プログラミング

GEEK JOB(ギークジョブ)の特徴は?無料で短期間にエンジニアになりたいなら要チェック

GEEK JOB(ギークジョブ)というプログラミングスクールについてまとめます。

ギークジョブがどういうスクールかというと、

  • 転職支援付きプログラミングスクール
  • 受講料が無料(20代限定)
  • 言語はJavaがメイン、余裕があればPHP、Rubyも
  • 3500社以上の取引先から優良求人のみを絞って提供
  • 転職率97.8%、離職率1.7%と転職実績◎
  • 短期間(最短22日)でエンジニアを目指せる
  • インフラエンジニア向けのコースもあり

こんな感じです。

ギークジョブはITエンジニア業界にかなり精通している企業が運営していて、取引先3,500社というのは数あるプログラミングスクールの中でも相当に多いです。

その中から厳選した求人を提供してくれるので、「無料だからヤバいところに入れられる」みたいな感じではありません。(もちろん他の無料スクールの中には、そういうところもあるので気をつけてください)

現に、就職成功率はさることながら、離職率がめちゃくちゃ低いので、就職した人の満足度がよく分かりますよね。

短期間でエンジニアになれるというのもポイントで、必要最低限のプログラミングスキルと社会人スキルを身に付けて、ささっと就職するような感じになっています。

なので、ギークジョブは「無料で、なるべく早くエンジニアになりたい」という人にとってはぜひ検討する価値があるスクールです。

気になった人は、無料体験会に参加するのがオススメです。エンジニアとは何なのか、というものすごい基礎的な部分から説明があるし、プログラミング体験もできるし、キャリアカウンセリングまでやってもらえます。

\無料かつ最短でエンジニアになるならココ/

GEEK JOBを見てみる

GEEK JOB(ギークジョブ)とは?

ではまず、ギークジョブがどういうプログラミングスクールなのか見てみましょう。

・参考:ギークジョブ公式ページ

・参考:グルーヴ・ギア株式会社(ギークジョブ運営元)公式ページ

GEEK JOB(ギークジョブ)の概要

ギークジョブは、公式の文言を引用すると、以下のようなスクールです。

GEEK JOBの特長は、無料であること、最短1ヶ月という早さ、現役のプログラマーから“仕事で使えるプログラミング”を実践的に学べることです。

GEEK JOB公式ページより

公式で書いてることは、とてもシンプルにギークジョブのことを言い表していますね。

ギークジョブは「無料で、なるべく早くエンジニアになりたい」という希望を叶えるプログラミングスクールです。

ただ後半部分の「現役のプログラマーから」っていうのはちょっと盛ってる感じで、実際ギークジョブで学習する中で、現役プログラマーから学べる機会はあんまないと思います。

まあそれはさておきw、ギークジョブは、プログラミングスクールでは最大級の3500社以上の取引先、500件の未経験求人を保有していて、キャリアサポート面ではかなり強いと言えます。

GEEK JOB(ギークジョブ)の運営会社グルーヴ・ギアについて

ギークジョブを運営しているのは、グルーヴ・ギア株式会社という会社です。

グルーヴ・ギアの設立は2008年で、設立当初から「GEEK JOBフリーランス」というフリーランスエンジニア向けのエージェント事業を行っています。

その後、2015年11月に未経験からエンジニアを目指すGEEK JOBを開校し、2018年10月には四ツ谷校を開校するなどして拡大。

さらに2019年3月には資金調達を目的に、サン・アスタリスク株式会社の子会社となり、事業拡大を目指しています。

この辺りは、以下の記事が参考になるので、興味ある方は読んでみると良いですよ。

グルーヴ・ギア石塚CEOは、独立前から一貫して人材サービス事業に携わっている上、グルーヴ・ギアはITエンジニア向けキャリア支援サービスを10年以上に渡って提供している会社となります。

ギークジョブの取引先会社は3500社となっていますが、プログラミングスクールでは最大級のコネクションを持っているのも、納得できるほどの経歴です。

ギークジョブでは、プログラミングスキルと並んで、社会人スキルの向上もきちんと力を入れているのですが、長年の人材派遣サービス運営の経験が活かされているんでしょうね。

