プログラミング

ポテパンキャンプの特徴は?高品質コードレビューと自社開発求人が良い

ポテパンキャンプというプログラミングスクールについてまとめます。

ポテパンキャンプがどういうスクールかというと、

  • 転職支援付きプログラミングスクール
  • 言語はRuby、Ruby on Railsのみ
  • オンラインでの受講
  • 複数人によるコードレビューがされ、現場水準のコードが書けるよう鍛えられる
  • 自社開発求人に絞ったキャリアサポートが受けられる
  • ポテパンキャンプの求人から就職が決まれば受講料を全額キャッシュバック

こんな感じです。

複数人による細やかなコードレビューに定評があり、保守性の高い(つまり他人が読みやすい)コードを書く技術を身に付けることができます

また、みんなが行きたいであろう「自社開発企業」に絞った求人を出してくれるキャリアサポート、さらにそこから就職を決められれば受講料が全額キャッシュバックされるという素晴らしい仕様。

技術レベルも就職サポートも高品質なスクールとなっています。

気になっている人は、説明会に参加するのをオススメします。ポテパンキャンプはオンライン受講ですが、説明会もオンラインで完結するので気軽にできるし、宮崎CEO自ら説明をしてくれると思うので、スクールの雰囲気がわかって良いです

\無料相談で不安を解消/

ポテパンキャンプを見てみる

ポテパンキャンプとは?

ではまずポテパンキャンプがどういうプログラミングスクールなのか見てみましょう。

・参考:ポテパンキャンプ公式ページ

・参考:株式会社ポテパン公式ページ

ポテパンキャンプの概要

ポテパンキャンプ公式ページより

ポテパンキャンプは、公式の文言を引用すると、以下のようなスクールです。

卒業生の多くがWebエンジニアに転職成功している、実績豊富なプログラミングスクール。優秀なレビュアー陣と実践的なカリキュラムで、現場で求められる開発スキルを身につけることが可能です。

ポテパンキャンプ公式ページより

ポテパンキャンプの唯一無二の特徴は、複数人によるコードレビューがあるという点でしょう。

実際のコードレビューの様子を見せてもらったところ、コード数行おきに細かい指摘、コメントが入っており、とっても丁寧です。

現場で求められる保守性の高さを意識した教育が受けられるので、かなりレベルが高いものとなっています。

また、みんなが行きたいであろう「自社開発企業」に求人を絞って提供しているというのも見逃せません。

そして、そんな求人の中から就職・転職に成功すれば受講料が全額キャッシュバック。実質無料で受けられるプログラミングスクールとなっています。

さらにいうと、言語はRubyで、実質無料のプログラミングスクールでRubyを学習言語にしているところはかなり少なく貴重です。

ここまで書くと、かなり素晴らしいスクールだと聞こえるし、実際、良いと思うのですが、その代わり、完全に未経験対象ではなく、ある程度独学で勉強してきた人しか対象としていません。

意識が高く、バリバリガツガツやれる人向けのスクールだと言えるでしょう(そもそもそういう人じゃないと、自社開発は人気なので、就職できませんしね・・・)。

ポテパンキャンプの運営会社ポテパンについて

ポテパンキャンプを運営しているのは、株式会社ポテパンという会社です。

ポテパンの設立は2014年9月で、ポテパンフリーランスポテパンキャリアというITエンジニア支援サービスを展開してきています。

2017年5月にプログラミングスクールであるポテパンキャンプを開校。開校当初は、今より安い受講料10万円でした(キャッシュバックで実質無料になるのは一緒)。まだ歴史はあんまり長くはないですね。

ポテパンキャンプはRailsチュートリアルと業務提携している

さらに、ポテパンキャンプは、2018年にはRailチュートリアルと正式に業務提携しています。

RailsチュートリアルはRuby on Railsでもっとも有名な教材なので、ポテパンキャンプの教育レベルは高水準だとお墨付きをもらっているようなものです。

Ruby on Railsチュートリアル公式ページより

ポテパンキャンプの特徴

ではポテパンキャンプのスクールとしての特徴をみていきましょう。ここでは、公式ページに載っている内容と合わせて、説明会で聞いた内容なども織り交ぜて解説していきます。

メインのプログラミング言語はRuby、Ruby on Railsのみ

ポテパンキャンプで学べるプログラミング言語は、以下のようになっています。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • Ruby
  • Ruby on Rails

