長崎のお出かけスポット

夜景だけじゃない!稲佐山公園の遊具ひろばは子連れで楽しめる

長崎市の稲佐山といえば、新世界三大夜景の一つに数えられるほど、夜景が有名です。

ですが夜景を楽しむ以外にも、「遊具ひろば」という、子連れにぴったりの大型遊具が置いてある公園があり、なかなかおすすめです。

この記事では、稲佐山公園の遊具ひろばの魅力や、設備などについてまとめます。

稲佐山公園の基本情報

稲佐山公園の基本情報を書いておきます。

稲佐山公園の場所

稲佐山公園は、長崎市の中心部、稲佐山の中腹〜山頂にあります。

稲佐山公園の住所:長崎県長崎市大浜町1200

公園の利用時間

公園というか、駐車場の利用時間は、9:00〜22:30となっています。

アクセス

公共交通機関なら、長崎バスを利用することになります。長崎駅前より長崎バス5番系統(稲佐山行)乗車、終点「稲佐山バス停」下車。

もしくはロープウェイを使う方法。「長崎駅前バス停」より長崎バス3・4番系統(下大橋、上小江原、相川行)乗車、淵神社下「ロープウェイ前バス停」下車。

車で行くのがおすすめ

稲佐山公園までは、できれば車で行った方が良いです。駐車場台数も500台と多く、休日でもイベントがない限りは混雑しません。

(ただし2020年2月まで、スロープカー建設工事のため駐車場台数は少し減少しています)

稲佐山公園の基本設備

稲佐山公園には、トイレのほか、ソフトクリームが買える売店や自動販売機もあり、過ごしやすいです。

売店、自動販売機がある

稲佐山公園の売店は、不定期の運営だそうですが、だいたい夕方18時くらいまで空いていることが多いようです。

写真を取った時は、朝9時と早かったからか、まだ空いていませんでした😅

ソフトクリームも買えるので、子どもたちは、

「稲佐山公園=アイスが食べられる」

と思っています。

稲佐山公園のトイレはあまり綺麗ではない

稲佐山公園にはトイレがあり、子連れに嬉しい広めの共用トイレもあります。

ですがあまり綺麗ではないのがネック。

トイレが綺麗だったら満点なんですけどねえ笑

稲佐山公園の遊具

さて稲佐山公園の遊具を紹介します。

遊具はかなり充実していて、子連れで行くとかなり楽しめます。

大型遊具その1

いろんなタイプの滑り台があり、アスレチック的に遊ぶこともできる大型遊具です。

小さな子供から、小学校高学年くらいまで遊べます。

大型遊具その2

続いて大型遊具その2。こちらはその1よりも小さい子ども向けの遊具となります。もうすぐ3歳の次女はまだ遊びますが、5歳の長女はあまり興味なしです。

ターザンロープ

ターザンロープ。うちの子は怖がってやらないのですが、保育園の同級生とかは結構喜んで楽しんでいました。

【おすすめ】大型の滑り台

稲佐山公園には、山の斜面を利用した滑り台が設置されています。

傾斜がかなりあって、滑りがよく、子どもたちはかなり楽しめます。

稲佐山公園で一番おすすめの遊具です。

斜面を利用したアスレチック遊具

こちらは小学生低学年くらい向けだと思いますが、ちょっとハードめのアスレチック遊具もあります。

噴水やベンチもあり

稲佐山公園には噴水やベンチもあり、休憩にもおすすめ。何度かピクニックもしましたが、あまり人も多くないしのんびりできます。

野外ステージ前にかなり広い広場がある

稲佐山には野外ステージがあるのですが、野外ステージ前にはかなり広めの広場が。

走り回ったり、ボール遊びをしたり、簡易テントなどを広げてゆっくりしたりできます。

頂上まで歩く途中で鹿園、猿園もあり

実は行ったことないのですが、稲佐山公園がある、稲佐山中腹から頂上に向けて歩く途中、鹿園や猿園があります。

100円で餌も買えるので、軽く動物とふれあったりするには良いですね。

夕方以降に夜景を見に行くのもおすすめ

休日の夕方以降になると、稲佐山公園から頂上までのシャトルバスが出ているので、子どもを連れて夜景を見に行くのもあり。

頂上には展望台、レストランや自動販売機、トイレなどもあります。

稲佐山公園は遊具のレベルが高く、かなり楽しめる

というわけで稲佐山公園は、子連れで楽しめる遊び場です。唯一、トイレがあまり綺麗じゃないのがネックなのですが。。。

特に滑り台は本当にオススメで、うちの子どもたちは稲佐山公園に行くと、何回も滑って楽しんでいます。

また、頂上までのスロープカーが完成したら、楽しみが増えそうですね。

ぜひ気軽にお出かけしてみてください☺️

当ブログでよく読まれる人気の記事

当ブログでよく読まれている人気の記事です。合わせてどうぞ!

こちらの記事もおすすめ!