BGOGOという新興取引所がありますが、BGGという独自トークンが9月中旬に新規発行、この有望ICOがバッタバッタと倒される厳しい地合いの中で、大成功を納めています。

BGOGOについては、詳しくはこちらを見てみてください。

合わせて読みたい

 

BGG発行直後、一瞬10倍にタッチ。その後、じわじわと下がってはいますが、ジェネシスマイニング(後述)時からは2倍以上になっています。

でもじわじわ下がってるのは間違いないわけで、まだ上場以降、ろくにファンダが出てきてません。と思っていたら、やっとファンダを出してきました。

「ULTRAINのジェネシスマイニングイベントを開催」というものでした。

ようは、ULTRAIN(トークン名称:UGAS)という銘柄のIEO(Initial Exchange Offering)ですね。ULTRAINを取引マイニングで発行し、上場する、というものです。

BGGトークンは、ジェネシスマイニングでプレセールよりも安値でBGGトークンを入手できた、というのが値上がりの最大の要因だと思っています。

今回も、ジェネシスマイニングでUGASはプライベートセールの半額くらいで入手できます。なので、高値で売り抜けられるのではないか、と思っています。まあ一人当たりジェネシスマイニングできる量が制限されてるので、少額ですけどね😅

というわけで、この記事ではULTRAINの紹介と、ジェネシスマイニングのルールや参加方法を紹介します。

 

ULTRAIN(UGAS)の概要

ULTRAINの概要を説明します。

以下では、これら公式の情報と、9/27に行われたAMA(Ask Me Anything)での回答などを踏まえて、説明したいと思います。AMAの内容は、おそらく近いうちに公開されると思います。

ただ、ここに書いていることは、あくまでも僕の理解ですので、詳しく知りたい方は、なるべく鵜呑みせずに、自身で調べてみることをお勧めします。

 

ULTRAINとは?

Ultrainは、プログラム可能な技術インフラを介して、高性能分散型ブロックチェーンプラットフォームを構築することに重点を置く次世代のパブリックブロックチェーン技術ベンチャーです。

Ultrainは、すべての産業アプリケーションを可能にする責任ある持続可能な商業生態系を構築することを約束します。

画期的な暗号技術の革新と完全な分散型パブリックネットワークに基づくUltrainは、マルチフォールドの高度な技術的パフォーマンスを提供して、他の従来のパブリックブロックチェーンプラットフォームと比較してパフォーマンスとスケーラビリティの問題を根本的に解決します。

UltrainのトークンはUGASと呼ばれます。

ざっくりいうと、セキュリティを維持しながら、大量かつ高速に処理ができる正統派ブロックチェーンプラットフォームという感じです。

こちらはULTRAINの紹介PDFから一部抜粋したものですが、狙っているのはポストEOSといったところですかね。Blockchain3.0を謳い文句にしています。

 

ULTRAINのコンセンサスアルゴリズムR-POSとは

ULTRAINの最大の特徴として、R-POSという新しいコンセンサスアルゴリズムを採用していることが挙げられます。こちらの図は、R-POSを説明したものです。

従来のPOS(Proof of Stake)は、その通貨の保有量に応じて承認をする割合が決定していましたが、R-POSはVerifiable Random Function(VRF)という新しい機能を使って、承認者がランダムに決定される仕組みです。

このランダム性によって、セキュリティを担保できるし、そのおかげでたくさんのノードが参加できる。結果として、高速なトランザクション処理と、高いセキュリティを実現できる、ということらしいです。

じゃあULTRAINネットワークのパフォーマンスはどうなのかというと、こんな感じですね。トランザクション処理能力(TPS)は、3000/sec、承認にかかる時間は10秒です。イーサリアムとかと比べるとめちゃくちゃ早いですね。

ちなみにEOSはMax3500というデータもありますので、処理能力は現状、EOS並です。

もちろん、今後開発を進めてさらに処理能力を高めてくる可能性もありますし、当然EOSを圧倒する処理能力を目指すんでしょう。

あと、EOSは度々ハッキングにあったという報道がされてますよね😅

EOSの脆弱性を解決し、かつEOS並みの処理能力を達成したもの、と思っておけば良さそうです。

 

ULTRAINはユーザーフレンドリーな開発者フレームワークを実装

これもよく言われるところですが、イーサリアム開発には、Solidityというイーサリアムネットワーク専用のプログラミング言語が必要です。

ULTRAINでは、JavaScriptベースのRobin Frameworkという開発環境が整備されていて、メジャーな言語でのコーディングができる分、開発者にはメリットがあります。

まあJavaScriptで記述できる、というのはすでにいくつかプロジェクトありますし、特に目立った特徴ではないですね。

 

ULTRAINは匿名性も持つ

さらにプライバシー保護の観点から匿名性も兼ね備える予定のようです。

 

ULTRAINは生体認証への対応も予定

もう一つ気になるところは、生体認証というキーワードですね。ブロックチェーンによる生体認証はホットですし、生体認証とスマートコントラクトを絡めたプロジェクトはなかなか期待できそうです。

