プログラミングスクールがどういうところかと聞かれたら、「プログラミングを勉強するところ」だとほとんどの人が答えると思いますが、僕がプログラミングスクールを受講しようとする目的は違います。

僕は、プログラミングスクールとは、「自分のサービスをつくるところ」だと思っています。

そういった目的で受講を検討しているのであれば、もっともおすすめできるのが、「侍エンジニア塾」です。

なぜそのように思うのか、この記事にまとめていますので、同じように思っている方がいたら、ぜひ参考にしてほしいと思います。

また、もはや「プログラミング学習コンサル」というレベルの無料体験もやっているので、これはぜひ受けてほしいです。

 

侍エンジニア塾とは?

侍エンジニア塾がどういうプログラミングスクールなのか、紹介します。

 

侍エンジニア塾の概要

公式の文言によると、以下のような特徴があります。

侍エンジニアは2013年世界的にも珍しい日本初のプログラミングマンツーマン指導を開始しました。 日本で唯一の専属講師による実践的指導が特徴です。開発力が身につくことにより、短期間でアプリ開発、 仕事獲得する事が出来ます。これまで、6000名以上にプログラミング学習を指導してきました。
月間30万人以上が訪れるメディア「侍エンジニア塾ブログ」にてプログラミング学習に関する情報を配信中。

 

専属講師によるマンツーマン指導

侍エンジニア塾の最大の特徴は、専属講師によるマンツーマン指導という点。

はっきりいって、ここまでやるスクールは他にはありません。

マンツーマンのメリットは半端ないです。

プログラミングは、特に初心者だと、「何がわからないかもわからない状態」なんですよ

 

そこでマンツーマンです。

マンツーマンだと、受講生と講師がディープに関われるので、信頼関係が土台となった指導が可能になります。もっとわかりやすく言ってしまえば、講師と仲良くなれるってことですね。

で、講師と仲良くなってくれば、気軽に、しかも自分独自のつまづきポイントを質問できます。

さらに、講師からしても指導しやすいというメリットもあります。受験勉強でも、集団塾より家庭教師の方が成果出ますよね。それと一緒です。

 

自分専用のカリキュラムを作ってもらえる

マンツーマン指導スタイルによって、これが可能になります。

「自分専用カリキュラム」

大概のプログラミングスクールは、自分の能力や進捗とはお構い無しなので、高いお金を払ってるのに、無駄な勉強をする必要が出てくることがあります

侍エンジニア塾なら、自分の目標から逆算したフルオーダーメイドカリキュラムを組んでもらえるので、「最短で」目標達成ができます。

ちなみにこのカリキュラム、試しに、無料体験で作ってもらえます😀太っ腹。

 

オリジナルアプリ開発ができる(一緒にやってもらえる)

侍エンジニア塾では、オリジナルアプリ開発を、カリキュラムの中で支援してくれます。

例えば、以下のYOUTURNというサービスは、このサービスの経営者が、侍エンジニア塾で初心者から開発スタートし、サイトを作って、起業して、サービスを展開したりしています

参考:YOUTURN

参考:32歳ベンチャー企業元役員が起業してプログラミングを学んだ話

僕は、このYOUTURNというサービスを、実は利用したことがあるんですけど、かなりちゃんとした(とか言うと失礼ですが笑)サービスです。

これを全くの初心者から作ったって言われると驚きです。

侍エンジニアは、「3ヶ月で未経験からエンジニアに」みたいな謳い文句なんですけど、ぶっちゃけ、それ無理っしょ?!って思ってました。

でも、もしも、このYOUTURNみたいなサービスを作れた、という実績を残せるのであれば、全然いけるんじゃないかと思います。

これも、マンツーマンでの指導スタイルというのが確実に効いています。

 

動画カリキュラムで効率的な学習ができる

講義の形式にも特徴があります。

だいたいどこのスクールでも、自分で資料などを読み進めて、わからないところを講師に聞く、というスタイル。

侍エンジニア塾が、他と違うところは、「動画カリキュラム」があることです。

僕は、動画ベースでも、テキストベースでもプログラミングの勉強をしたことありますが、動画は圧倒的にわかりやすいです。

以前の僕は、動画で学習だと、あんまり自分のペースを保てないと思っていて、テキストがいいと思っていたんですが、プログラミングって、難しいんですよね。

テキストでよくわからなくて、ググって、わからなくて、ひたすらググって・・・みたいに、あっという間に1時間くらい経ってしまうんですが、動画だとたった10分でスッと入ってきたりします。

結局、ぜーったいにテキストよりも動画の方が早いです。大きなポイント。

他のスクールもこういう動画カリキュラム導入すればいいのになあ。

 

豊富な実績(半年間で1000人増えてる)

指導実績は7000人以上と、TechAcademyやコードキャンプに比べるとやや少ないものの、十分な実績だと思います。

ちなみに、10月の時点では、6000人以上とのことだったので、およそ半年で1000人増えたことになります。

加速度的にエンジニアの需要が伸びていることがわかりますし、侍エンジニア自体の需要が高いこともわかって安心です。

 

学べる言語は「なんでも」です。

フロントサイド(HTML/CSS/JavaScrypt)からサーバーサイド(Ruby/PHP/Python/Java)まで、主要な言語はあらかた揃っています。

あえて、「何々の言語が学べます」と公式ページには書いていないんですが、これは、「あなたの希望に沿ってなんでもやれますよ」っていう主張のようですね。

そこがマンツーマン、独自カリキュラムを採用した侍エンジニア塾の強みですね。

 