メインとなる言語はRuby、Ruby on Railsですね。

こちらに書いているプログラミング言語意外にも、Rspec、Docker、heroku、rubocop、PostgreSQL、Solidus、Git、Bitbucket、Slackなどエンジニア業務の上で重要となるスキルについても学びます。

PHP、Java、Pythonとかを勉強したいという人は、ポテパンキャンプ以外にした方が良いです。

クラス(コース)は全部で3つ

ポテパンキャンプは受講内容ごとに、3コースが用意されています。

選抜クラスは転職を目指す人向けのクラスで、ポテパンキャンプ受講をする際の独学レベルによってキャリアコースとビギナーコースに分かれます。

オープンクラスは教養としてプログラミングスキルを身に付けたい人向けのクラスです。

ポテパンキャンプ公式ページより

選抜クラス(キャリアコース)

ポテパンキャンプ公式ページより

選抜クラス・キャリアコースは以下のような人を対象としています。

  • Webエンジニアを目指している
  • HTML、CSS、JavaScript、Rubyなどプログラミングの基礎を習得済み
  • Railsチュートリアルを学習済み

ある程度(Railsチュートリアル)プログラミングを学習したことがある人で、Webエンジニアを目指す人ですね。

Railsチュートリアルに取り掛かるには、HTML、CSS、JavaScript、Rubyなどの知識がある程度必要。

課題は、Railチュートリアルの復習的な内容を含めインスタクローンを作るサブ課題と、ECサイト構築を目指す本課題、さらに受講生の要望に応じて、オリジナルポートフォリオを作成します。

選抜クラス(ベーシックコース)

ポテパンキャンプ公式ページより

選抜クラス・ベーシックコースは以下のような人を対象としています。

  • Webエンジニアを目指している
  • HTML、CSS、JavaScript、Rubyなどプログラミングの基礎を習得済み

先ほど説明したキャリアコースに対して、「Railsチュートリアル」を講義内でやるようになっているコースです。

ただ、こちらのコースを受けるにしてもHTML、CSS、JavaScript、Rubyなどの知識がある程度必要です。ProgateでHTML、CSS、JavaScript、Rubyを学んだ後、以下の書籍の内容を理解しておく必要があります。

独学で勉強するのは結構大変ですが、ポテパンの宮崎CEOとしては、まずは独学やってから受講してほしいと思ってるみたいですね。

オープンクラス

ポテパンキャンプ公式ページより

オープンクラスは未経験者を対象にしていますが、到達レベルは選抜クラスよりも低く設定されたコースです。

Webプログラミング基礎→Railsチュートリアル→Railsチュートリアルの復習課題

という流れになっています。

個人で受講しようとすると、Railsチュートリアルの動画教材は29,800円かかるのですが、そちらも料金に含まれているので割とお得です。

権威ある教材で、プログラミングを基礎から学びたい人には良いのではないでしょうか。

受講のイメージ(オンライン受講、チャット形式でのサポート)

ポテパンキャンプの受講イメージは以下のようになります。

  • 完全オンライン受講、質問や課題の提出はSlack(チャットサービス)で行う
  • オリジナル教材、Railsチュートリアルなどを利用して自習によって学習を進める
  • 課題を提出し、コードレビューをしてもらう
  • 次の課題に取り掛かる

質問可能時間などは特に決まっておらず、質問をチャットで投げて、返ってくるまで待つという感じになります。

受講時のサービスは、正直あまり手厚いとは言えません。他のプログラミングスクールでは、学習進捗状況を管理してくれるメンターがいたり、ビデオ通話で顔を見ながら質問できたりしますもんね。

ただし、質問対応自体は丁寧ですし、コードレビューはものすごい質が高いのは間違いないです。

あんまり質問しなくてもガツガツやれる、いわゆる「自走する力」が高くないと厳しいかもしれませんね。

【注目ポイント】コードレビューの質が非常に高い

すでにちょっと書きましたが、ポテパンキャンプでは、課題を提出してから返ってくるコードレビューが非常に丁寧で、質が高いです。

複数人の現役エンジニアによって、他人が読んでもわかるコード(保守性の高いコード)の書き方を徹底的に指導してもらえます。

いろんなプログラミングスクールを見ていますが、複数人でコードをレビューするっていうのは聞いたことがありません。

他人が書いたコードを改修するというのは僕も経験したことがありますが、こういう指導をされてないと、まじで死ぬほど理解できなかったりするんですよ。(僕の元会社はIT系の会社とかじゃないからそういう指導が全くされてなかった)

