仮想通貨

【登録1万人まで特典あり!】NEOベースDEXのEPIPHANYがオープンベータ版リリース!

NEOベースの分散型取引所(正しくは、中央集権と分散型のハイブリッドとのこと)、EPIPHANYがようやくオープンベータ版リリースに至りました。

合わせて読みたい

 

上の記事内で懸念していたように、開発チームの人材不足からか、だいぶ遅れてしまっていますね。

ですが、NEOベースのプロジェクトで、かつDEXの要素を取り入れた取引所ということで、面白いプロジェクトであることは間違いありません。(面白いですよね?僕は面白いと思うんですけど😅)

そんなEPIPHANYがオープンベータ版リリースに合わせて、登録先着1万人まで、特典を受けられるキャンペーンをやっています。

今のうちなら、「Founding Member」という特別会員になれて、エアドロップなどを受けられるとのことです。

12/13の昼の時点で7500人ほどでしたので、興味ある方は急いで登録してください。

この記事では、Founding Memberになるために必要な、アカウント登録、Google二段階認証、KYCの手順を解説します。

なお、オープンベータ版以前に、エアドロップのアカウントをすでに持っている方も、一旦ログインしないとFounding Memberにはなれませんので、注意してください。

 

EPIPHANYに登録する

まずは、EPIPHANYにアクセスします。

 

登録画面が出てきますので、以下のように必要項目を入力してください。

Invitation Codeには、「xbTj8P」と入力してもらえると、僕はとても嬉しいです。

 

スライドさせるパズルをやります。

 

これで登録は完了です。ログイン画面になりますので、必要事項を入力してログインしてください。

 

EPIPHANYでGoogle二段階認証を設定する

ログインすると、現在何人登録してるよ、登録して24時間以内にGoogle二段階認証とKYC提出をしたらFounding Memberになれるよ、といったことが書かれています。

以下の赤ワクのところをクリックします。


 

アカウントページに移動するので、以下の赤枠のGoogle Auth code 「Bind」をクリックします。

 

以下の画像を参考に、Google二段階認証アプリで、QRコードを読み取り、Keyはコピーして保管しておきます。その後、二段階認証アプリに表示されるコードを入力して、「Bind」をクリックします。

 

EPIPHANYでKYCを実施する

次にKYC(本人確認)を実施します。

アカウントページで、「KYC」タブを選択し、以下の画像のように必要事項を入力、証明証の写真を添付して、「Submit」をクリックします。

 

KYC認証には、数時間〜数日かかると思います。

Google二段階認証と、KYCまで完了すると、以下のように「Founding Member」という表記がされます。

 

EPIPHANYにEPNを入金する

最後に、念の為、すでにEPIPHANYのネイティブトークンEPNを持っている人のためにEPNを入金する手順を説明します。

アカウントページから以下のように「My Asset」を選択し、EPNの「Deposit」を選択します。

 

アドレスが表示されるので、こちらにEPNを送金します。

 

NEON WalletにEPNを移していた場合は、以下の記事にNEON Walletからの送金の仕方など解説していますので、ぜひ参考にされてください。

 

合わせて読みたい

 

 

EPIPHANYはワンチャンあると思う。参加するなら早めに

というわけで、ワンチャンありそうなEPIPHANYのオープンベータ版登録方法でした。

色々特典を受けられるようなので、可能性を感じた方は、急いで登録しましょう。

不明点は、以下の公式テレグラムで聞くと良いと思います。

 

EPIPHANY公式テレグラム

 

[ad#currency]