運営元としては、かなり信頼感が持てる体制だと言えるでしょう。

GEEK JOB(ギークジョブ)の特徴

ではギークジョブのスクールとしての特徴をみていきましょう。ここでは、公式ページに載っている内容と合わせて、説明会で聞いた内容なども織り交ぜて解説していきます。

メインのプログラミング言語はJava

ギークジョブで学べるプログラミング言語は、サーバーサイドは基本的にJavaです。フロントではHTMLやCSS、JavaScriptなども学ぶようになっています。

Javaがメインの言語になっているのは、未経験求人が多いからという理由です。スキル・知識をつけるためにJavaをやって、ある程度就職のしやすさを担保しようという戦略ですね。

JavaだとSIerとかSESにしかいけないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、未経験からRubyを学ぼうがJavaを学ぼうが、自社開発企業に行くのは狭き門です。

ギークジョブから自社開発企業にも就職の実績はあるようで、説明会に行くと、教えてもらえるので一度説明を聞いてみると良いですね。

どうしてもJavaは嫌だという人は、別のスクールにしましょう

カリキュラムは未経験からオリジナルサイト作成までを網羅

プログラミング学習のカリキュラムは、以下のように完全未経験から、オリジナルサイト作成までを網羅するような内容になっています。

1.PCの基礎知識

2.ネットワークの基礎知識

3.プログラミング前提知識(プログラミングとは 基本の仕組み システム開発)

4.プログラミング的思考方法(フローチャート アルゴリズム)

5.プログラミング基礎学習

6.組み込み関数

7.データ操作

8.データベース基礎

9.オブジェクト指向(考え方 クラス MVC)

10.巨大なソースコードの改修

11.総まとめ

12.オリジナルサイト作成(仕様作成 開発 テスト)

GEEK JOB公式ページより

もちろん、受講生のスキルレベルに合わせてカリキュラムは柔軟に変更できるので、ある程度スキルを持っている人は、最短22日とかで転職する人もいるようです。

コースは全部で3つ

ギークジョブのコースは、大きく以下の3つがあります。

  • ダイレクト転職/就職コース:無料。ギークジョブの求人の中から就職する
  • 転職/就職コース:無料の学習+就職コース。ギークジョブ求人の中から就職する
  • 学習コース:2ヶ月で132,000円。ギークジョブ求人以外でも受けられる。転職するのは自分で。

ダイレクト転職/就職コースは、ギークジョブの転職サポートだけを受けるコースです。ギークジョブは先ほども書いた通り、IT業界にかなり精通しているので、これだけでも受ける価値がありますよね。

ただ、転職サポートだけ受けるという人はあんまりいないと思いますので、転職/就職コースと学習コースについて、個別に書いてみます。

この2つのコースについては、カリキュラムに違いはなく、ギークジョブの求人の中から就職するか、自分の力で職を探すかの違いなんですけどね。

転職/就職コース

転職/就職コースは無料で受講できるギークジョブのメインのコースです。無料ですが、対象が20代限定です。

転職/就職コースを選択した場合、ギークジョブが持っている求人の中から就職することが前提となります。

自分で職を探して、就職する場合には違約金がかかるので注意が必要です。

ギークジョブとしてはこのコースをオススメするべきなのですが、説明会では違約金がかかることをかなり注意深く説明していました(なんか、ちょっと揉めたりしたんでしょうかねw)

学習コース

学習コースは、学習はギークジョブで教えてもらうけど、転職は自分でするという人向けのコースです。

主に30代でエンジニア転職を目指す人向けのコースだと思ってもらえれば良いですね。

一応、学習コースを卒業した後で、ギークジョブの転職サポートを受けることはできるそうですが、求人はほとんどないと思った方がいいです。自分で職を探すことを前提に、ガツガツ頑張れる人は受講しましょう。

あとは、教養としてプログラミングを学びたいという方にも良いかもしれません。他のスクールに比べるとかなり安いですし。(料金については後述します)

プログラマーコースの他にインフラコースもある

ギークジョブには「プログラマーコース」の他に、「インフラコース」があります。

GEEK JOB公式ページより

インフラエンジニアをキャリアとして見た時には、簡単にいうと以下のようなメリットがあります。

  • 資格などが充実していて、スキルと給料のギャップが少ない
  • 仕事がなくならない
  • 求人もかなり多い

プログラマーと同様にインフラエンジニアもものすごく需要があるキャリアですが、プログラマーほど知名度はないように思います。

ただ、最近ではインフラエンジニアを目指すスクールも増えてきているのも事実です。

たぶん、ギークジョブを受講しようか悩んでる人の中に、インフラエンジニアになりたいと考える人は少ないかもしれませんね。

でも「ITスキルを学んでエンジニアとして転職したい」とか、「別にプログラマーじゃなくても良いから手に職を!」という場合には、一考の価値があるキャリアだと思います。

