MXCという取引所が、配当80%の独自トークンを発行します。

  • 配当80%の独自トークンを発行する
  • 1億枚の大量エアドロップを実施。1週間で終了
  • ICO実施しているが、30%ロックアップなので売り圧低め
  • 技術力の高い運営チーム
  • プレマイニング枠あり(詳細不明)

なかなか良さそうな案件だと思いますので、MXCとMXCが発行するMXトークンについて情報をまとめました。

 

取引所MXCの特徴

MXCは、4月に誕生した新興取引所です。

 

MXCの運営情報

CEOが誰なのか、本社の所在地がどこなのか、など、不明瞭なところがあるので注意が必要ですが、技術チームの情報は開示されています

MXCの技術チームの中核メンバーは、Baidu、Alipay、Huaweiなどの国内有名なIT企業のものです。平均的な勤務経験は10年以上で、技術スキルは深刻です。

チームは、2016年にブロックチェーン技術の開発を開始しました。コアチームメンバーは、国内の有名な鉱山GPUPoolの創設パートナーであり、中国で最初のSC鉱山プールを開発し、世界のETH鉱山プールで7位にランクされました。

同時に、鉱業ソフトウェア「成都鉱夫」の開発チームでもあり、このマイニングソフトウェアはチームにとっても安定した利益をもたらします。

チームはまた、独自の研究開発チームツールを使用して優れた技術的実現、成功した場合を示したが、成功したBATの800 ETHを打つ、チームは、ほぼ10倍の収益をもたらしています。

現時点では、独自の特性や技術的な詳細とチーム、そして完全にMXC取引所で開発され、インスピレーション、ビルドパフォーマンスと経験がスーパー交流しているが、通貨のためのクリーンなラップをもたらしました。

 

GPUPoolというマイニングプールの、ソフトウェア面での開発サポートをやっていたメンバーによって運営がされていて、技術力の高さは信頼できそうです。

 

仮想通貨アプリ令牌大师をはじめ、多数のファンドが出資

中国の仮想通貨アプリ、令牌大师(TOKEN Master)というアプリが出資をしています。Weiboのフォロワーが約1万人くらいなので、結構人気はありそうです。

この手の仮想通貨アプリとの連携は、ユーザーがMXCを目にする機会を増やすので、呼び込みには良さそうです。

 

他にも、多数のファンドからの出資があり、数千万(数億円)を集めているようです。

 

MXCの取引所トークンMXの特徴

ではMXトークンの特徴を書いておきましょう。と言っても、他の取引所トークンとあまり違いはありません。

  • 取引所の売り上げのうち、80%をMXホルダーに還元
  • 総発行枚数30億枚
  • 51%が取引マイニングで発行
  • 10%はICOで調達
  • 1億枚エアドロップ実施
  • プレマイニングあり
  • 7/13取引開始予定

総発行枚数は30億枚とまあまあ多いですね。

 

1億枚のエアドロップを実施(終了)

1億枚のエアドロップが実施されています。

だいたい、1週間くらいで売り切れていましたので、かなり注目は集められているようです。

 

パブリックセールをキャンセルし、プレマイニングを計画

MXCの礎石がラウンド段階の資金調達で育ったようトレーディング・プラットフォームをサポートするのに十分であるとMXC MXCサービス、オペレーション、MXCチームによる総合的な分析と慎重に検討した後、MXCは、コミュニティ事業者のための公募及び公募の段階すべてのトークンをキャンセルすることを決定しました

さらに、MXCは近い将来、マイナーアカウントの予約活動を開始する予定です。詳細は別途お知らせします。

もともと20%をICOとパブリックセールで発行する予定でしたが、パブリックセールの方はキャンセル。

その代わり、取引マイニングを事前に実施できるアカウントを募集するようです。

取引所トークンで儲けたいなら、事前マイニングはやったほうがいいですね。

 

MXのICO価格を知っておきましょう

MXCは、以下のサイトでICOを実施しています。ちなみにこちら、登録してKYCまで済ませれば800LB(Link Blockトークン)もらえます。

参考:Link Block

ICOの時の価格は、1MX=0.00002ETH(=1円)です。

初値が幾らかはわからないのでなんとも言えませんが、総発行枚数が30億枚なので、10円を超えたりすると手を出すのは危険かもしれません😅

 

 

MXCの登録方法

ではMXCの登録方法を説明します。

 

MXCに登録する

まずは、以下のリンクからアクセスしてください。僕の招待リンクです。

こんな画面が出てきます。以下画像のように、必要事項を入力しましょう。

 

メールが届くので、届いた文面のURLを踏んで再度アクセスします。

これで登録は完了。

 

MXCでセキュリティ設定をする

次にセキュリティ設定をします。ここでは二段階認証を設定します。

まずは右上メニューからメールアドレスが書かれた箇所をクリック。

 

アカウント画面から、以下の赤ワクで囲んだところをクリックします。

 

Google二段階認証アプリでQRコードを読み取り、以下のように二段階認証コードを入力して確定します。

これで二段階認証は完了。

 

MXCで本人確認をする

Account画面に戻って、以下の赤ワクの箇所で「Upload identity authentication data」をクリックします。

 

パスポート画像をアップロードします。

 

これでKYCは完了。※現在は、フルネーム、パスポート番号を入力する欄が追加されたようです。

 

MXCはけっこう期待できそう。

取引所トークンは投機ですが、MXCはエアドロップ戦略が功を奏して注目を集めていますので、結構期待できそう。

上場前のプレマイニングは必ずやりたいと思っています😀

 

仮想通貨LINE@好評配信中!!!

ブログでは書けないあんなことやこんなこと、LINE@で配信しています!

初心者の質問も、雑談でも、仮想通貨に関することならなんでも聞いてください〜