今日はCubego(キューブゴー)というブロックチェーンゲームの紹介をします。

キューブゴーは、ブロックチェーンゲームでもっとも有名と言っても過言ではない「イーサエモン」の開発会社が手がける新作ブロックチェーンゲームです。

簡単に内容をまとめると、こんな感じです。

  • キューブを使って3Dキャラクターを作れる
  • 作ったキャラクターを使って、他ユーザーと対戦できる
  • 作ったキャラクターはブロックチェーン上にトークンとして保存され、取引できる

対戦のデモも見ることができます。左側のキャラはよくわかりませんが、右は桃太郎ですね。ぱっと見はマインクラフトっぽい。

 

というわけで、この記事では、Cubego(キューブゴー)の紹介をしたいと思います。

 

Cubego(キューブゴー)とは

ではもう少し詳しくキューブゴーを見ていきましょう。

 

キューブとは

キューブゴーでいう「キューブ」とは、3Dキャラクターを創るためのブロックのことです。

キューブには、それぞれレアリティが設定されていて、レア度が高い素材を使うと、キャラクターの強さが高くなる仕組みです。

 

キューブで作ったキャラクター「キューブゴン」

で、キューブを組み合わせて作ったキャラクターのことを「キューブゴン」と呼びます。

キューブゴンを構成するキューブのレア度によって、キューブゴンの強さが決まり、合計レア度ごとに、以下のような「格」がつけられます。

ちなみに最高の格である「ゴッド」にするにはどんな素材がいるのか??という考察記事もありますので、興味ある方は読んでみてください!

参考:目指せ、ゴッドキューブゴン!CUBEGOのキューブ素材を徹底解析

 

ユーザー同士のキューブゴンを戦わせる

ユーザーが作ったキューブゴンを、他ユーザーのキューブゴンと戦わせることができます。

先ほど書いたキューブゴンの強さのほか、バトルの勝敗には属性やスキルなどの要素も絡んでくるので、戦略性も求められるようです。

 

作成したキューブゴンをマーケットで売買できる

ブロックチェーンゲームには、ゲームをしながらお金を稼ぐことができるという最大の特徴がありますが、キューブゴーでももちろん可能です。

作成したキューブゴンは、トークンとして保管されるのですが、マーケットで売買をすることができます。(現状では、12月下旬に実装予定とのこと)

造形がいいキューブゴンや、レア度の高いキューブを使ったキューブゴンは、高値で取引がされると予想されます。

クリエイターはキューブゴンで一儲け、とかも夢ではなさそうですね・・・(僕にはムリ)

ちなみに、ユーザーが作成したキューブゴンはブロックチェーンに記録され、著作権はスマートコントラクトで管理されるので、造形をパクることはできません。

量産型がたくさん出てきて、いい造形のものが値下がりしてしまう・・・といった心配もありません。

 

Cubego(キューブゴー)のパートナーシップが強力

前作のイーサエモンもそうですが、キューブゴーのパートナーシップはかなり強力です。

まず、アドバイザーにKyber NetworkのCEO、Decentralandのプロジェクトリーダーが名前を連ねています。ともに時価総額100位前後の優良プロジェクト。

 

さらにパートナーとして、ZilliqaやCoinbase(Wallet)が挙げられているなど、まじでもう目を見張るもんがあります。

単にゲームという側面だけではなく、ブロックチェーンのプロジェクトとしても優秀だと言えるのではないでしょうか。

 

Cubego(キューブゴー)のロードマップ

キューブゴーの開発ロードマップはこんな感じになってます。

  • ランキングモード:キューブゴンが順位を競い、更にバトルを盛り上げます。
  • クラフト:キューブゴンを強化する為の武器や道具を創る事ができるようになります。
  • クラン・クラン戦:キューブゴンのクランを結成し、ミッション達成、ダンジョン攻略や他のクランに挑む事ができるようになります。
  • キューブゴーデー:オフラインサミットを開催、その場でキューブゴンを創り、トーナメントを行います。
  • AR & VR:キューブゴーの世界がまた新たな次元に突入するところをお見せします。

キャラクターが売買できるマーケットや、ユーザー同士で対戦ができる機能が予定されている他、2020年にはAR、VRの実装が予定されています。Decentralandとのパートナーシップがここに活かされてきそうです。

 

Cubego(キューブゴー)のプレセールが11/30まで開催

キューブゴーでは、11/30まで、キューブを安く購入できるプレセールを実施しています。プレセールでは、通常の10%オフでキューブを購入することができます。

ラインナップは、エピックレア、レアのキューブ。

 

さらに5%お得に買えるウルトラパック。

 

プレセールで買うというのは、現在の相場的にいいか悪いかはわかりませんが、先日、有名なファンドのCEOが底打ちしたと判断したツイートもありましたので、まあ時期的に悪くはないのかもしれません。

ちなみに彼がツイートしている$MANAというのが、Decentralandのことです。いいですね。

 

Cubego(キューブゴー)の登録方法

ではキューブゴーの登録方法をみていきましょう。

 

メタマスクを準備する

まず、キューブゴーに登録するには、メタマスクを導入する必要があります。

メタマスクはGoogle Chromeの拡張機能です。以下を参考にして、メタマスクを導入してください。

合わせて読みたい

 

メタマスクのETHアドレスとメールアドレスを登録する

メタマスクを導入して、キューブゴーのページにアクセスします。

 

メタマスクが自動で同期してくれます。署名を求められるかもしれない(うろ覚え)ので、求められたら「署名」をクリックしてください。

その後、登録フォームにメールアドレスとユーザー名を入力して、「登録」をクリックします。

 

確認画面が出てきますので、「キューブゴンを創る」をクリックします。

 

キューブゴンを創る

登録すると、300個のプラスチックキューブがもらえるみたいです。それで、キューブゴンを創ってみることができます。

 

感覚で、だいたい創ることができると思います。僕はこういう作業が苦手なので😅、ちょっとサボってこんなのを作りました。

最近お世話になっている「漢組」の漢という漢字です。

 

まだ登録はできませんでした。

 

キューブゴーのプレセールに参加する

プレセールは、上部メニューの「公式ショップ」から参加することができます。

 

買いたいパックを選んで、

 

クリックすると購入画面に移ります。

 

Cubego(キューブゴー)気になったら、まずは触ってみよう

キューブゴーは、ブロックチェーンゲームとして普通に完成度高そうですし、イーサエモンチームの新作ということで、ユーザーもそれなりに多いのではないかと思います。

メタマスクさえ導入していれば、無料でキャラクターを創ったりもできるので、気になったらまずは触ってみてはいかがでしょうか。

 

仮想通貨LINE@好評配信中!!!

ブログでは書けないあんなことやこんなこと、LINE@で配信しています!

初心者の質問も、雑談でも、仮想通貨に関することならなんでも聞いてください〜

仮想通貨の最新情報ツイート中!

仮想通貨の最新情報はツイッターで配信中!

上場イベント時は実況とかもしてるので、ぜひフォローしてください👍