この記事は、Wordpressを エックスサーバー 環境でSSL化した全手順です。基本的には、以下ブログを参考にすればできます。ところどころ初心者には難しいところがありますので、補足の意味も込めて記録しています。

てめーの解説なんか聞いてられるか!という方は、寝ログさんのところで確認してください!懇切丁寧で超わかりやすいです。また、マニュアル記事を書きたい場合も、めちゃくちゃ参考になります。

「超」参考:寝ログ | WordPressをhttpからhttpsにSSL化した全手順まとめ(エックスサーバー環境)

 

SSL化したブログ(このブログ)の環境

  • ブログサービス:Wordpress
  • 使っているサーバー:エックスサーバー
  • ブラウザ:fire fox
  • SSL化したときの運営期間:3ヶ月強
  • SSL化したときの記事数:47
  • 使っているツール:Googleアナリティクス、サーチコンソール、SERPOSCOPE
  • 使っているASP:A8.net
  • 登録しているASP:多数

 

SSL化の手順まとめ

  1. バックアップを取る (5分)
  2. エックスサーバーでSSL化 (5分)
  3. ブログがhttpsに切り替わるまで待つ (50分)
  4. WordPressでURLを変更する (1分)
  5. 内部リンクを置換する (5分)
  6. リダイレクト設定をする (5分)
  7. 全ページチェック (30分)
  8. ツールの設定を変更 (15分)
  9. ASPの登録URLを変更 (5分)

大変だったのは、全ページチェックだけです。あとは、0歳の子どもが寝てくれなくて、エーンエーンしてたので、30分ほど作業を中断したくらいしか、大変なことがありませんでした。

 

バックアップを取る (5分)

超簡単1クリックバックアップです。寝ログさんも書かれている、WordpressプラグインのBackWPupを利用。

 

プラグインをインストールし、有効化したら、管理メニュー直下のBackWPup⇒ダッシュボードをクリック。

 

以下画像の「データベースのバックアップをダウンロード」から、1クリックでバックアップできます。

 

僕の場合はブログの容量も多くありませんので、3分ほどでバックアップファイル作成が完了。ブログ運営期間が長ければ長いほど、時間がかかるところです。

 

エックスサーバーでSSL化 (5分)

こちらも超簡単。数クリックでSSL化できてしまいます。 エックスサーバー すごい!

エックスサーバーのサーバーパネルにログインしたら、以下画面の「SSL設定」をクリック。

 

ドメインを選択。

 

独自SSL設定の追加を選択。

 

独自SSL設定を追加する(確定)をクリック。

 

数分待ったら、以下のようにSSL用アドレスができたのがわかります。

 

簡単すぎじゃない?大丈夫?

 

ブログがhttpsに切り替わるまで待つ(50分)

ここも超簡単。待つだけ。

今のまま、httpsになった自分のブログにアクセスしても正常に表示されません。ここは、ひたすら待ちます。

およそ50分後、正常に表示されるようになりました。が、左上のURL表示窓は・・・

 

まだ、完全ではないんですね~

 

WordPressでURLを変更する (1分)

ここでは、「s」を打ちます。超簡単。

Worpressの設定⇒一般と進みます。

 

wordpressアドレスとサイトアドレスの2か所、http⇒httpsに変更します。

 

保存を忘れないようにしましょう!

 

内部リンクを置換する (5分)

ここも簡単ですが、入念なチェックをしてください。チェックを減らすための基本は、コピペです。自分で打ち込まない。

寝ログさんが書かれているSearch RegexというWordpressプラグインを使用します。

 

プラグインをインストールし、有効化したら、管理メニュー直下⇒ツール⇒Search Regexをクリック。

 

管理画面で、以下赤字で囲んだところのみ入力。上がhttpバージョンの自分のブログURL。下がhttpsバージョンの自分のブログURL。手入力すると間違えるので、自分のブログのホーム画面が開いている状態で、URLをコピーして貼り付けてください。不安なら、Search Regexに入力したURLでアクセスができるか、もう一回確認しましょう。

 

「Replace >」を押して、置換結果を確認します。たったの350件。ざーっと問題ないか確認します。上のURLを間違えてなければ大丈夫です。

 

「Replace & Save >」を押すと、一瞬で置換が完了します。

 

リダイレクト設定をする (5分)

httpにアクセスしてきたユーザーを、httpsに飛ばす設定をします。ここは、寝ログさんとはやり方が違います。何せ、「ftpって何ですか?」レベルですから、書いてあることが難しいです。

.htaccessというファイルは、エックスサーバーのサーバーパネル上で簡単に編集できます。

 

ありましたね。これでftpとかいう新しいスキルに挑戦する必要がなくなりました。良かった!

