僕はプログラミングスクールでプログラミングを学ぼうと思い、スクールを比較、検討しています。

が、プログラミングスクール選びって、めっちゃ大変なんですよ。

  • スクールの数がめっちゃいっぱいあって、どこにしたらいいかわからない
  • 良い評判も悪い評判もネットにあふれていて、結局どうなのかよくわからない

などの問題があります。

プログラミングスクールって受講料が鬼のように高いですよね。1ヶ月で10万円以上かかります

だから慎重に行かないといけないんですけど、情報がありすぎてよくわからんのです。

なので、絶対に損をしたくないケチな僕は、良さそうなとこを対象に無料体験をしまくって、実際どうなのかを調査してみました。

この記事は、僕が無料体験を通して、肌で感じた感覚を元にした比較記事となります。

これからスクールを選ぼうと思っているあなたの参考になれば嬉しいです。

※なお、僕は地方住みで、学校に通うということができなかったので、オンラインで学べるところに絞って、今回は紹介したいと思います。そもそも、このご時世、オンラインで完結することはオンラインでいいんじゃないかと思うんですよね😅

 

プログラミングスクールを選ぶ最低条件

オススメのプログラミングスクールを紹介する前に、まず、「どういう基準で選ぶべきなのか」を確認しておいた方が良いです。

僕が思うに、以下の3点が、満たすべき最低条件です。

  • 実績がある(たくさんの人に教えていて、成果を出させている)
  • 講師が現役のエンジニアである(大学生とかが講師をやってるとこもある)
  • 無料体験ができる(結局、自分で雰囲気を感じてみるのが重要)

この条件を満たさないところも、実際無料体験やってみたりしたんですが、やっぱ受講するかって言われると、微妙なんですよね・・・。

 

実績があること

まず、高い金を払って通うプログラミングスクールなので、そこに通ったら成果が出るのかどうなのか、よくわからないようなところには行くべきではありません。

まずは、実績をきちんと公表しているかどうかを見ましょう。

もちろん、実績がない新進気鋭のスクールだけど、きちんとしてるところもありますが、高いお金を払って、ギャンブルみたいなことをする必要って、なくないですか?

実績とは、プログラミングスクールが作る信頼そのものだということを忘れずにおきたいですね。

 

講師が現役のエンジニアであること

これも重要なポイントで、講師のレベルは、当然成果に反映されやすいと考えられます

普通に考えて、以下の二人が、同じ金額であなたにプログラミングを教えてくれます!と言われたらどうですか?

  • A:プログラミングスクールを卒業したばっかりの大学生
  • B:10年間経験がある現役のエンジニア

僕だったら、絶対にBです。

案外、Aの人が講師をやっているスクールというのは多いので、これにも注意が必要です。

 

無料体験ができること

これも大事です。

結局ですね、ホームページや、ネットで出ている情報からは、正確な情報ってわからないんですよ。これがインターネットの難しいとこですよね。

買ったものが1500円のTシャツとかなら、なんか思ってたのと違うなあ、損したなあ・・・とかで済みます。

でも、何十万もするようなプログラミングスクールだと、落ち込むどころの騒ぎじゃありません。絶対に、無料体験ができるところを選びましょう。

ただし。

僕は無料体験をした上でこの記事を書いてるんですが、僕と、今記事を読んでいるあなたでは、感じ方が違うというのも事実です。

できれば、めんどくさがらずに、まず無料体験を実施してみることをオススメします。

 

(プラスアルファ)学べるプログラミング言語

この3つを満たしていれば、自然と満たしている条件ではありますが、自分が学びたいプログラミング言語がちゃんとあるかどうか、というのは必須ですよね。

今回紹介するスクールは全て、基本的なプログラミング言語は全て網羅したところばかりです。まず間違いなく、学びたい言語がない、といことは無いはずです。

 

ということで、これらを満足した、オススメのプログラミングスクールを紹介していきましょう。

 

目標到達点が一番高い。マンツーマン指導が売りの侍エンジニア塾

スクールを卒業した時に、身についている能力がどれくらいになることを想定しているか、ということを考えた時、もっとも高いところを目指しているのが、侍エンジニア塾です。

侍エンジニア塾は、プログラミングを勉強するところでありません。「自分の作品をつくる」ところです。卒業と共に、即戦力になっていることを目指しているのです。

さしづめ、プログラミングスクール版のライザップといったところですかね・・・「やる気ない人は、入塾拒否させてもらってます」って言われましたもん😅

 

侍エンジニア塾のポイント

侍エンジニア塾のポイントをまとめると、以下のようになります。

  • 完璧なマンツーマン指導
  • フルオーダーメイドのカリキュラム
  • アプリ開発支援など「作品つくり」に重きを置いている
  • テキスト+動画ベースのわかりやすい教材
  • 料金は1ヶ月17万円、6ヶ月70万円とやや高め(返金制度あり)