受講のイメージ(教室受講、オンラインでもサポートあり)

ギークジョブは、基本的に教室に通学する受講スタイルですが、オンラインでのチャットサポートも受けられるようになっています。

平日に、社会人スキルについての講座などもあるため、平日の午前10時~午後6時に週3回以上通える人が受講対象となっています。

ただし、退職日が決まっている方であれば、夜間(午後6時~午後9時の間)や土日に参加することも可能です。

公式ページの画像では、なんかめっちゃ自由に通える風に書いてますが、そんな感じではありませんので注意。

GEEK JOB公式ページより

ちなみに教室はめちゃくちゃ綺麗で、かつおしゃれです。こちらは四ツ谷キャンプ。無料体験のときにいきましたが、本当に綺麗でした。

こちらは見に行っていませんが、九段下の教室です。こっちも綺麗でおしゃれですね。

Wantedly|ギークジョブ九段下キャンプ紹介ページより

【注目ポイント】転職サポートが手厚い。実績も◎

ギークジョブの就職/転職サポートはかなり手厚いです。公式ページにはあんまり詳しく書かれていませんが。

GEEK JOB公式ページより

すでにちょっと書いた通り、もともとギークジョブはフリーランスエンジニア向けのエージェントをやってたり、石塚CEOが人材サービスに精通していることから、「企業が欲しい人材はどんな人か」というのを知り尽くしているスクールです

プログラミングスクール界隈でみると、この辺りの実績の豊富さは抜きん出ている印象ですね。

で、その実績豊富なキャリアサポートの結果として、ギークジョブは、プログラミングやインフラ技術と同じくらい「社会人スキルの強化」という面を重要視しています。

説明会に行くと、「社会人スキルが重要だよ」と口酸っぱく言われるのですが、確かに就職を考えるなら、社会人スキルの方がプログラミングスキルよりむしろ重要なくらいだと思います。

良い求人を紹介してくれるというのもありがたいですが、社会人スキルを鍛えて、「就職できる人に成長できる」っていうのは、この上ない転職サポートなのかもしれません。

【注目ポイント】就職率97.8%、就職後3ヶ月の退職率1.7%

もう一つ、ギークジョブの実績を裏付ける数字として、就職率97.8%、就職後3ヶ月の退職率1.7%というものがあります。

これはめちゃくちゃ高い数値で、ギークジョブを卒業した受講生は就職先にほぼ満足しているということになります。

ギークジョブでは、キャリアサポートの経験の深さを活かして、求人は優良企業に絞って紹介するようにしていて、自社開発企業などにも多くの卒業生を排出しています。

説明会に行くと紹介がありますが、例えばこんな感じです。

  • 従業員100人の企業で、ギークジョブ卒業生を21人採用している。言語はJavaで、SES(客先常駐)だが、先輩が同行するなど優良。
  • 従業員50人の企業で、ギークジョブ卒業生を11人採用している。言語はRubyで、自社開発。
  • 従業員7000人の超大手企業のグループ会社で、ギークジョブ卒業生を23人採用。
  • などなど

もちろん、良い面を見せてるだけやろなーと思って聞いていたのですが、退職率1.7%というのを考えると、全体的に良さげなところに就職してるんでしょうね〜。

GEEK JOB(ギークジョブ)の受講料金

というわけで「転職/就職に強いギークジョブ」ですが、受講料金は0円です。

解約やギークジョブの求人以外で就職すると違約金がかかる

ギークジョブは基本的に無料のスクールですが、途中で解約したり、ギークジョブが紹介する求人以外のところに就職した場合、違約金が発生します。

違約金は、月額132,000円を日割計算して払う必要があります。

ただし、受講後2週間以内の解約であれば、違約金はかかりません。

学習コースは2ヶ月132,000円(大学生は半額)

基本無料のギークジョブですが、転職サポートは受けないという人は、2ヶ月132,000円でプログラミングを学ぶこともできます。

これはかーなーり、安い。大学生はさらに半額です。

GEEK JOB公式ページより

まあ正直、カリキュラムやメンターの対応に関しては、あんまり評判よろしくはないですが、この料金なら受講メリットは十分あるでしょうね。

ちなみに、30代以上でギークジョブを受けたいという人は、こちらの学習コースを受講して、転職サポートを受ける、ということはできますが、求人はほぼないと思った方が良さそうですよ。

