こんにちは、世界一意識の低い仮想通貨投資家の永山( @nagayama_yo )です。

2017年は仮想通貨元年と言われているらしいです。その名に恥じず、2月にイーサリアムを活用する団体が発足したり、3月にリップルを活用したシステム開発が発表されたりしています。悪いニュースとしては、ビットコインのハードフォーク問題も取り沙汰されています。

そして、そういった良い発表があると、一気に仮想通貨の価値が跳ね上がります。反対に、悪いニュースではもちろん下がりますが、その下がり幅は案外大したことなかったりします。

2017年は仮想通貨元年とは、仮想通貨成長の年、そして、ビットコイン以外のアルトコイン台頭の年ということなんでしょう。これらについて、紹介します。

 

~4/3の1ヶ月間の仮想通貨の値動き

最近の仮想通貨の値動きを見てみます。値動きはすなわち、仮想通貨の「価値」そのものです。

 

ビットコイン(Bit Coin)

こちらはビットコインです。ハードフォーク問題(大幅な仕様変更)が取りざたされ、一時期は100,000円まで下がりましたが、その後じりじりと復活中。もはやちょっとやそっとでは価値が下落しないようです。

 

 

イーサリアム(Ethereum)

見てもらえばわかりますが、3月中旬は、ビットコインからイーサリアムに流れ込んだような傾向にあります。2月にビットコインを使用したコンピューティングシステム開発をすすめる同盟の結成が発表されるなど、明るいニュースがあったイーサリアム。ビットコインの次はイーサリアム、との認識により、このような価値上昇に至ったと思われます。

 

イーサリアム クラシック(Ethereum Classic)

こちらはイーサリアムがハードフォークによって分裂したものですが、イーサリアムと同じような伸び方をしています。

 

リップル(Ripple)

三菱東京UFJ銀行がリップルを使った送金サービスを開発すると発表。一気に価値が高まりました。

 

オーガー(Augur)

マイクロソフトAzureへの参加が発表され、価値が急上昇しました。

 

Lisk

イーサリアムの代替などとされ、似たような機能をもつ仮想通貨です。こちらもAugur同様、Microsoft Azureへの参加が発表されるなどにより、価値が上昇しています。

 

ZCASH

Zcash財団の設立が発表され、価値が高まりました。これもBitcoinの下落に反応するような形で、上がってますね。

 

アルトコインの価値が上昇している

以上のとおり、ビットコインに替わる、アルトコインの数々が、凄まじい成長を遂げています。これまでビットコイン一択だった仮想通貨ですが、ビットコイン以外がこうして台頭してきている。仮想通貨全体の規模が大きくなっていることから、仮想通貨元年という言葉はぴったりかもしれません

 

coincheckで仮想通貨始めてみよう

仮想通貨が買える取引所は数多くありますが、日本でここまでたくさんのアルトコインが買えるのは、coincheckだけです。

アルトコインおすすめの投資方法、アルトコインが買えるcoincheckの登録方法は以下にまとめていますので、参考になれば幸いです。

 

 

合わせて読みたい

 

 

おすすめの取引所!

ワールドプレミア(世界初上場)銘柄の宝庫で、上場銘柄のうち70%がバイナンス未上場。取引量も多いのに日本ではマイナーな取引所です。今、お宝銘柄を仕込んでおけば、バイナンス上場でチャンス到来が狙えます!

おすすめ記事