なんといって、「マンツーマン指導」が、他にはない大きな特徴です。これによって、独自カリキュラムの作成をはじめとして、「自分の作品つくり」にコミットします。

また、講義の資料に動画カリキュラムが導入されていて、理解を助ける仕組みがしっかりしているのも特徴。

ただし、充実したサービスを提供する代わりにサービス料金は割高です。が、返金制度があって、力がつかなければ返金してもらえるという点は、侍エンジニア塾の自信の現れですね。安心感あります。

詳しくはこちらの記事にもまとめています。

合わせて読みたい

 

 

無料体験がお得すぎるので、プログラミング初心者は絶対に受けるべき

侍エンジニア塾を語る上で、なんといっても外せないのが、魅力的すぎる無料体験です。これがあるので、侍エンジニア塾を一番上に書きました。

ざっくりいうと、

  • プログラミング学習のバイブルがもらえる
  • フリーランスが身に付けるべき能力を把握できる
  • プログラミング学習のアドバイスをもらえる
  • 学習カリキュラムを作ってもらえる

こんなことが、無料でできてしまいます。特にプログラミング学習のバイブルと呼ぶにふさわしい電子書籍は本当に素晴らしい出来です。

ぜひ、初学者はもらっておいて損はありませんし、変な押し売りとかもされませんので、まずは無料体験をやってみてください。

合わせて読みたい

 

ぜひぜひ、検討してみてください。

 

総合力はNo1。しっかりした環境で学びたいならテックアカデミー(Tech Academy)

テックアカデミーは、一番しっかりしてるなーと思っているスクールです。

コースがパッケージ化されていて迷わず選べるし、勉強のサポート体制も厚く、無料体験は一週間もあり、実績も文句なし。

プログラミングで、何から学べばいいのかよくわかっていない、という人には良いスクールです。

さらに転職後のキャリアを考えて、「テックアカデミーキャリア」という専用組織があって手厚い転職支援も受けられます。

僕はプログラミングスクールを検討した結果、「ブロックチェーンコース(仮想通貨の根幹技術)」が学べるスクールに通うことにしたので、テックアカデミーを受講中です。

「プログラミングがよくわかってない」レベルの人もターゲットにしているので、侍エンジニアに比べると、目標到達地点は低めかな、という感じです。

作品つくりも、「やろうと思えばできますよ、やってる人もいますよ」みたいな雰囲気でした。

 

テックアカデミー(Tech Academy)のポイント

テックアカデミーのポイントをまとめると、以下のようになります。

  • コースがパッケージ化されていて、迷いづらい
  • テキスト+週2回のメンタリングによる指導方式
  • いつでもチャットで質問ができる
  • 使いやすいユーザーインターフェース
  • 「テックアカデミーキャリア」で転職支援サービスを受けられる
  • 料金は1ヶ月13万円、4ヶ月28万円と普通
  • 一週間も無料体験できる

Webページが整理されていて、コースを選ぶのにとても便利です。このへんのユーザーインターフェースのよさは、講義資料にも生かされていて、受講していてストレスを感じにくい設計になっています。

メンタリングの回数もかなり多く、カリキュラム自体はいいのですが、動画カリキュラムとかはなく、つまづくことも多いかもしれません。

それから、講義やメンタリングを無料体験(なんと一週間)で受講できるので、受講時の雰囲気を存分に味わうことができます。この無料体験はとても良いですよ。

 

転職支援サービスTECH ACADEMYキャリアがすごい

そして、「テックアカデミーキャリア」という転職支援サービス。面談でキャリア相談をしたり、IT系の企業から転職のオファーが来たりします。

どうも、IT企業とかに強いパイプがあるようで、キャリア相談した時は、「web系サービスのスタートアップにねじ込めるよ」って雰囲気が伝わって来ました。(もちろん、ねじ込めるとは言ってませんよ!)

これ、無料体験中に登録ができて、しかも無料体験期間が終わった後も、使い続けることができるという、よくわからないくらいに太っ腹なシステムです。

 

無料体験が一週間も受けられる

これはなかなか強気だなーと思うんですが、なんと無料体験が1週間も受けられます。特徴をまとめるとこんな感じ。

  • 体験期間が1週間という破格の長期間。
  • 無料体験カリキュラムを受講できる(HTML/CSS/PHPの基礎。メンターによるレビュー付の課題あり)
  • 現役エンジニアのメンターとのビデオチャットが1回体験できる
  • 期間中、現役エンジニアのメンターとチャットし放題(15:00-23:00)
  • 受講生限定のはずのTechAcademyキャリアに登録できる(無料期間が終わっても有効)

内容は、ホントに本カリキュラムの一部を体験で、「テックアカデミー受講したらこんな感じなんだなー」というのが非常によくわかります。

こんなやつを作れるようになります。普通に、プログラミングスキルが上がる。

 

これも無料体験だけでもやる価値があります。

合わせて読みたい

 

現在テックアカデミーを受講していますが、満足度は高いですよ。

ぜひ検討してみてください。

 

実績No1。受講料が安いコードキャンプ(Code Camp)

さて最後はコードキャンプ。

ここは、実績No.1なので、とにかく何も考えなくてもおすすめできるサービスですね。

ただし、目標到達地点があまり高くないというのが正直な印象で、僕は作品つくりがしたいということを、無料体験で伝えたのですが、「まあできなくはありません」という感じの回答でした。