ギークジョブの評判について

ギークジョブについて、ツイッターを1年分さかのぼって口コミを集めてみました。結果はこんな感じです。

良い口コミ

  • 第一希望の企業から内定をもらえた
  • あまり勉強しなくても卒業できる
  • 交流会などのイベントがためになる

悪い口コミ

  • 途中でやめると違約金がかかる
  • 教育の質自体はそんなに高くない
  • やりたいこととマッチしていないと後悔するかも
  • 求人実績の表記が紛らわしい?

実をいうと、ギークジョブについては、たくさんの良い評判を見つけることはできませんでした。悪い口コミも多くないんですがw

第一希望から内定をもらえたとか、あんまり勉強しなくても卒業できるという声があり、まあ無料でプログラミングが学べて、エンジニアとしてのキャリアをさくっとスタートできるという点では、すごく優秀ではないでしょうか。

教育の質はあまりよくないという意見もありましたが、ギークジョブの考え方としては、さっさとエンジニアとしてのキャリアをスタートさせよう!というコンセプトになっているようなので、この辺は表裏一体かもですね。

とにかく早くエンジニアとして就職したいという人にとっては、むしろ都合が良いとも言えます。

詳しくは、以下の記事にまとめていますので、ぜひ見てみてください。

GEEK JOB(ギークジョブ)はフルボリュームの無料体験会が受けられる

ギークジョブは、かなりボリュームのある無料体験会を受けることもできます。内容を簡単に書くと、こんな感じです。

  • ITエンジニア業界の基礎知識(プログラミングって何?レベルから)を聞くことができる
  • ギークジョブがどんなサービスか詳しく聞くことができる
  • 離職率、どんな求人があるか、どんなところに就職しているかなど、詳しく知ることができる
  • 実際の教室でプログラミング体験ができるので、ギークジョブの受講イメージが湧く
  • プロのキャリアカウンセラーに転職相談ができる

そう、簡単に書けないくらいの内容なんです。

特に良かったのは、キャリアカウンセラーに転職相談ができる点ですね。

過去にめちゃくちゃ転職で悩んだ時期があって(もちろん今も悩んでるけどw)、そんな時、転職エージェントに話を聞いてもらったことがあるのですが、カウンセリングをすると、すっごい不安が解消されるんですよね。

ギークジョブで話をした時は、エンジニアとして転職するときに使えそうな、僕自身の強みを考えてもらえたりもしましたし。

プログラミングスクールで、無料体験会でこんなにちゃんとカウンセリングしてもらえるところはほとんどありません。

ぜひ気軽に足を運んでみて欲しいです。

僕が説明会に行ってきた記事は以下にありますので、ぜひ読んでみてください。

GEEK JOB(ギークジョブ)の特徴をまとめ

というわけで、最後にもう一度ギークジョブの特徴をまとめると、以下のようになります。

  • 転職支援付きプログラミングスクール
    受講料が無料(20代限定)
    言語はJavaがメイン、余裕があればPHP、Rubyも
    3500社以上の取引先から優良求人のみを絞って提供
    転職率97.8%、離職率1.7%と転職実績◎
    短期間(最短22日)でエンジニアを目指せる
    インフラエンジニア向けのコースもあり

ギークジョブは、エンジニアキャリアサポートについては、界隈でトップクラスの実績を持つスクールです。

まあ正直言うと、プログラミング教育の質はあんまり高くないのかもしれません。

でも、必要最低限のプログラミングスキルと、短期間に就職に有利な社会人スキルを身に付けて、さくっとエンジニアキャリアをスタートさせたいぜ!という人には検討の価値がありすぎますね。

とにもかくも、まずは説明会に参加してみてはどうでしょうか。ギークジョブの雰囲気もわかるし、不安も解消されるし、本当に良いと思いますよ。

\無料相談で不安を解消/

GEEK JOBを見てみる

本当に評判が良いプログラミングスクールランキング

以下の記事では、プログラミングスクールの口コミを極力「客観的に」集めた結果を元に、ランキング付けしています。

自分が気になっているスクールの「悪い口コミ」を見てみる→気になることがあればメモっておく→説明会で問い詰めるといった感じで使ってみてください!

こちらの記事もおすすめ!