TDEXという取引所が新規オープンしました。そろそろ新興取引所ブームの終焉が近づいていますが、おそらくここは最後にひと花咲かせてくれるでしょう。

  • TDEXは仮想通貨の「先物取引プラットフォーム」
  • 取引所トークンTDは取引マイニングを採用し、手数料100%を還元。
  • マイニング終了後、配当型にシフトし、初年度50%、次年度以降10%ずつ減少
  • ビットコイン先物を世界初上場した796Exchangeの元SVP(副社長)が創設
  • 中国の超有力投資家、朱荣氏がバックアップ

ポイントとしては、先物取り扱いのプラットフォームであるという点で、要は、Bitmexみたいなもんだと思ってください。出来高を狙ってきているので、配当の旨みがすごいと言えます。

そして運営は、仮想通貨専門ではありませんが、先物取引所である796Exchangeの元SVPが創設、かつ中国の超有力投資家がバックアップしているので、うまくマーケティングしてくると思います。

流行りのマイニング+配当型なので、話題性もあり。盛り上がると思います。

事前にマイニングでトークンを手に入れれば、上場後に即売り抜けたとしてもまず儲かるし、明らかに中長期的を見据えた設定になってるので、ガチホでも生き残るポテンシャルが十分あるでしょう。

もちろん新興取引所なので、リスクはありますが、限りなく投資に近い投機案件と言えるのではないでしょうか。

というわけで、期待の取引所TDEXについて書きました。

※現在登録するだけで、200TD(取引マイニング後に、手数料としてのみ使える)のエアドロップがあります。4400円相当です。

 

TDEXの特徴

TDEXは、8月にオープンしたばかりの先物取引プラットフォームです。

他取引所との差別化ポイントとして、レバレッジを中心とした先物取引を打ち出し、かつ、「プロトレーダーのための取引所」を目指している感があります。

 

結果として、大量の資金を動かすユーザーをターゲットにしているので、爆発的な出来高を生むことを目指している取引所です。中国版のBitMexといったところでしょうかね〜

 

運営チームが超強力

中国版BitMexを目指すといっても、運営の力が不足してたら絶対に無理なんですけど、運営陣にはその力がありそうなのが、TDEXのポイントなのです。

まずCEOの李明氏は、796Exchangeという先物取引プラットフォームの元SVP(副社長)です。796は、仮想通貨専門ではなく、様々な先物を取り扱う取引所ですが、ビットコイン先物を世界で初めて上場した取引所です。

正直なところ、796の凄さは調べてもよくわからないのですがw、2013年から続く老舗ですし、先物取引を専門に扱っているところなので、取引所、先物のプロフェッショナルとして、申し分のない実力の持ち主と考えて良いでしょう。

 

そしてもう一人の目玉が、出資者の一人である朱荣氏。796Exchangeの元CEOで、現在は盈链资本というファンドの代表を務めています。

また朱荣氏は、中国では相当な影響力を持つ人物でもあります。

参考:朱荣氏のWeiboアカウント

 

確かにWeiboのフォロワー7万人もいるし、影響力はめちゃくちゃありそうです。

 

TDEXの取引所トークンTDの特徴

このTDEXがリリースするTDの特徴はというと、

  • 総発行枚数10億枚
  • 総発行枚数のうち、60%は取引マイニングで発行
  • 取引マイニングでは、手数料100%を還元。
  • マイニング終了後、配当型にシフトし、初年度50%、次年度以降10%ずつ減少

という感じ。中長期を意識したものになってますね。

残りの40%は、プレセールやエンジェル投資、取引所、チームに割り当てられていますが、ロック期間があり、毎日1%ずつが解除されるようになってます。

なので、これらが全てロック解除されるのに100日かかりるので、あまり大きな売り圧にはなりません

 

ちなみに、TDの取引マイニングルールを見てみると、5分ごとにマイニング量を集計し、1時間後には手数料がTDとしてバックされるようです。

 

TDのICO価格

TDは、以下のサイトでICOを実施しています。

参考:Link Block

ICOの時の価格は、1TD=0.0002ETH(=10円)です。

上場時の初値が幾らかはわからないのでなんとも言えませんが、総発行枚数が10億枚なので、総額100億円と、まあまあ安いですね。

 

TDEXに登録すれば、200TD(手数料として使える)がもらえる

登録ユーザーへの大規模エアドロップを実施しています。

このエアドロップ分は、取引マイニングが完了した後で、手数料として使えるようになります。ただし、100日間のロックアップがあり、毎日1%ずつ解放される仕組みです。

1万人までは500TDだったのですが、現在はすでに1万人を超えていて、200TDしかもらえません。

が、1TD=0.2ドルなので、4400円相当です。

上場後さらに価格が上がれば、1万円くらいになるかもしれません。これだけ分、手数料無料で取引ができるということになります。

 

補足:取引マイニングとは

取引マイニングとは、ユーザーが支払った手数料に応じて、トークンが発行される仕組みのことです。

取引するときに支払っている0.1%とかの手数料が、取引所トークンとしてキャッシュバックされる、と思ってください。

 

 

TDEXの登録方法

というわけでTDEXの登録方法を解説していきます。

 

TDEXに登録する

まずは、以下のリンクからアクセスしてください。僕の招待リンクです。

こんな画面が出てきます。以下画像のように、必要事項を入力しましょう。

メールが届くので、[verification Email]をクリックして再度アクセスします。

これで登録は完了。

 

TDEXでセキュリティ設定をする

次にセキュリティ設定をします。ここでは二段階認証を設定します。

以下のように赤枠のところを選択します。

画像を参考に、Google二段階認証アプリでQRコードを読み取り、ログインパスワード、二段階認証コードを入力して確定します。

これで二段階認証は完了。

 

TDEXのKYC(本人確認)

まだKYC(本人確認)機能が実装されてません

 

TDEXへの入金

TDEXへの入金方法を説明します。まずは上メニューの「Funds」をクリック。

 

送金したい銘柄を選択して、「Request a wallet address」をクリックします(8/9現在、BTCとUSDTのみしか送れません)。

 

3日間アドレスに送金されないと、無効になるという警告が出ます。3日間過ぎた場合は、再度アドレスを取得して下さい。

 

アドレスが表示されるので、こちらに送金します。

 

TDEXは取引所トークンブームのラスボスかもしれません

開始からわずか数時間で1万人の登録者を集めるあたり、朱荣氏の破壊力は凄まじいものがあるようです。

かなり期待できると思いますので、ぜひウォッチしていきましょう。

 

仮想通貨LINE@好評配信中!!!

ブログでは書けないあんなことやこんなこと、LINE@で配信しています!

初心者の質問も、雑談でも、仮想通貨に関することならなんでも聞いてください〜

仮想通貨の最新情報ツイート中!

仮想通貨の最新情報はツイッターで配信中!

上場イベント時は実況とかもしてるので、ぜひフォローしてください👍