人によっては物足りないと感じるのかもしれませんが、そこはナンバーワンの実績と、他と比べてかなり割安な価格設定に注目しましょう。

2ヶ月で15万円、半年で30万円と、侍エンジニアやテックアカデミーと比べてかなり安いです。

この実績と割安感で、十分に検討対象に入ってくるなあというのがコードキャンプに対する印象です。

 

コードキャンプ(Code Camp)のポイント

コードキャンプの特徴をまとめると、以下のような感じです。

  • 実績No.1のプログラミングスクール
  • テキストベースで課題に取り組む自習形式。
  • わからないところはレッスンでメンターに聞ける。
  • レッスンの回数はかなり多く、7時~23時まで受けられる。
  • ほぼ完ぺきなマンツーマン指導が可能。
  • 料金は2ヶ月15万円、6ヶ月30万円で割安。

コードキャンプは、チャットで質問とかができない代わりに、レッスン(講師に対して質問をする面談)が多くなっています。

まずはテキストベースで自学を進めて、わからないところをためておいて、レッスンで一気に片付けるという感じですね。

このレッスンは、講師の空き状況を確認して、予約を入れることになるので、講師のスケジュールが取れれば、ずっと同じ講師から指導を受けることができます。

完璧なマンツーマンにするのは、運が絡みますが、ずっと同じ人とやりとりができると、進捗を確認する上では楽ですね。(ただし、侍エンジニアのように先回りして指導準備をするとかは難しい)

 

料金が割安

最低料金は、テックアカデミーに軍配が上がりますが、2ヶ月で15万円、つまり1ヶ月あたり7.5万円というのは、プログラミングスクールでは相当安いほうです。

多分プログラミングスクールを選ぶときの基準って、料金がかなりのウェートを持っていると思います。

なので、この割安な料金設定が、実績に繋がっているものと思います。

 

無料体験がかなり太っ腹

コードキャンプの無料体験も、実はかなり太っ腹です。

  • 40分間のレッスン体験(質問し放題)
  • 学習に使用するテキストのすべての目次を確認できる
  • 各学習項目の冒頭(3章分くらい)を無料体験期間終了後でも見放題

コードキャンプは、いったん無料体験してしまえば、すべてのコースで目次が見られるし、冒頭の3章分くらいをタダで見れるようになります。

無料体験期間終了後でも。

テキストを解放してくれることで、自分に合ってると思えば安心して申し込みできるし、はげしく自分と合わないなら、別んとこにしよーってできるわけですね。

コードキャンプの無料体験さえ受講してしまえが、普通にプログラミング学習の基礎くらいはつけることができますよ。

僕の体験談はこちら。

合わせて読みたい

 

ぜひ検討してみてください。

 

全部の無料体験を受けてみるのが吉。

オススメを3つに絞って紹介しましたが、できれば全部の無料体験をしてみると良いと思います。特にプログラミング初心者の方は、無料体験をして回るだけでも、結構プログラミングのスキル上がるんですよ笑。

  • 侍エンジニア塾の無料体験では、電子書籍をもらえる上に、自分専用カリキュラムとかも作ってもらえる。
  • テックアカデミーでは、一週間分のプログラミング初級講座が受けられるので、実際にスキルがつくし、キャリア相談とかも出来る。
  • コードキャンプは、テキストを一部解放してもらえるので、そのテキストに沿って勉強することで基礎力がつく。

 

ITエンジニアが足りてなくて、需要がものすごいある現在において、プログラミングスクールは、なんとか自分のとこで受けさせようと必死です。

そこでスクールは、呼び込みをするために、無料体験にもかなりのお得感を出してきてるなあと感じます。

僕らは、無料体験で得られるものを賢く活用し、じっくりスクール選びをやればいいと思います。

 

無料体験を受けて回る間に、独学で勉強をしておこう

いずれも無料で体験できますが、全部受けるのは、正直めんどくさいと思うかもしれません。でも、無料体験を受けて回る間にも、プログラミングの勉強ってできるんです。

正直、全くの初心者がプログラミングスクールを受講するのは、少し勿体無いです。

なぜかというと、プログラミングの初期段階というのは、「自分で進めるしかない」からです。自分で進めるしかないのに、高い受講料を払って、プログラミングスクールに通うというのは、めちゃくちゃ勿体無いですよ。

なので、勉強しがてら、プログラミングスクールの無料体験を受けてまわって、その間に勉強をしておくというのがオススメですよ😀

独学で勉強するなら、Progateが超オススメ。月額980円、Ruby on Railsだと、擬似ツイッターを作るとこまで学べます。

僕も、かなりProgateで勉強はしました。

独学でプログラミング基礎力を上げつつ、無料体験を受けてまわることで、実力が上がってコスパ向上&自分にあったプログラミングスクールにたどり着ける確率がググッと上がります!

 

ぜひ体験しまくってください!!!

結果に超コミット!侍エンジニア塾はこちら

 

総合力はNo1。僕も受講しているテックアカデミーはこちら

 

実績No1。割安で学びたい人におすすめのコードキャンプはこちら