これからエンジニアになる人には、保守性の高いコードが書ける人になって欲しいと心から思いますねw

【注目ポイント】自社開発企業に絞った求人紹介

宮崎CEOが自らツイートしている通り、ポテパンキャンプで取り扱っている求人は自社開発企業に絞っています。

未経験OKの自社開発企業の求人は本当に少ないので、これはかなり貴重です。

ポテパンキャンプの課題や、厳しいコードレビューをクリアできるほど自走力を持った人であれば、内定を勝ち取ることもそんなに難しくないのではないでしょうか。

ポテパンキャンプの受講料金

ポテパンキャンプは、厳しくも丁寧なコードレビューで保守性の高いコードを書けるようになり、自社開発企業への転職サポートをしてもらえることが特徴のプログラミングスクールです。

かなり質が高いと言えますが、受講料金は以下の通り、安めになっています。

ポテパンキャンプ公式ページより

未経験からが対象ではないというところもあるでしょうが、他の転職サポートつきプログラミングスクールと比べると破格の価格設定。

しかも、選抜クラス(キャリアコース、ビギナーコース両方)の場合、ポテパンキャンプの求人の中から就職が決まれば全額キャッシュバックされます

ポテパンキャンプ公式ページより

ポテパンキャンプの評判について

ポテパンキャンプについて、ツイッターを1年分さかのぼって口コミを集めてみました。結果はこんな感じです。

良い口コミ

  • コードレビューのレベルが高い
  • 教材・課題の質が高い
  • 受講生のレベルが高い

悪い口コミ

  • 転職サポートがイマイチだった
  • メンターに質問しづらい
  • 課題が難しい
  • 未経験者前提ではないのでエンジニアになるまでに多少時間がかかる

口コミをまとめると、ポテパンキャンプは、手厳しくも質の高い教育を受けることができ、実力がつく。

転職サポートは過去にはあまり質がよくなかったが、改善してきているスクールだということになります。

コードレビューが手厳しすぎたり、質問しにくいなど、厳しい環境ゆえの悪い面もみられますので、しっかり自分で学習を進められる人向けですね。

詳しくは、以下の記事にまとめていますので、ぜひ見てみてください。

ポテパンキャンプは無料説明が受けられる

ポテパンキャンプは、無料説明会を受けることもできます。

公式ページなどに落ちてない情報(例えば、教材がどんなのとか、コードレビューをどんな感じでやってるか等)を仕入れられるし、気になるところを質問もできるので、「受講しようかなあ、どうしようかなあ」と不安を持っている人はぜひ行きましょう。

プログラミングスクールを受講するか悩んでいるあなたは、キャリアについて悩んでいるのではないかと思います。

悩みはプロに相談すると、かなり楽になります。僕自身、色々悩んだ時期には転職エージェントとかプログラミングスクールのキャリア担当とかに相談しましたが、本当に不安がなくなって行きましたよ。

しかも、ポテパンキャンプでは、宮崎CEO自らが説明をしてくれるんです。なかなか社長が出てくるところとかないので、貴重な経験にもなるかもしれませんよ。

僕が説明会に行ってきた記事は以下にありますので、ぜひ読んでみてください。

ポテパンキャンプの特徴をまとめ

というわけで、最後にもう一度ポテパンキャンプ の特徴をまとめると、以下のようになります。

  • 転職支援付きプログラミングスクール
  • 言語はRuby、Ruby on Railsのみ
  • オンラインでの受講
  • 複数人によるコードレビューがされ、現場水準のコードが書けるよう鍛えられる
  • 自社開発求人に絞ったキャリアサポートが受けられる
  • ポテパンキャンプの求人から就職が決まれば受講料を全額キャッシュバック

コードレビューの質が高く、求人もイケてるので、意識が高く、自分でバリバリやって自社開発でエンジニアとして活躍したいという人は、絶対に検討すべきプログラミングスクールとなっています。

そういった人にとっては、宮崎CEOと話ができるのも良い経験になると思いますし、まずは説明会に参加してみてはどうでしょうか。

\無料相談で不安を解消/

ポテパンキャンプを見てみる

本当に評判が良いプログラミングスクールランキング

以下の記事では、プログラミングスクールの口コミを極力「客観的に」集めた結果を元に、ランキング付けしています。

自分が気になっているスクールの「悪い口コミ」を見てみる→気になることがあればメモっておく→説明会で問い詰めるといった感じで使ってみてください!

こちらの記事もおすすめ!