普段、僕はイーサリアム用のウォレットとしては、MyEtherWalletを利用していますが、Dappsゲームをやる上では、MetaMask(メタマスク)が必須のことも多く、必要に駆られて導入しました。

合わせて読みたい

 

で、まあ使ってみたんですけど、これが、かーなり使いやすいし、ウォレット機能の他にも、フィッシングサイトにアクセスした時に警告を出してくれたりします

僕金の亡者なんで、怪しいけど儲かりそう、とかいう案件があると、すぐ飛びついてしまうんですよ。なので、もうこれ必須です💦

メインウォレットとして、使い慣れたMyEtherWalletを今後も使う予定ではあるんですが、Metamaskは導入するだけでメリットがある代物なので、この記事では、登録方法から、入出金の方法までを紹介します。

導入まで5分もかからないので、ぜひ導入してみてください。

 

MetaMask(メタマスク)とは

メタマスクは、以下のような特徴を持ちます。

  • Webブラウザのプラグインとして動くイーサリアムウォレット
  • プラグインとして実行でき、シンプル設計なので扱いやすい
  • Dappsを実行する上では必須
  • フィッシングサイトにアクセスすると警告を出してくれる

Dapps実行でいるので、とりあえず入れたのですが、とてもシンプルな設計になっているので、扱いやすさが秀逸。

一度使ってみると、そのめちゃくちゃなほどの便利さから、My Ether Walletから乗り換える人も多数いるかもしれません。

あとは、フィッシングサイトにアクセスすると警告出してくれるのでとても良いです。今度フィッシングサイトにアクセスしたら、警告画面を貼り付けようと思います。

 

Metamask(メタマスク)の登録方法

ではMetamaskの登録をしましょう。登録方法もめちゃくちゃ簡単です。

 

Metamask公式ページにアクセスする

まずは、Metamaskのページにアクセスします。

参考:Metamask公式ページ

こんな画面が出てきます。対応ブラウザは、メジャーなところでGoogle chrome、Firefox、Operaに対応しています。

以下画面の赤ワクで囲んだとこをクリックして、対応するページにアクセスしてください。

 

以降、Google Chromeについて解説します。

 

MetaMaskを導入する

Google ChromeのMetaMaskプラグイン導入ページはこんな感じになっているので、右上の「CHROMEに追加」をクリックします。

 

MetaMask追加許可を求められます。「拡張機能を追加」をクリック。

 

すると、右上メニューのところにキツネのマークが表示されます。クリックします。

 

MetaMaskのメニューが開きます。「TRY IT NOW」をクリック。

 

MetaMaskが起動します。「続行」をクリック。

 

 

パスワードを入力します。最低8文字からできますが、MyEtherWalletなどでは24文字が推奨されているので、できるだけ24文字でパスワードを作成しましょう。

確認用にもう一回パスワードを入力したら、「CREATE」をクリック。

 

あなたのアカウントに紐づいた、画像(アイコン)が表示されます。「NEXT」をクリック。

注意事項が表示されます。すクロールバーを一番下までスクロールしたあと、「ACCEPT」をクリック。

 

プライバシーに関する注意事項が表示されます。読んでから「ACCEPT」をクリック。

 

MetaMaskのフィッシングサイトに関する注意事項が表示されます。読んだら、「ACCEPT」をクリック。

 

MetaMaskの復元に必要なパスフレーズ(12個の単語群)が表示されます。以下画像の赤ワクの部分をクリックすると、表示される単語は超重要なので、必ず保管してください。スクリーンショットを取る、紙に印刷しておく、などしておくと良いと思います。

確実に保管したら、「NEXT」をクリックします。次のページで、早速保管したパスフレーズを使用します。

 

先ほど保管した12個のパスフレーズが、ランダムに並んでいますので、順番通りに選択していき、「CONFIRM」とします。

 

 

これで登録は完了です。

こんな感じの画面が表示されるはずです。

 

MetaMaskに入金する

ではMetaMaskに入金する手順を見ていきましょう。簡単です。

 

MetaMaskのアドレスを確認する

メニュー画面から、「振込」を選択します。

 

アドレスが表示されるので、取引所などでイーサリアムを購入し、送金します。

 

イーサリアムを送金する場合、送金手数料が無料のBitPointがおすすめです。詳しくは、以下の記事を参考にしてください。送金手順まで、解説しています。

合わせて読みたい

 

 

入金がされると、メニュー上にイーサリアムの数量が表示されます。

 

MetaMaskから送金する

送金する時も簡単です。メニューから、「送信」をクリックします。

 

送金画面が出てくるので、送り先のアドレスと、送りたい数量、ガス料金を設定します。トランザクションが混んでいる(イーサリアムを送金したい人がいっぱいいる)場合、デフォルトのガス料金ではなかなか着金しないことがあります。その場合は、以下画像の「ガス料金の変更」をクリックしてください。

 

こちらで、ガス料金を変更できます。基本的に、高くすればすぐ着金する、と思ってください。だいたい、ガスプライス20GWEI、ガスリミット200,000くらいにすれば、30秒くらいで着金します。

 

MetaMaskにトークンを追加する方法

MetaMaskは、イーサリアム以外にも、イーサリアムベースのトークンを保管することができます。

やり方を紹介します。

まずメニューを開き、「トークンを追加」をクリックします。

 

検索で出てくるトークンと、出てこない(MetaMaskに登録されてない)トークンがあります。まずは、検索窓に入力してみます。

 

Augur(REP)くらい有名なものであれば、検索で出てきます。追加したいトークンを選択して、「次へ」をクリック。

 

「トークンを追加」をクリックします。

 

 

MetaMaskの検索で出てこないトークンの場合は、まずEtherscanというサイトにアクセスして、コントラクトという情報を調べます。

参考:Etherscan

アクセスしたら、右上の検索窓に、検索したいトークンを入力します。ABYSSというトークンを検索しました。

 

すると、このようにトークンの情報が見られますので、「Contract」というところに書いてあるコントラクトアドレスをコピーします。

 

再びMetaMaskを開き、トークンを追加→カスタムトークンと選択して、トークンアドレスの所に、コントラクトアドレスをコピペします。トークンシンボルや小数点は、自動的に反映されます。「次へ」をクリック。

 

これで、イーサリアム以外のトークンが反映されました。メニューを開くと、追加したトークンのページが表示されるようになっていて、それぞれのトランザクションを確認できます。

 

ちなみに、追加したトークンは、イーサリアムと同じアドレスになります。アドレスは同じですが、入出金すると、きちんとそのトークンとして反映されますので、安心してください。

 

MetaMaskは仮想通貨投資するなら必須

MetaMaskは、MyEtherWalletとかと比べても、めちゃくちゃ使いやすいし、Dappsゲームで遊びたい人には、必須です。

また、セキュリティ対策としても機能してくれるので、むしろ仮想通貨投資する人は全員入れたほうがいいでしょう

なる早で導入しておいた方が良いと思います。

 

仮想通貨LINE@好評配信中!!!

ブログでは書けないあんなことやこんなこと、LINE@で配信しています!

初心者の質問も、雑談でも、仮想通貨に関することならなんでも聞いてください〜

仮想通貨の最新情報ツイート中!

仮想通貨の最新情報はツイッターで配信中!

上場イベント時は実況とかもしてるので、ぜひフォローしてください👍