GANA COINというICOプロジェクトの情報を入手しましたので紹介します。

ざっくりいうと、こんな感じです。

  • 医療大麻産業を、AIとブロックチェーンを使って効率化するプロジェクト
  • Pundi Xのアドバイザー、エンジェル投資家がCFO
  • 医療大麻生産企業と提携済み

現在の大麻産業はデータ化が進んでなくて、っていうかようやく合法化がされてきたとこなので、GANAは、この分野でデータ活用ビジネスを先陣切って進めて行こうとしています。

先日、日本でも「レシートを10円で買い取ります」みたいなビジネスがスタートしましたが、大麻関連製品に関するデータをユーザーからもらう代わりにGANA COINのトークンを支払う、そしてユーザー情報を大麻関連製品のマーケティングに生かす、みたいなモデルを作りたいようですね。

で、AIでマーケティング情報を最適化、ブロックチェーンでデータの信頼性を確保、といったソリューションを取ろうというわけです。

バックアップもしっかりしてるし、提携先は大麻産業の大手、実需もしっかりありそうな案件だと思います。

7/20まで10%ボーナスつきのトークンセールを実施していますので、興味ある方はぜひお早めにどうぞ!

 

GANA COINのプロジェクト概略

GANA COINのプロジェクトについて、改めて見ていきます。

 

大麻産業の課題

日本では馴染みがなく、大麻と聞くと「ヤベーもん」という印象の人がほとんだと思いますが、欧米をはじめとした海外では、大麻の医療利用、嗜好利用が合法化する動きがあります。

アメリカ・カナダでは、大麻関連企業を集めたETFなんかも話題になっているほどです。

けっこう大麻ビジネスって、ホットなんですよね。

でも、最近ようやく合法化されてきた産業ということで、IT化が全然進んでない分野でもあり、とてもじゃないけど効率的なビジネスモデルとは言い難いようです。

このへん、詳しくは、以下のインタビュー記事が参考になります。

参考:『古い大麻産業を変えたい。』ICOを行うGANAに大麻業界のリアルを聞いてみた!

 

GANA COINはAI+ブロックチェーンで大麻ビジネスの課題を解決したい

そこで、GANA COINを推進するGANA Technologiesは、まずAIを使って、ユーザー情報などのビッグデータを解析しようと考えました。

が、大麻って結局は「ヤベーもん」な訳で、その管理には、やっぱり信頼性が必要になってくるんですよね。

医療用に利用するのが主な目的ってのもありますし。

そこで、透明性や確実性を担保でき、暗号による匿名化もできるブロックチェーンを、AIと融合することにしたというわけです。

 

GANA COINのエコシステム

 

 

AIとブロックチェーンから成る、GANA COINを導入することで達成できるのが、冒頭でも書いたエコシステムです。

つまり、

大麻関連製品に関するデータをユーザーからもらう代わりにGANA COINのトークンを支払う、そしてユーザー情報を大麻関連製品のマーケティングに生かす

というものです。

これはわかりやすいですね。ブロックチェーンを使うことで、信頼性を担保するとともに、お金の流れもスムーズにできています。

データを集めるのには、モバイルアプリなんかを使うみたいです。

 

 

GANA COINの運営チーム

GANA COINの運営は、GANA Technologiesという会社がやっています。エストニアの企業ですね。

運営チームには、注目すべきメンバーがいますので、紹介します。

 

CFOはTWEX、VireosのICO理事、Pundi Xのアドバイザー

CFOのKen Tachibana氏。

TWEXVireoのICO理事を務めています。

また、Pundi Xのアドバイザー兼エンジェル投資家でもあります。Pundi Xって、コインマーケットキャップの時価総額40位とかの大物プロジェクトですから、これはなかなかに期待できそうです。

引用元:Coin Market Capより

 

アドバイザーに大麻生産企業のCEO他

で、アドバイザーを見ると、大麻生産企業のDreamfieldsの取締役がずらり。なるほど、もう実需を見据えているプロジェクトということになります。

正直、大麻や医療関係のブロックチェーンプロジェクトって他にもあるんですけど、GANA COINは実際に大麻関係の企業と提携しているので、生き残るプロジェクトと言って良いでしょう

ちなみにDreamfieldsについては、いまいち情報が少ないんですけど、CEOのSebastian Solano氏は、フォーブスが選ぶ30歳未満の30人に選出されるなど、なかなかのやり手のようです。

 

 

GANA COINのロードマップ

ではGANA COINがどんなことを描いているのか確認しましょう。

開発ロードマップ

ロードマップはこちらです。

  • 2018年:運営チームの拡大、開発の推進
  • 2019年:提携先の拡大
  • 2019年中:ベータ版リリース、機械学習の開始
  • 2021年中:GANAエコシステムをローンチ

ちょっとゆっくりめな気がしますが😅、まあ、規制が厳しい産業なので、既存のシステムを変えるのには時間がかかるってことなんでしょうね・・・

 

GANA COINのプレセール情報

GANA COINのプレセールについて紹介します。7/20までとなっています。

トークン名称

GANA COIN(GANA)

ICO期間

  • プレセール:〜 7/20

GANAトークンの価格

1GANA=0.00005ETH=約2.5円

ソフトキャップ

なし

ハードキャップ

60,000ETH

購入可能通貨

ETH

最大購入数

3ETH

ボーナス

  • プレセール10%

 

GANA COINのICO購入方法

というわけで、最後にGANACOINの購入方法を紹介します。まずは以下からアクセス。

 

以下のような画面が出てくるので、メールアドレスを入力します。

 

メールが送られてくるので、メールに記載されたURLからサイトにアクセスします。

 

注意事項をよく読んで、全てチェックします。

 

KYCを実施します。My Ether Walletのアドレスが必要ですので、まだアドレスを持っていない人は、以下の記事を参考に作成してください。

合わせて読みたい

 

 

必要事項を埋めていきます。

全部終わると、以下のような画面になります。KYC完了まで丸一日くらいかかりますので、待ちましょう。

 

KYCが完了すると、以下のようなメールがきます。

 

再びサイトにアクセスし、以下にメールアドレスを入力します。

 

すると以下のような画面になるので、指定されたアドレスに、My Ether Walletから、GWEI、GAS LIMITに注意して送金をします。

 

これで購入完了です。

購入後、すぐにMy Ether Walletに反映されます。

 

GANA COINのプレセールは7/20までなので、お早めに

大麻ビジネスは今後伸びる可能性が非常に高く、業界としての注目度はどんどん上がるはずです。その中で、GANA COINがどれだけの力を見せつけるのか、が焦点ですよね。

提携企業も決まっているので、期待できる案件だと思っています。

ただし、どのICOでも同じことですが、必ず大成功するという約束はありませんので、投資は個人の責任で行なってくださいね。全財産をかけるみたいなのは、絶対にやめた方がいいですよ😃

 

仮想通貨LINE@好評配信中!!!

ブログでは書けないあんなことやこんなこと、LINE@で配信しています!

初心者の質問も、雑談でも、仮想通貨に関することならなんでも聞いてください〜