ドメインを選択したら、以下のような画面が出てきます。警告が出ていますので、よく読んだら、「.htaccess編集」タブをクリックします。

 

.htaccessの冒頭に、以下コードを貼り付けます。

 

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L] </IfModule>

 

貼り付けたら、下部の「.htaccessを編集する(確認)」をクリック。

 

もう一回聞いてきますので、「.htaccessを編集する(確定)」をクリック。

 

これで、httpであなたのURLを打ち込んでも、自動的にhttpsに飛ぶようになりました。

 

全ページチェック(30分)

ここが一番大変でした。自分のブログを一ページずつ開いて、「安全な接続」になっているか確認していきます。安全な接続になっていなかったら、修正していきます。

まず、開いたページの左上、鍵マークが警告になっている箇所をクリックし、以下赤丸のところをクリック。

 

つづいて、以下の「詳細を表示」をクリック。

 

「メディア」タブをクリックすると、そのページにリンクされている画像が出てきます。この中に、「http」が入っていると、アウトです。一つ一つ、リンク先を変更していきます。

 

ファビコン

僕の場合、ファビコンは、ブログテーマ上で設定しているので、Search Regexの全置換から漏れていたようです。リンク先を、新しくなったhttpsの下のものに変更(つまりURLをhttp⇒httpsに変更)すればOK。

 

ウィジェット

ウィジェットも、Search Regexの全置換から漏れます。これも画像やリンク先のURLをhttp⇒httpsに変更。

 

プラグイン:Ad Units

これもSearch Regexの置換漏れ。Ad Unitsというプラグインを使っている方は、中身を確認しておきましょう。この中に、「自分のブログのURL」があった場合、編集が必要です。不用意に広告等のURLを編集すると罰則を受けますよ~

 

プラグイン:pz-linkcard

編集のやり方がわからず、これについては、解決できず。泣く泣くプラグインを使うのをやめました。

 

広告リンク

恥ずかしながらAmazonアソシエイトに受からないもので、 A8.net 経由でアマゾンの商品を紹介しています。12月より前に作成した記事中の、広告用の画像が、ひっかかっていました。

A8.net で再度広告コードを取り直したら、エラーは出なくなりました。

 

ツールの設定を変更 (15分)

Googleアナリティクスとサーチコンソールの設定変更を実施しました。検索順位計測ツールのSerposcopeは、変更不要。

 

Googleアナリティクス

新しい管理画面になったので、メモしておきます。

 

以下設定用の歯車マークをクリック。さらに、プロパティ設定をクリックします。

 

そうしたら、デフォルトのURLを、httpからhttpsに変更します。

 

「保存」を押したら、おわりです。

 

サーチコンソール

これは、新しく登録しなおす必要があります。追加する項目がなにもありませんので、以下の寝ログさんの記事を参考にしてください。ホント、至れり尽くせりですね…

参考:寝ログ | サイトのHTTPS化で必要となるGoogleサーチコンソールの再登録方法

 

ASPの登録URLを変更 (5分)

ASPによっては、再審査される場合もありますので、ASPに登録しているURLを、http⇒httpsに変更します。僕の場合は、いっぱい登録だけはしてるけど、 A8.net しか使ってないのですが…念のためです。

これにて全作業が完了!合計約2時間!

 

まとめ

今回はエックスサーバー環境でWordpressブログをSSL化する全手順を紹介しました。基本的には寝ログさんの記事を読んでおけば間違いありません。僕はもう、マニュアル記事は書きたくありません!寝ログさんすごいです。

たった数クリックでSSL化できてしまうエックスサーバーはこちらから申し込めます: http://www.xserver.ne.jp/