FCoinは、世界TOP3の取引所であるHuobiの元CTO、張健(Zhang Jian)氏が創設した取引所です。

2018年の5月にオープンした新興取引所ですが、取引手数料と引き換えにFTという取引所の独自トークンをマイニングする「取引マイニング」、取引所収益をトークンホルダーに配当するエコシステムを導入し、爆発的な人気を獲得しました。

FTの価格も上がり、オープンからわずか2ヶ月で、取引高世界1位になるほどでした。ですが、その後FTは暴落の一途を辿り、現在は取引高も減っています。

とはいえ、新たな施作を次々と生み出し、ユーザーのメリット(むしろベネフィットと呼ぶべきか)を生み出し続けるFCoinは、近い将来出来高も復活し、再びトップに立ってもおかしくないポテンシャルを持っていると思っています。

ただ逆に、新たな施作が次々出てくるので、現状では、初心者におすすめできるような状態ではないともいえます💦中級者以上の方であれば、存分にそのメリットを堪能できる取引所です。ぜひ驚くべき仕様を確認してみてください。

 

FCoinを使うメリット

FCoinを使うメリットとしては、2018年9月現在では、大きく以下のようになっています。

  • 利息を受け取れる仮想通貨預金
  • 配当がもらえる独自トークンFT
  • ビットコイン・主要アルトコインの取引手数量が無料(条件付き)
  • 盗難補償を主とした各種保険への加入
  • ハイリターンを狙える取引ゾーンがある

記事を書いている間にも、保険システム(盗難補償、価格下落補償など)を今後どのようにするか検討する投票がされていたり、レバレッジ取引のテストがされていたりと、まだまだ進化を続ける取引所です。

 

FCoinを使うメリット①利息を受け取れる仮想通貨預金サービス

他の取引所にはないメリットとして、仮想通貨預金というサービスが始まっています。

これは、USDT、BTC、ETHのいずれかを理財口座(Financial Account)に入れておくだけで、日利0.05%が配当されるというものです。

例えば100万円分の仮想通貨を入れていたら、毎日500円が配当されます。1ヶ月で考えると1.5万円にもなります。

USDTで預ければ、価格変動もないので、もはや銀行にお金を預けておく理由が全くないですね。すげえなこれ。

USDTは米ドルの価格と同価値の銘柄なので、日本円と米ドルの為替の影響は受けます。もしも円高になってしまうと、その分損してしまうリスクもありますので注意。

ただし、この利率は、今後変動制になります(預金は、レバレッジ取引のための貸付資金になるので、レバレッジ取引の売り上げに応じて変動する)ので、アナウンスに注意が必要です。

 

FCoinを使うメリット②配当がもらえるFTを購入する

FCoinの大きな特徴として、取引所の収益の80%を、配当としてユーザーに分配するFTという独自トークンの存在があります。ただし、これはいろんな取引所が真似したので、FCoinだけのものではありません。

FTを保有していれば配当が得られ、全盛期には日利数%というとんでもない配当をもらえていましたが、現在は微々たるものになってしまっています。

ただ、これに対する打ち手として、FCoinはレバレッジ取引を導入予定で、現在は機関投資家のみに解放してテスト中です。間も無く、一般ユーザーにも解放されるとのこと。

ハイレバレッジで取引量が上がれば、その分配当もたくさん入るようになる、かもしれません。

さらに、FCoinの取引所収益のうち、10%はFTを買い戻すのに使用され、買い戻した後のFTはバーンされます。つまり基本的には価値がどんどん上がるような設計になっています。

また、FCoinの取引所がアップデートされるたびに大きな値上がりがされる特徴もあり、次々と新しい施作を生み出すFCoinでは、値動きを狙うことで利益をあげることもできます。

もちろん、FCoinのユーザーが離れてしまうと値下がりするリスクもあります。

 

FCoinを使うメリット③ビットコイン、主要アルトコインの取引手数料が無料に(条件付き)

海外の取引所では珍しいですが、FTを10,000FT(現在はキャンペーンで1,000FTでOK)以上保有していると、メインボードに上場している主要な銘柄の手数料が無料になります。

これはめちゃくちゃ良いですね。

その代わり、取引手数料が入らなくなるので、取引所の収益は減って、FTの配当が下がるという結果になってしまっています・・・😇

 

FCoinを使うメリット④盗難補償をはじめとした各種保険を利用する

FCoinには、FInsurという盗難補償、資産減損補償を受けられる仕組みがあります

また、FIというトークンを持っていると、FInsurの利益のうち、80%が配当される仕組みもあります。

ただし、現在このFInsur周りの仕組みは変更検討中です。

少なくとも、保険機能自体は残っていくと思いますので、今後どんな保険商品が出てくるのか、楽しみです。

 

