録する」をクリックします。

 

こんな画面になります。

 

メールが届きますので、メール本文中のリンクから、再度coincheckページに飛びます

 

これで登録完了。

 

コインチェックで本人確認をする

あらためてcoincheckにログインすると、以下のようなチュートリアル画面が出てきます。「本人確認書類を提出する」をクリックします。

 

まずは電話番号認証をします。携帯電話の番号を入力して、「SMSを送信する」をクリック。

 

こんな画面が出てくるので、「OK」を押してください。

 

ショートメッセージが届くので、そこに記載されている番号を、「送信された認証コード」欄に入力し、「認証する」をクリックします。

 

電話番号認証は完了しました。日本円を入金する」をクリックします。

 

 

こんな画面になりますので。「本人確認書類を提出する」をクリックします。

 

書類提出するかと思ったら、重要事項同意画面に行きます。重要事項に目を通したら、チェックボックスを全部チェックし、「各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用する」をクリックします。

めんどくさいと思いますが、ちゃんとやってる会社なんだなーとわかってもらえるのではないでしょうか。

 

本人確認ページに移ります。

 

画面スクロールして、個人情報を入力します。

 

免許証を持った自分の写真を添付します。

 

あとは免許証の表と裏。

 

入力と画像貼り付けが終わったら、以下のチェックボックスにチェックして、「本人確認書類を提出する」をクリックします。

 

即日か、翌日には確認完了のメールが届きます。12月時点では即日でした。

 

これで一応、入金や仮想通貨の購入はできるようになります。メールに書いてる通り、ハガキが届くと、全ての機能が使えます。

 

コインチェックで二段階認証を設定する

入金をする前に、二段階認証を設定しておきましょう。セキュリティを万全にするために、絶対にやってください!

上部のメニューから「二段階認証」を選んで、「設定する」を選びます。

 

こんな画面が出てきますので、二段階認証システムアプリを起動して二段階認証を設定します。

 

もしもまだアプリ入れてなかったら、以下リンクから、インストールしましょうー

・Google認証システム

iOS:https://itunes.apple.com/jp/app/google-authenticator/id388497605?mt=8

Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.authenticator2&hl=ja

Google認証システムに、以下のように「●●/coincheck…」という項目が追加されます。

 

この数字を、以下の赤枠内に入力して、「設定する」をクリックします。

 

これで設定完了です。

 

 

コインチェックで日本円を入金する

さてようやく日本円の入金です。

まずは、「トップページ>取引所>入金」と選択します。

 

オススメの入金方法は、銀行振込か、コンビニ入金ですので、この方法を説明します。

 

銀行振込で入金する

タブから「銀行振込」を選択して、表示された銀行口座に振込します。ゆうちょ銀行でも、メガバンクでも、地方銀行でも、どっからでもOKですので、 ATMとかに行って振込ましょう。

 

銀行の振込完了までに少し時間がかかりますが、銀行の振込手数料のみでOKです。銀行の振込手数料もかけたくない場合は、りそな銀行か、SBIネットバンクに登録し、そこから振込ましょう。

 

コンビニ入金

手数料が少し高いですが、入金してから10分後には反映されますので、急ぐ人にはオススメ。

入金額を入力したら、「決済申請」をクリックします。

詳しくは、コインチェック公式の「コンビニ支払い方法」を参照ください。

 

 

コインチェックで仮想通貨を買う

いよいよ仮想通貨を買います。トップページから、上部の「ウォレット」を選択します。

 

ウォレット画面で、「コインを買う」を選択します。

 

こんな画面になります。買いたい仮想通貨を選んで、欲しい数量を入力したら、「購入する」をクリックします。

 

ホーム画面に戻ると、こんな感じで総資産を確認できます。

 

 

コインチェックで仮想通貨を始めてみよう

仮想通貨は、値動きが激しく、投資向きではないと言われますが、中長期で見れば、かなり成長してます。

デイトレードみたいなことをしてハイリスク・ハイリターンを狙うのではなく、中長期的な運用をすれば、適当にやってても稼げる可能性が高いです。

ちなみに僕は、「勉強のため」に仮想通貨投資を始めました。最初は超少額1500円スタートですからねー。

色々リスクはありますが、少額で始めるのが一番低リスクです。最初から大儲けしようなどと思わず、少額で仮想通貨を買ってみて、勉強しながら徐々に金額を増やしていきましょう。

未来のことはわからないので、余裕のある範囲で、まずはcoincheckに登録して、様子見しつつ運用開始してみてはいかがでしょうか。

 

 

初心者に超おすすめの渾身の記事!

筆者の1年間の仮想通貨投資ノウハウを詰め込んだ渾身の記事です。これから仮想通貨を始めてみたい方はぜひどうぞ~

おすすめ記事