 

ULTRAINの適用先

ULTRAINは、ゲーム、サイバーセキュリティ、ヘルスケアなどのプラットフォームとして適用されていく予定です。

 

ULTRAINは全世界に16支社を展開済み

それから、すでに全世界に16の支社を配置し、グローバルに展開を図っています。東京にもオフィスがあります。

 

ULTRAINの特徴をまとめると

まとめると、こんな感じかなあと思います。

  • Blockchain3.0を目指すプラットフォーム通貨
  • セキュリティを担保しながらトランザクション処理能力を高めるR-POSを採用
  • JavaScriptを利用できるので開発者に優しい
  • プライバシー保護機能の実装など顧客の要求に柔軟に対応可能
  • 生体認証機能も実装される

かなり高機能で、次世代ブロックチェーンの主役の座を狙う感じの正統派プロジェクトですね。

まあできるかどうかは別にしてですが😅

 

ULTRAINの運営チーム

で、そんな描いた絵を実現できるような開発体力があるのか、という話ですよね。

見たところ、アドバイザーに有名なブロックチェーン関係者とかがいるわけではなさそうですが、創業メンバーはかなり優秀なメンツが揃っていて、なかなか良いと思います。

 

ULTRAINのCEO:Rui Guo

Alibaba Security Groupの元テクニカルディレクター。世界トップ3のリスク管理データ製品システムの1つを確立させるなどの実績を残した。

IBMグローバル・コンサルティング・サービス部門のテクニカル・ディレクター、イノベーション・デベロップメント・センター長を務めた。

– プログラマブルな社会の実現を促進するブロックチェーン3.0エコシステムを構築するために、グローバルな共同体の力を結集することにコミット。

 

ULTRAINのCTO:Ning Li

– インターネット業界で11年以上の経験を持ち、高性能コンピューティング、オペレーティングシステムのコアコンポーネント、オペレーティングシステムのリソーススケジューリングなど、多くの研究、開発、管理の経験。

Alipay Blockchainチームの元テクニカルディレクターとして、Alipayの独立したブロックチェーンプラットフォームの設計、研究、開発を担当。ブロックチェーン関連技術に関する30以上の特許を取得。

Alibaba Cloud OSの元コアアーキテクトとして、クラウドアプリケーションランタイム管理サービス、クラウドアプリケーションリソーススケジューリング、CloudEngineクラウド、データ管理サービスなどのアーキテクチャ設計と管理を担当。モトローラの元シニアシステムエンジニア。

 

その他メンバーについて

DHVCの推薦による優秀なCrypto ScientistAliPayブロックチェーンチームの専門家などがメンバーに入っており、開発体力としては申し分なさそうです。

 

ULTRAINのパートナー、出資ファンド

BGOGOと提携しているプロジェクトということもあってか、パートナーには有名なファンドがずらっと並んでいます。

BGOGOのスーパーノード(BGGトークン大量保有者)ともかなり被っていますね。ちなみにBGOGOのスーパーノードはこちら。

 

ULTRAINのトークンUGASについて

UGASは、ULTRAINのブロックチェーンを使用するのに使われる使用料です。イーサリアムのETHと同じですね。

総発行枚数10億枚で、プレセール価格0.2USDです。

 

配分は以下の通りになっています。

トークンはプレセールで販売がされていますが、9/28のCSOによるAMAでは、プレセールでは0.2ドルより安く売ったりしてないし、75%はロックアップしている、ということです。

 

UGASのジェネシスマイニングについて

ここまで書いてきて、プロジェクトとして、なかなか良さそうだなーと思ってもらえたのではないかと思います。

で、ULTRAINのトークン、UGASのジェネシスマイニングイベントがBGOGOで開催されるんです。

これがまたすごいいいんですよ!!

 

UGASジェネシスマイニングのルール

ジェネシスマイニングのルールを見てみましょう。詳しくはこちら

  • UGASジェネシスマイニングは、UGAS / ETHとUGAS / BTCの取引ペアの公開の24時間前から開始。
  • コンテストの最初の日からUGASジェネシスマイニングイベントの終了までの期間内に少なくとも7日間連続して少なくとも1 ETH相当のBGG 30000 BGG 保持している必要がある
  • ホワイトリスト登録ユーザーのみがジェネシスマイニングイベントに参加できる
  • ユーザーは、この期間中、支払った取引手数料の105%をUGASトークンとして受け取る。
  • 取引後30分以内にユーザーの口座に払い戻される。
  • ジェネシスマイニングイベントの価格は、1ETH=2000UGAS(プレセール価格$0.2の約半値)で固定
  • 合計で6,300,000UGASがマイニングされる

こんな感じです。

大切なことは、

  • プレセールよりも半値近い低価格でマイニングできて、
  • ファンドなどの大口投資家は、プレセール価格で購入している上に75%がロックアップされてるので、売り圧が少ない。
  • なので、上場直後にかなりの値上がりを期待できる

