こんにちは、現役サラリーマンのながやま( @nagayama_yo )です。

サラリーマンがサラリーマンを批判するという巨大なブーメラン記事を書きました。

 

子供が生まれてからは、子供が主役、親は脇役だと思っていた

僕は子供が大好きです。理由は色々ありますが、わかりやすいところで言うと、子供を育てるというのは、生物としての活動そのものですよね。命をつないでいくのが、本能だということです。ただただ、本能的に好きな部分があると思ってます。

なので、子供が生まれてからは、そんな大好きな子供に何をしてあげられるか、ということが、僕の人生のメインの目的に変わっていったのです。

僕はそこそこの大学を出て、割といい会社に入り、まあまあ良い給料をもらい、良い人と結婚し、35年ローンの家を建て、子供が生まれ、仕事は(途中挫折しかけたけど)順調。何となく、人生はピークを迎えた気がしていました。

たまに会う知り合いとかから、「順風満帆だね」と言われることもあり、僕自身も、まあそうなんだろうと思っていました。

もう、人生の主役は、これからどんどん上昇していく子供に移って、僕はピークから徐々に下降していって、そのうち死ぬ。「順風満帆」と言われると、僕は必ず「そうですね~あとは死ぬだけです」って返していました。もちろん本気です。

 

で、普通のサラリーマンは、いったい子供に何を教えられるの?

僕は、子供と過ごす時間を少しでも増やしたいので、次女が生まれてからはほぼ残業せずに帰っています。残業代がなくなったので、ほぼ同時に副業としてブログを開始しました。今後は育児休暇を取り、育休明けから時短勤務の予定です。

そんな感じで、サラリーマンをしながら、何とか子供と過ごす時間を増やそうと思っていました。だけど、あるとき気づいたのです。

サラリーマンの僕が、子供に教えてあげられることって何か。

「普通で、周りのみんなが教えてることと同じ」価値観です。

サラリーマン世帯なんて、世の中にあふれかえるほどに存在しています。ごく一般的なんです。そんなありふれた経験って、僕がわざわざ子供に教えなくても、周知の事実として伝わるレベルですよね。子供の教育に時間を割く意味って、無いなと。

 

人間は、後継者に自分を超越させられる

さっき、命をつないでいくことが、生物の本能だと書きましたが、人間は、ただつなぐのではなく、能力を飛躍させながら、つなぐことができると思っています。人間は、教えられたことに、自分で考え、自分なりのエッセンスを加え、さらに発展させることができます。

ということは、「子供を立派に育てる」には、いかに多くのこと、深いことを教えられるのかが大切ではないですか?子供が、1というインプットをもらえば、次の世代に2でつなぐ能力を持っていたとしたら。インプットを2にしてやれば、次の世代には4でつなぐことができます。

そのためにはいかに自分が学ぶか、動くかです。その経験が、子供の能力にダイレクトアタックなわけです。「あとは死ぬだけ」では全くないんです。

 

というわけで、会社を辞めようと思っています

子供のことを考えたら、「普通のサラリーマン」でなんているべきではないのです。少しでも自分が成長して、「普通」じゃなくなって、その経験を伝える。

結果として、子供が普通の道を歩むのかもしれませんけどね。でもですね、子どもに対する大事な大事な役割は、「こういう生き方もあるよー」って伝えることなんです。

親が。一番身近な人が。

だから会社を辞めます。

 

できる気しかしないけど、できなくてもいいんです

僕はブログを8ヶ月前に始めました。仕事も育児もあるんで、睡眠時間を削ってです。今では、ブログ開始前から3時間ほど削り、毎朝2時半くらいに起きてます。

で、最近ではようやくアクセスも集まるようになり、目に見えて成果が出てきました。仕事も育児もやりながら、これくらいはできるんです。

まあ、ぶっちゃけ、できなくてもいいんですよ。でもやったことは大切です。たとえどんな結果になっても、僕が頑張った経験は子供に伝えられるし。

失敗したら、失敗談として話せばOK。

「【お前ら辞めるな!】サラリーマンが会社辞めて、超後悔してるって話」

 うん。こうなっても何も問題ない。

 

最後に:あせらずじっくり準備してからです(笑)

偉そうに書いてきましたが、まだ辞めません。突如として会社辞めて、家族を路頭に迷わせるわけにもいかないので。リスクヘッジというやつですね。

来年の4月くらいに辞めよっかなーと思ってます。

正直不安もなくはないですが、それ以上に楽しみです。自分が楽しんで、子供のためになるなんて、最高ですね。

とまあ、僕がこんな風に考えられるきっかけをくれたのは、以下のサロンに入会したからです。サラリーマンって安定した非常に良い道なのかもしれませんが、そこを一旦外れてみると、実はもっと良い道があるもんだ、と気づかせてもらいました。

ブログ、IT、せどり、投資、You tuberなど、もはやここにさえ入っておけば人生困らない、謎の情報量を持つお得なコミュニティです。

 

したたかに生きたい人へ。りゅうけんの『人生逃げ切りサロン』への参加はこちら。