マンツーマンゆえに、受講料はちょっと高い!料金体系

料金は、こんな感じです。1ヶ月16.8万円、3ヶ月43.8万円、半年69.8万円です。

1ヶ月の料金は、他の大手プログラミングスクールである、コードキャンプやテックアカデミーとあまり変わりませんが、半年になると70万円程度とかなり高め。

マンツーマンってところが、料金の方には効いてきてるようですねー。ここはデメリットですね。

 

僕なりに特徴をまとめると

さて、僕なりに特徴をまとめると、以下のような感じです。

  • 完璧なマンツーマン指導
  • フルオーダーメイドのカリキュラム
  • アプリ開発支援など「作品つくり」に重きを置いている
  • テキスト+動画ベースのわかりやすい教材
  • 料金は1ヶ月17万円、6ヶ月70万円とやや高め

では次に、侍エンジニア塾の最大の売りであるマンツーマン指導について、もうちょっと深掘りしてみましょう。

 

【注目ポイント】ここが他と違う!侍エンジニア塾のマンツーマンが良い理由

侍エンジニア塾の最大の特徴であるマンツーマン指導。

それって、結局何がいいのか?っていうのがよくわからなかったので、担当者にメールで聞いてみたんですよ。

で、返って来た回答を紹介しておきますね。

 

作品作りには長期的なサポートが必要

弊社では入塾する前のヒアリングの段階から、目標である作品作りについて一緒に考えていきます

そして、決まった目標に応じたカリキュラムをオーダーメイドで組ませていただいております。

つまり、専属の講師が一つのゴールを見据え、長期的な学習計画をたて、実現までの道のりをサポートするわけです。

こうすることによって、学習のための学習にならず、学んだことが作品作りの中で活きてきます

そのためには、3ヶ月から6ヶ月の間、長期でサポートする必要がありますので、「専属」という形にしております。

まず大切なのは、「学習のための学習」ではなく、「作品を作る」ことを主眼にしている点。

僕はいくつかプログラミングスクールの無料体験をしていますが、侍エンジニア塾には、他のスクールに比べて、「作品をつくる」ことへの執着を感じます。

 

先回りしたサポートが可能

2つ目に、生徒さんの作品作りのための、【先回りしたサポート】が出来るためです。

前述したとおり、作品作りというゴールを描いてから学習計画を立てますので、作品作りに必要な知識を予め「先回りして」、カリキュラムに組み込んで行くことが出来ます

例えば、Google Mapを活用したアプリを開発する場合、予めGoogle Map APIの簡単なサンプル作成を実習として組み込んでおくことにより、オリジナル作品作りの段階で躓かないようにするのです。

専属の講師が、作品作りに必要な情報を予め収集しておいてくれるので、全くの初めての方でも3ヶ月や6ヶ月という短期間で、作品作りが可能になるのです。

先ほども少し書きましたが、マンツーマンだと、指導する側も楽なんですよね。

目標や進捗がすぐに把握できるので、先回りしてサポートというのが容易にできます。

そうすると、必然的に指導の質が上がるというのはわかると思います。

 

あらゆる疑問や躓きを徹底サポート可能

プログラミング学習には疑問点やエラーなど、上手く行かないことが大量にあります。

教材を解くだけの学習であれば、これらも最小に抑えられますし、答える方も労力は余りかかりません。

なぜならば、回答集を作っておけば、コスト削減できるからです。

ただ、これが作品作りをサポートするとなると激変します。

エラーの量は数倍に膨れ上がり、教える知識の幅も広がり、場合によっては専用の教材を開発しなくてはなりません。

この作品作りをサポートをするためには、専属のマンツーマン講師をつける以外にはないのです。

知る限りでは弊社のマンツーマンコースのように、企画から開発、運用まで一貫したサポートを行っているプログラミングスクールはありません。

それらの99%が、教材と演習を解くサポートにとどまっています。

こちらが、侍エンジニア塾と、他社サービスの明確な違いになってきます。

やはり、侍エンジニア塾では「作品つくり」に重きを置いていて、他スクールと比べて、目標がかなり高いと思います。

それをサポートするには、マンツーマンでないと難しい、というのは納得ですね。

 

無料体験がめちゃくちゃすごいので、ぜひ受けてほしい

マンツーマンがすごいのはわかっていただけたのではないかと思うのですが、とにかく受講料が高いのがネックになると思います。

せっかく高い受講料払って、なんかしっくりこないとか、失敗したとか、やっぱや〜めた!とかなったらマジで最悪です。

そこで侍エンジニア塾には、無料体験というのがあります。

が、がですよ。

ただの無料体験ではなくて、めちゃくちゃ素晴らしい内容です。

  • プログラミング学習のバイブルがもらえる
  • フリーランスが身に付けるべき能力を把握できる
  • プログラミング学習のアドバイスをもらえる
  • 学習カリキュラムを作ってもらえる

こんな感じです。普通に1万円分くらいの価値があります。こちらに、無料体験の体験談も書いていますので、合わせてどうぞ。

合わせて読みたい

 

なぜこんなに素晴らしい内容なのに無料かと言われたら、そりゃ客引きのためなんでしょうけど、なぜか、押し売りまがいの勧誘も特にかけてきませんでした。

押し売りしないと成立たないくらい、素晴らしい内容の体験ができるので、もはや押し売りくらいしていいよ、って思うんですけど・・・

まあ理由はよくわからないんですが、とにかく、無料体験を通して、侍エンジニア塾のファン獲得を狙っているようです。

特に、プログラミング学習のバイブルは、本当になんども読み返すべき名書です。ぜひ無料でもらってください。

 

プログラミングスクール比較記事

プログラミングスクールって数多すぎてどこにしたらいいのかよくわからん・・・そう思って苦労した僕が、プログラミングスクール選びに使える基準を考案、基準を満たすスクールを徹底比較しました。

おすすめ記事