ということなのです。

ただし、ジェネシスマイニングに参加して、取引を繰り返し、手数料をUGASに変換しなければなりません。そして、ジェネシスマイニングに参加するには、「ホワイトリスト登録」をしないといけません。

この記事を読んだ方には、ぜひホワイトリスト登録をして欲しいんです。

 

【注意点】時価総額がやや高め

もちろん、プレセールよりも安い価格で仕入れることができるので、値上がりを期待できると思うんですが、総発行枚数ベースで考えると、時価総額125億円程度と、結構高いです。

なので、めちゃくちゃ値上がりすることはないんじゃないかと思います。変に期待しすぎると痛い目に会うかもしれません。気をつけてください。

一応、優良案件を複数排出しているICO Dropsの案件でもあるし、良いプロジェクトだとは思いますが、そんな案件でもICO割れしている事実もあり、地合いも当然悪いので、ひょっとするとジェネマイ価格を割る可能性もゼロではありません。

僕は大丈夫だろうと思って参加するんですが、リスクが全くないわけではないということを、くれぐれも意識しておいてください。僕の戦略は、プレセールベースの時価総額220億円を目安に、上場直前のピークを狙おうと思っています。

 

ジェネシスマイニングに参加するためのホワイトリスト登録方法

では、ジェネシスマイニングに参加するための応募方法を確認します。

 

UGAS 「Proof of Love」イベント

このUGASジェネシスマイニングイベントの名前は「Proof of Love」というらしいです。

参加するには、オリジナルの記事、ポスター、YouTubeの動画のうち1つ以上を提出する必要があります。

提出には、以下のテーマの少なくとも1つが含まれていなければなりません。

  • 何がULTRAINを特別なものにしていますか?
  • ULTRAINと他のパブリック・チェーン・プロジェクトの違いは何ですか?
  • ULTRAINの技術の利点は何ですか?
  • ULTRAINの公開チェーンは、今後どのように適用されますか?
  • ULTRAINの有名な出資機関は?

提出した作品のパフォーマンスによって、以下のようにマイニングのキャップが設定されるコンテストです。

  • ティア1:40人の参加者、10 ETHのマイニング上限
  • ティア2:200人の参加者、3ETHのマイニング上限
  • ティア3:2000人の参加者、1ETHのマイニング上限

全部で2240人に権利が与えられるようになっています。

 

応募方法

応募方法は以下のようになっています。

  • 作品を、Twitter、WeChat Moments、Tik Tok、YouTube、Reddit、Steemit、Medium、Facebookなどに投稿する。
  • 投稿には、必ずULTRAINの公式ページへのリンク(Ultrain.io)をつける。
  • 投稿を、BGOGOのオフィシャルテレグラムグループでシェアする
  • 投稿を、events@bgogo.comに「Ultrain POL Contest_<YOUR UID>」というタイトルでメール送付する

UIDは、BGOGOに登録するともらえる番号です。まだ登録してない方は、こちらから登録してください。

合わせて読みたい

 

 

応募締め切りと結果発表の予定

応募は、9/26〜10/6で、結果発表は10/8となっています。

ちなみに10/8は、ULTRAINのイベントと同日ですね。

 

作品を作るのがめんどくさい人は

一応、作品とかじゃなくても、キャンペーンに対する言及をSNSで投稿するだけでもいいらしいです笑。もちろん、2240人に入れるか保証ができませんが、なんでもいいので褒めまくってください😀

 

ULTRAINのジェネシスマイニングは期待度高いと思ってます

というわけでULTRAINのジェネシスマイニングイベントの紹介でした。

とにかく、かなりまともそうなプロジェクトで、プレセールより安くトークンを手に入れられるイベントなので、これはかなり期待できそうじゃないですか?僕はそう思ってます。

しかも、10/6が応募締め切りなんですが、10/8にULTRAINはイベントを予定しています。

これがイベントのポスターですが、上場前からメインネットへの移行を進めていくようですね。しかも「More Surprises」。

BGOGOでの上場は、このイベントの直後になると思います。ここで好材料を出してくれれば、けっこうな買いが入るんじゃないかな☺️

あとついでに書きますが、30,000BGGのロックアップも必要なので、合計2240人分の67,200,000BGGがロックアップされ、BGGの価格も上がる・・・かもしれません。

今後もこういうBGGを持つことによるインセンティブを与えてくれると、BGGも上がっていくんでしょうけどね。期待して待ちたいと思います。

とはいえ、上でも書きましたが、地合いも悪いので、値下がりしてしまうリスクもゼロではないと思います。くれぐれも、大金を突っ込んだりはしないようにしましょう。

 

というわけで、BGOGOとULTRAIN、ぜひチェックしてみてください!!

 

仮想通貨LINE@好評配信中!!!

ブログでは書けないあんなことやこんなこと、LINE@で配信しています!

初心者の質問も、雑談でも、仮想通貨に関することならなんでも聞いてください〜

仮想通貨の最新情報ツイート中!

仮想通貨の最新情報はツイッターで配信中!

上場イベント時は実況とかもしてるので、ぜひフォローしてください👍