どうも、ながやまです。

現在はICOに参加するのに、「MyEtherWallet」にイーサリアムを入金するのがほぼほぼ必須になっています。

僕も今後ICOにいくつか参加しようと思っているので、MyEtherWalletの登録方法、入金方法をまとめておきます。

ちなみにMyEtherWalletは、MEWと略します。以降、MEWと記載します。

ちなみに、MEWはかなりメジャーなイーサリアムウォレットなので、おすすめしていますが、簡単で使いやすいウォレット視して、MetaMaskというのもあります。

こちらは、Webブラウザのプラグインとして稼働します。

簡単に扱える方がいいという場合は、こちらをどうぞ。

合わせて読みたい

 

 

MyEtherWallet(MEW)とは

  • MyEtherWalletは無料のオープンソースのクライアントサイドインターフェイスです。
  • 鍵と資金を完全に管理しながら、ブロックチェーンと直接対話できます。
  • 秘密鍵、パスワード、またはその他のアカウント情報を送信、受信、または保存することはありません

MEWは、ブラウザからアクセスするイーサリアム・イーサリアムクラシック・ERC20トークン(イーサリアムのブロックチェーン上で動くトークン)を保管できるウォレットです。

ブラウザ上に、パスワードや秘密キーが保管されないので、安全な仕組みになってます(その代わり、ちゃんと個人でパスワードとか秘密鍵を保管しろよ!とのこと)

オフラインで保管している、このパスワードや秘密キーを流出さえしなければ、ハッキング被害に会うことはないです。

取引所に置いておくのが怖い人は、使ってみる価値があります。

あと、ハードウェアウォレットと連携もできて、Ledger NanoやTREZORを使っている人は、MEWと連携するともっと安全です。

 

MyEtherWalletの登録方法

ではMEWの登録をしましょう。あんまり難しくはないですが、安全性を担保するために、結構めんどくさいところもあります。まあでも、めんどくさい=安全だと思って我慢することにします。

 

MyEtherWalletに登録する

まずは、MEWのページにアクセスします。

 

トップページはこんな感じです。右上のところにある「English」という箇所をクリックします。

 

「日本語」にしましょう。

 

Wallet=お財布を作るためにパスワードを設定します。赤ワクの欄にパスワードを入力して、「お財布の作成」をクリックします。

 

Keystoreファイルをダウンロードします。これは、大事に保管しましょう。

 

絶対になくすなよ!人に見せるな!バックアップを取れ!と書かれています。理解できたら、「理解できました。続けます。」をクリックします。

 

秘密鍵も大事です。印刷するなりして大事に保管しましょう。終わったら、「アドレスを保存してください」をクリックします。

 

ここでは、秘密鍵でウォレットをアンロックします。以下赤ワクのように「秘密鍵」を選択し、先ほど保管した秘密鍵を入力して、アンロックします。

 

これで、アドレスが発行されました。

 

MyEtherWalletに入金する

ではMEWに入金する手順を見ていきましょう。

MyEtherWalletのアドレスを確認する

右上の「お財布情報を見る」→「秘密鍵でアンロック」とすると、以下のようなウォレットの情報を見ることができます。

 

ここで、アドレスを確認します。

 

そしたら、取引所なりからMEWの自分のアドレス宛にイーサリアム(ETH)を送ってみます。

イーサリアムを送金する場合、送金手数料が無料のBitPointがおすすめです。詳しくは、以下の記事を参考にしてください。送金手順まで、解説しています。

 

合わせて読みたい

 

 

 

MyEtherWalletで着金確認をする

再びMEWに戻ってきて、ウォレット情報を確認します。

アカウント残高が、「Loading」になっていました。どうやら、イーサリアムのネットワークが混雑していて、状況をすぐに反映できていないようです。

「トランザクション履歴」を見てみます。

 

このページでは、イーサリアムのネットワークの状況を確認できます。どうやら、Zaifから送った1ETHは、一応送れてはいるようです。

 

丸一日くらい経ったあとで確認したら、ちゃんとアカウント残高として記載されていました。

 

MyEtherWalletから送金する

左上の方の「Ether/トークンの送出」→「秘密鍵でアンロック」とすると、以下のような画面が出てきます。宛先アドレスと、数量を入力、ガスリミットの数量を変更して、「トランザクションを生成」をクリックします。

 

※ここで、ガスリミットとは、要は送金手数料みたいなもんです。通常送金する上では、デフォルト設定でも問題ないと思いますが、トランザクションが混んでいる場合は、ガス料金をあげる必要があります。

また、参加するICOによっては、この数量を指定される場合もあります。

例えば、僕が参加しようと思っているAbyssというトークンのICOでは、以下のようにガスリミットは200,000にせよと書かれています。

引用元:Abyss公式ページより

 

合わせて読みたい

 

 

MyEtherWalletにトークンを追加する

MEWでは、イーサリアム以外にも、イーサリアムベースのトークンを保管することができます。

やり方を紹介します。

「お財布情報」ページの右下で操作します。

すでに登録されているトークンであれば、「Show All Tokens」をクリックすることで、一覧が出てきますので、追加できます。

 

こちらのリストに載っていない場合は、まずEtherscanというサイトにアクセスして、コントラクトという情報を調べます。

参考:Etherscan

アクセスしたら、右上の検索窓に、検索したいトークンを入力します。CosplayTokenというトークンを検索しました。

 

すると、このようにトークンの情報が見られますので、トークン契約アドレス、シンボル、桁数を確認します。

 

MEWに戻って、「カスタムトークンを追加」タブを選択してから、先ほど確認した情報を入力して「保存する」を選択します。

ちなみに、追加したトークンは、イーサリアムと同じアドレスになります。アドレスは同じですが、入出金すると、きちんとそのトークンとして反映されますので、安心してください。

 

MyEtherWalletはICOトークンセール開始前に登録して操作に慣れておこう

MyEtherWalletは、結構使いにくいと思うので、準備は前広にやっておいた方が良いと思います。

良さそうなICOに出会って、すぐにトークンセールが始まる!というタイミングだと、間に合わない可能性もあります。

できれば早めに登録して、操作に慣れておくのが良いと思います。

 

仮想通貨LINE@好評配信中!!!

ブログでは書けないあんなことやこんなこと、LINE@で配信しています!

初心者の質問も、雑談でも、仮想通貨に関することならなんでも聞いてください〜

仮想通貨の最新情報ツイート中!

仮想通貨の最新情報はツイッターで配信中!

上場イベント時は実況とかもしてるので、ぜひフォローしてください👍