FCoinを使うメリット⑤ハイリターンを狙える取引ゾーンを使える(もちろんハイリスク)

リスクが高いので、あんまりおすすめするのもなんですが笑、FCoinにはFONEというシステムがあります。

これは、100万FT以上保有しているホルダーが、Fcoin内に取引所を作れて、自分の好きな銘柄を上場させることができる、というものです。

面白い試みだと思うのですが、現在の実情でめちゃくちゃざっくりいうと、FCoin版の草コイン取引所みたいな取引ゾーンです。

なので、高いボラリティを利用して、ハイリスクながらハイリターンを狙うこともできます。

また、近いうちにオープンするレバレッジ取引も、ハイリスクハイリターンを狙えるゾーンになると思われます。

 

FCoinの登録方法

というわけで、様々なメリットをもつFCoinの登録方法を書いていきます。以下ボタンから、FCoinにアクセスします。アプリもありますが、ここではPCでの登録方法になっています。アプリ版は今度書きます。

 

FCoinにアカウント登録する

以下のように、必要な項目を入力します。①のユーザー名はなんでも良いです。⑤は僕の招待コードです。別に入れなくてもいいですが、入れてくれると、今後の情報発信のモチベーションになりますのでお願いします🙇‍♂️

全部入力したら、「Sign Up」をクリックします。

 

すると、こんな画面が出てきますので、メールをチェックします。

 

入力したメールアドレス宛に、メッセージが届いていますので、「Verify Email Address」をクリック。

 

再びFCoinにやってきます。何が描かれてるのかよくわからない画面が出てきますが、無視して「Sign In 」をクリックします。

 

ログイン画面が出てくるので、メールアドレスとパスワードを入力します。

 

中華系取引所にありがちなパズルをやれば、ログイン完了です。

 

FCoinでセキュリティ設定をする

続いて、二段階認証を設定しましょう。取引所開設にあたって、絶対にやっておかないといけないセキュリティ設定です。盗難保証も、これやってないと受けられません。

ログインするなり、二段階認証しろというメッセージが出てきます。「Go to Set」をクリックします。

 

Security Settingから、Google Authenticationの「Enable」をクリックします。

 

Google二段階認証アプリで、QRコードを読み取り、Keyはコピーして保管しておきます。その後、二段階認証アプリに表示されるコードを入力して、「Authentication」をクリックします。

 

ちょっとわかりにくいですが、以下のようになって入れば、二段階認証が有効化されています。以降は、事あるごとに二段階認証を求められます。

 

FCoinで本人確認をする

FCoinの本人確認は、引出額の上限を増やしたり、盗難補償を受けたりするのに必要です。ちなみに、運転免許はダメで、パスポートのみとなります。

アカウント画面から、以下の「KYC Verification」を選びます。

 

以下のように項目を埋め、画像をアップデートして、「Submit」をクリックします。

 

提出から丸一日くらいで、審査が完了します。

 

FCoinに入金する

ではFCoinに入金しましょう。右上のアカウントボタンをクリックして、「Finance」を選択します。

 

資産状況が一覧できます。送金したい仮想通貨を選択して、「Deposit」をクリックすると、アドレスが表示されるので、そこに送金しましょう。

 

最近おすすめの国内取引所として、送金手数料が無料のビットポイントがあります。海外取引所をメインに使っている方で、資金を頻繁に追加する方は、この機会に、ぜひ検討してみてください。

合わせて読みたい

 

 

FCoinの理財アカウントに仮想通貨を入金する

他にはないFCoinだけのメリットである、理財アカウント(Financial Account)への入金方法を紹介します。

事前準備として、上記の手順で、FCoinへの仮想通貨入金まで終わらせてください。

入金が済んだら、Financeメニューから、「FINANCIAL ACCOUNT」タブをクリックし、次に、入金したい銘柄の「Roll In」をクリックします。

 

入金した直後のコインは、「MY WALLET」というアカウントに入っていますので、「FINANCIAL ACCOUNT」に移動します。

以下の画像のように、銘柄、数量を入力して、「Roll In」をクリック。

 

あとは、利息がもらえるのを待ちます。毎日利息はもらえますが、配当として配られるのは、毎週月曜日です。

僕は試しに1000ドル預けてみましたが、ちゃんと3.5ドルが配当されました。

 

理財アカウントから出金したい場合は、「Roll Out」をクリックします。

 

Roll Inの時と同じように、今度は理財アカウントからマイウォレットに移動します。

 

Roll In、Roll Outは1日に1回までしかできないので、注意してください。

 

FCoinで仮想通貨の売買をする方法

ではFCoinで仮想通貨の売買をする方法を書いていきます。「FCoin Main Board」という主要銘柄を扱うマーケットと、「FONE」というFCoin内取引所に分かれています。

ちなみにFCoinの目玉であるFTは、「FONE」での取引になります。

 

Trading Accountへ仮想通貨を移動する

まず、FCoinに入金したコインはMy Walletというアカウントにありますので、トレード専用のアカウントである「TRADING ACCOUNT」に移動します。

トレードに使いたい銘柄の「Funds transfer」をクリックします。

 

銘柄と数量を入力し、「SUBMIT」をクリックします。

 

これでトレード用の口座に仮想通貨が反映されました。

 

FCoin Main Boardで仮想通貨を売買する

TOPページから、「Main Board Exchange」を選択します。

 

トレード画面が出てきます。

 

「pair」というところをクリックすると、以下のように取引ペアが表示されるので、取引したいペアを選んでください。

 

こちらは注文フォームです。価格を決めてから売買したい人は、「LIMIT(指値)」タブを選択し、売買したい価格と、数量を入力し、buy、sellをクリックします。

 

現在価格で売買したい人は、「MARKET(成行)」タブを選択し、売買したい数量を入力し、buy、sellをクリックします。

 

FONEで仮想通貨を売買する

FONEの銘柄を取引したい場合は、まず以下のように「FOne Exchange」を選択します。

 

すると、FONEのページに飛びます。

 

FONEのマーケットを開く方法は二種類あるのですが、一つ目は、FONE内の取引所ごとに開く場合。このようにずらっと並んだ取引所から選択します。

 

が、これでは、その取引所でどんな銘柄を扱っているかわかりません💦

なので、こちらのように、銘柄一覧から、マーケットに飛んだ方が良いと思います。USDT建で、FTを購入する場合は、「USDT」建の「FT/USDT」を選択します。

 

あとは、メインボードと使い方は一緒です。

 

FInsurの保険に加入する方法

FInsurによる保険加入方法を書いておきます。現状、加入できる保険は、以下の2通りです。

  • 最高12000USDTまでの盗難補償
  • 最高30USDTの資産減損補償

資産減損補償は、FCI06(FCoinが独自の比率で構成した主要仮想通貨6種類からなるインデックス)が保険期間中に20%以上下落した時、掛け金の300%が保険として支払われるという商品です。

僕も何度か購入しましたが、1週間で20%下落とか、なかなかありえないし、掛けられる金額も低いので、正直あんまり買う意味ないと思います😇

一方の盗難補償は、FCoinを使うなら、ぜひ入っておきたい保険ですね。

※盗難補償を有効にするには、KYCと二段階認証の設定が必須です

FCoinに登録した時点で、すでに2000USDTまでの盗難保険に自動的に加入していますが、追加で掛け金を増やすことで、盗難補償の額をあげる事ができます。

こんな感じで、一口2USDTで、2000USDT補償額を増やせます。5口加入で最高10ドルの掛け金で、10000ドルまで補償を上乗せできて、期間も1年間と長期なので、これはおすすめです。

 

というわけで、盗難保険の上限を引き上げる方法を解説します。

まずはFInsurページを開きます。

 

FInsurの画面が開きます。

 

初期段階で加入している保険を確認できます。

 

追加で加入をする場合は、以下のFinsurアカウントへの「Deposit」をクリック。

 

FInsurアカウントのアドレスと、FCoinのアドレスは違うよ、という警告が出ます。確認したら、チェックをして「Continue」をクリック。

 

FInsurアカウントのアドレスが表示されるので、USDTを送金してください。

 

送金が反映されたら、加入したい口数のところで「Open」として、購入に進みます。

 

加入した後は、FInsurのページから確認ができます。

 

FCoinを使用するなら、情報はがっつり仕入れよう

この記事では、FCoinの魅力をお伝えしてきましたが、そんなFCoinを使用する上での一番大事な注意点があります。

それは、まだFCoinが発展途上であり、ものすごいスピードで変化しているので、仕様がコロコロ変わるということです。

なので、FCoinを使用するなら、自分で情報を取りに行くくらいの気持ちがあったほうが良いと思っています。

もちろん僕も情報は発信していこうと思っていますが、以下のテレグラムは、確実に抑えておきましょう。

他にも、FCoinの情報を発信してる方はたくさんいらっしゃるので、少しずつフォローしてみてください。

FCoinはチェック必須の取引所です。ぜひチャレンジしてみてください。

 

仮想通貨LINE@好評配信中!!!

ブログでは書けないあんなことやこんなこと、LINE@で配信しています!

初心者の質問も、雑談でも、仮想通貨に関することならなんでも聞いてください〜

仮想通貨の最新情報ツイート中!

仮想通貨の最新情報はツイッターで配信中!

上場イベント時は実況とかもしてるので、ぜひフォローしてください👍